« 利き酒会 | トップページ | アパッチ砦の攻防-演劇ミニ講座 »

2011-05-17

マラソンとチャリティ

London_marathon京都マラソンが、なんと東日本大震災の1周年に当たる2012年3月11日に開催されるらしい。

なんと、大胆な。。まだコース本決定していないみたいなのに。。。

どうせその日にやるのなら、中途半端にではなく、復興チャリティで大々的にやったらいいのに~と思った。というのは、ロンドンマラソンのことを調べていたから…。

キッカケは、友人のアレックスがFacebookに出した一枚の写真(写真はアレックス提供)。ロンドンマラソンに出る友人のサポートをしたらしい。写真を見たら、うぉぉ~ロンドン塔が映っている、ロンドンブリッジ駆け抜けるんや~、バッキンガム宮殿の前の広場走るんや~と大興奮。いつか絶対にロンドンマラソンに出たい!と思ったのでありました。

で、調べて見たけど、まず標準タイムがめっちゃ厳しい(^^; 私の年だと3時間50分以下、無理(--; 70歳のタイムなら走れる?(6時間半)みたい。。。しかも、この一般枠の抽選はめったに当たらないらしい。。

が、よくよく調べて見ると、この一般枠で走る人たちはごく一部。4万人のうち3万人は「チャリティ枠」で走るのです。そして、この「チャリティ枠」こそが、ロンドンマラソンを市民マラソンに押し上げた要因なのでした。

チャリティ枠というのは、自分がサポートしたい団体を選び、そこに申請を出して、通ったら、出場権を得られる代わりに寄付をするというもの。寄付の金額は、相場で1800ポンド、なんと20万ぐらいです!ところが、このチャリティ枠でさえ、すぐに埋まる上に、多い場合は抽選で、なかなか当たらないらしい。

えーーーー、マラソン走るために20万も出すの?? って思うでしょうが、ここの発想が、外国と日本では逆。

逆なんですよ~。マラソンするために寄付するのではなく、寄付をするためにマラソンをする。20万の寄付をするために、自分がマラソンするんです。このお金、もちろん自分が出してもいいのだけど、普通は、いろいろな手段を用いて、みんなから多少なりとも寄付金を集め、それを持って走りに行くわけです。つまり、走る人はみんなの願いと思いを代表して走ることになります。

その結果の寄付金の総額は、なんと2009年で4500万ポンド(63億円)になったそうです!

京都は、ロンドンに負けないぐらいの歴史的な町。金閣寺もありゃー、清水もある。。日本のキョートで走りたいって思う外国人は沢山いるはず。。。

もし、ほんまに3.11に京都マラソンをするなら、ロンドンをならって本腰入れて、何らかの復興支援マラソンをやったらいいのにぃと思うのですが(一足飛びにチャリティーマラソンまでは無理かなぁと思うのですが)、はてさて、どうなるんでしょうね~。(それよか、あのコース案、どうにかして~(--;)

London_marathon1


|

« 利き酒会 | トップページ | アパッチ砦の攻防-演劇ミニ講座 »

コメント

本当に、あのコースはどうにかしてほしいですよねえ…crying ショボすぎて話になりませんわ。どうしても、観光に影響するというのなら、朝6時スタートにすれば、7時間制限でも13時にはゴールできるのにねえ^^; 
それなら、ランナーほぼ全員、宿泊するわけで、下手に前日受付しなくてもいいしなあ(ホノルルマラソンは5時スタートだもん)。
その日だけは、銭湯を10時にあけてもらって~とか。スポンサーのお店のランチ用のクーポン券をランナーに配れば、何万人が食べに行くし~~とか。
十分ビジネスになりそうなのになあ。

今のコースでは、最初から最後まで大混雑で、走る気になれないです。まあ、その前に抽選ではずれそうですけど。

投稿: pega | 2011-05-17 22:30

おおお!
写真が、良いなあ!!
走りたいなあ。
まさに、チャリティーのためのマラソンだったのですね!
もし、日本で同じようなチャリティーマラソンをしたら、どうなるのかなあ。
なかなか、同じようにはいかないでしょうね。
イギリス、いいわぁheart
もう一回、行きたいなあ。

投稿: おかん | 2011-05-17 22:42

pegaさん、

 何万人も鴨川河川敷走るんでせうかねぇ~。信じられませぬ。ほんま誰が考えたんやーとか思います。観光に影響するっていうなら、それこそ誰も来ない2月とかにすればいいのにぃぃ。

 京都は銭湯多いし、そこらへんうまいこと利用すると良いですよね~。はてさて、どうなるんやろう~。

投稿: めぐむ | 2011-05-18 00:33

おかんさん、
 私も今回調べてみて、初めて知ったのです。そうかぁそういう歴史があったんや~って。
 日本じゃ、根付くまで少し時間がかかりそうですね。東京マラソンのチャリティ枠も埋まらなかったみたいやし~。
 イギリス…、やっぱり永遠の憧れです。。なんでだろう~。。

投稿: めぐむ | 2011-05-18 00:35

groveendgardenです。
ブログお邪魔しました。めぐむさんもいつかロンドンマラソン是非走ってください
京都マラソンもチャリティの大会になるといいですね。本当におっしゃる通りだと思います。

投稿: | 2011-06-04 17:53

groveendgardenさま。
 ようこそお越し下さいました。いつもブログを楽しく拝見しております。
 ロンドンはほんといつか走ってみたい大会で、1つ大きな人生の目標(?)ができました。
 今後も時々おじゃまいたしますので、よろしくお願いいたします。
 

投稿: めぐむ | 2011-06-06 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/51694407

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンとチャリティ:

« 利き酒会 | トップページ | アパッチ砦の攻防-演劇ミニ講座 »