« エル・スール-演劇ミニ講座 | トップページ | 神戸マラソン »

2011-07-02

小さい「つ」が消えた日

 P-actに、朗読クラスの公演を見に行って来ました。

 小さい「つ」が消えた日

 なーるほど、家に帰って納得しました。このお話は、ドイツ人が書いたのですね~。なるほど~、小さい「っ」が無くなったらって、そういう発想はなかなか日本人には出来ないし、ところどころ不思議だなぁって思うところがあったのでした。

 いやー、なかなかに面白かったです。五十音村の音の小さい「つ」(撥音便→促音便:ぼりろんさんご指摘ありがとうございます)、音が無いので、なんだか要らない存在のような気がして、いじめられて、家出してしまうのです。が、世の中から、「っ」が無くなったら大変。

 朗読劇ですが、あっち動いたりこっち動いたり…。P-act非常に暑かったのですが、お話にどんどん引き込まれていきました。とくちゃんは、非常に優しい声をしていて、表情もとっても優しくて、ちいさい「っ」って感じがよく現れてました。pegaさんは、言葉をちゃんと発音しようという気合いにあふれてました。ちゃんとはっきり聞こえましたよ~。牧歌的な音楽も良かった~。

 全体で残念だったのは、時々、○さん(五十音の音が入る)が聞こえにくくて、何さんなのか分からないところがあったことです。でも、難しいのですよね。一音を届けるのは~。だから電話では、a as in apple とか、朝日のあ とか言うんですもんね~。

 小さい「つ」さん、音楽で言えば、休符なのかな。お休みはお休みじゃないですよ~、「音がないという音」ですって、いつも指揮者に言われてます。と、考えながら見ていて、非常に楽しかったです~。

 原本、可愛い絵がついているようで、思わずアマゾンで頼んでしまいました~。

 最初、お出向けしてくれたのは、憲法ミュージカルで増造さんをやった宮さん。夜の公演は見られなくて残念でしたが、穏やかでニコニコしているみやさんの顔が見れて嬉しかったです。ちはるちゃんも、もういつ生まれてもおかしくない状態で、元気に来ていました。次に会うときは、身二つに分かれてるでしょうね~。

|

« エル・スール-演劇ミニ講座 | トップページ | 神戸マラソン »

コメント

外国の人には小さい「つ」とか「ー」とか、大変みたいですねwピーターがワープロ打つときいつも苦労してました。

私はタップ教える時に「そこに『小さいつ』があるよー」とか言って休符を示してます。便利よ〜♪

投稿: | 2011-07-02 22:18

えへ、色々と書きたくなるトピックですね。

まずは突っ込み。

>小さい「つ」(撥音便)

「撥音便」は「ん」。「っ」は「促音便」。実は私も以前に間違えてひとに
指摘されたものですから(苦笑)。

たしか言語学者の千野栄一さんのお書きになったもので読んだのだった
と記憶しておりますが、促音のあるなしで言葉の意味が変る(「あさり」と
「あっさり」)のは日本語のほかには、アメリカのインディアン、もとい、
ネイティブアメリカンの一部族の言葉しかないのだそうです。

若い頃、アメリカから来たポップシンガーに日本語の歌を歌わせること
になり(はい、そういう方面の仕事をしていたことがありました)、
「知ってる」を発音させるのに苦労しました。どうしても「シテル」に
なってしまうのですね。その時一人の知恵者がいましてね、こういう
説明をしたのです。「英語の It takes の発音と同じですよ。sit tell
のつもりで歌ってみてください」--これで一発でOKでした(微笑)。

投稿: boriron | 2011-07-02 22:50

ふうちゃんかな?
 そういえば、ピーターから送られてくる原稿、いっぱい抜けてましたわw
 タップでは、小さい「つ」があるよって教えるんだ~。なんか、めっちゃオシャレ~。私がフラメンコ習う時は、普通に「ン」タタです(爆)

投稿: めぐむ | 2011-07-02 23:05

borironさん
 撥という漢字で、つい、はじけてしまいました。ご指摘ありがとうございます。直しておきました。

 言語学者の話は知りませんでした~。日本語って、なかなか難しいのですね。で、ネイティブアメリカンにあるというのも、不思議な気がします。ベーリング海峡わたって行ったのでしょうか。

 It takesの知恵はさすがですね~(^^)で、さすがに、ポップシンガー相手では、 shit tellにはならないんですね(爆)

投稿: めぐむ | 2011-07-02 23:11

暑い中、ありがとうございました。おもしろかったといってもらえて、とても嬉しいです。
実は、今回の公演は「朗読劇」ではなく「朗読」でした。どこが?と言われそうですが^^; 打ち上げでも「朗読と朗読劇の違いがさっぱりわからない」と盛り上がりました。
「小さいつ」談義が盛り上がってますね。音楽では、同じことをよく言われました^^; 

投稿: pega | 2011-07-03 22:14

pegaさん、

 面白かったですよ~。けど、朗読と朗読劇の違いは分かりませんでした(^^;違ったんや~(^^;
 
 

投稿: めぐむ | 2011-07-04 00:00

来てくれてほんとにありがとう。

なんとか終えてほっとしています。朗読はとても難しいです。

投稿: とくちゃん | 2011-07-04 22:39

とくちゃん、
 お疲れ~。ほんま可愛かったよ~。これからもどんどん自分を開拓して行って下さい(^^)

投稿: めぐむ | 2011-07-04 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/52103194

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい「つ」が消えた日:

« エル・スール-演劇ミニ講座 | トップページ | 神戸マラソン »