« 不条理劇 | トップページ | 公開稽古 »

2011-02-16

アライブ・フロム・パレスチナ

 昨日、世界中で話題になったというパレスチナの劇団のお芝居を京都芸術センターで観て来ました。

 なんとアラビア語上演で日本語字幕付き。こんなの初めてです。
 ともかく、めっちゃ忙しかったです。字幕は読まなあかんし、お芝居はみなあかんし。しかも、字幕のセリフ、難しくて、ちゃんと読まなあかんから時間かかる。

 舞台には新聞紙の山。死は日常。でもそこで人々は生活している。なんの政治的メッセージもなく、スローガンもプロパガンダも一切無い中で、淡々と人々の日常が描かれます。

 パンフレットには、「強烈なユーモアとアイロニーで描く、パレスチナの(非)日常」って書いてあったので、笑える感じなのかと思いましたが、ボケボケに平和ボケしている私は笑っていいもんだか、やっぱ、笑ったらあかんのんちゃう~、というか、笑えへんで~というあたりをうろうろ。

 「普通のスーツケースになりたい」というカバンの話があって、普通におかしいのだけど、どうしても笑えない…のですよ。

 お話は、パレスチナの日常です。パレスチナってニュースで見たことあっても、じゃぁ実際何人の人がどんな暮らしをしていてって意外に知らないです。まして歴史はよく分からない。パレスチナの日常って、こちらからみると完全な非日常。想像を絶する世界です。それが、分かっただけでもいいのかな…。

 死はこの束縛から解き放ってくれる、という言葉。分かるだけに重いものがありました。

|

« 不条理劇 | トップページ | 公開稽古 »

コメント

こんばんは。旧antoinedoinelです。
先日はどうもありがとうございました。
このパレスチナの演劇,教えていただいて行く気満々だったのですが,仕事が遅くなって結局行けませんでした。
昨今のアラブ世界の大混乱で,唯一イスラエルの味方だったエジプトからムバラク大統領が消え,今後パレスチナ問題も動きがあるかもしれませんね。
(アラビア語学習ブログを始めました。またお立ち寄り下さいね)

投稿: みーむ | 2011-02-24 00:13

おお、antionedoinelさん!改め、みーむさん!

 アラビア語の勉強、進んでらっしゃるのですね!あの文字が読めるだけでも、尊敬です。

 ブログ覗きました!って、アラビア語表示できるというのに感動!
 これって、やっぱり左から読むように書かれておられるんですよね?

 前、私、ブログにヒンディ語を書こうとしたけど、できなくて(--;、結局画像貼り付けた覚えがあるので、びっくりしました。なんか一緒に勉強できそう~。リンク張らせてもらってもいいですか?

 前に言いましたっけ、アラビアンナイトを読んだ(途中までだけど)時に、出て来るアラビア料理がめっちゃ美味しそうで、いつか食べたいと思っているって。日本ではまだまだアラビア語もイスラム圏も遠い世界ですが、これからは身近になっていくのかもしれないですね。なんだか、今、一番ホットな言語だと思います。
 
 演劇、面白かったです~。私に分かるのは、挨拶の一部のアライクムぐらいでしたが、みーなさんならもっと分かったかも~。なんせパレスチナ人の宗教がイスラム教だということさえ知らなかった(^^;ぐらい、音痴なもんで(^^;

 こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: めぐむ | 2011-02-24 08:57

たしかにアラビア語,ある意味今一番ホットな言語ですよね。ただ,こんなふうに状況が混乱していると,のこのこ旅行には行きにくい雰囲気ですが。
「ヒンディー語のかたち」や「アラビア語のかたち」という本が白水社からシリーズで出ていますが,文字ってほんとうに面白い。カナンダ文字やタミル文字などの丸文字系も可愛いし,現地の人が見知らぬ文字をすらすら書いていると,うっとり見つめてしまいます。
リンクはどうぞよろしくお願いいたしますね。

投稿: みーむ | 2011-02-26 14:29

みーむさん、
 「ヒンディ語のかたち」は持ってます!楽しい本ですよね~。アラビア語のかたちというのもあるんですね!

 ほんと、あっという間に、政情不安定になってしまいました~。トルコあたりは大丈夫なのでしょうか~(って、トルコってアラビア語ですか?(^^;)。トルコ、ボスポラス海峡を渡ってみたいです~。

投稿: めぐむ | 2011-02-26 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/50888113

この記事へのトラックバック一覧です: アライブ・フロム・パレスチナ:

« 不条理劇 | トップページ | 公開稽古 »