« ソウルの落日 | トップページ | 崖っぷち »

2011-08-17

比叡山トレイル-山のソーセージやさん

110816_114641 お一人様比叡山トレイルに行ってきました。題して、山のソーセージやさんでビール飲むんだ~イエイ(^^)

 朝、修学院の実家の墓参りをしに、お寺に寄る。お寺では朝の勤行中。「ぎりぎりお盆や~間に合った」と、小さい卒塔婆を書いてもらっていると、向こうで手を振る人が。。誰や?って思ったら、両親が座って勤行を聞いてました(^^;焦った~~。

 お参りをして、ラン開始。音羽川を登って、きらら坂に入る。

 きらら坂は当然歩き。段差が高すぎて足あがらへん~とか言いながら登る。1人だし、人っ子一人いないからか、ともかくヤブ蚊が群がって来る。ぶんぶんぶんぶん耳元で羽音。頭の上に1mぐらい蚊柱が出来ているんじゃいかと思うほど、うっとうしい。次回は、蚊よけを持ってこよう。

 蚊に追い立てられて、ゆっくり休憩もしてられない(--;
 トレイルが二手に分かれているところは、新しい行者道の方をいく。千種さんの碑(千種さんって何した人?)もそっちじゃない方を通る。どっちも少しだけ距離が長い。約1時間ちょっとでケーブル比叡。

 朝9時半。まだ山のソーセージやさんは開店前。市内はガスっている。

 なので、延暦寺の方に行く。ここで、なんとアメリカから来た青年と一緒になり、延暦寺まで話しながら歩く。インディアナ州出身で、仙台の高校で英語を教えているらしい。震災直後に、仙台の北の高校に来たらしい。いろいろ話しをする。京都の大文字の送り火の騒動についても、解説する。そして、ハイカーは延暦寺で拝観料払わなくていいんだよと教えてあげる。坂本からケーブルで降りるらしい。ほんとは、比叡山頂の方に行きたかったが、その青年を途中で放り出す訳にもいかないので、比叡山のお堂の近くにまで連れて行き、坂本ケーブルあそこだよと教えてあげて別れる。彼がその後お寺を見て回ったどうかは分かりません(^^;円高で日本での暮らし大変そうやし、延暦寺の仏さま、お慈悲を~。

 私は、根本中堂でお参りをし、トイレを借りてから元来た道を戻る。途中から比叡山頂の方に行きガーデンミュージアムの横を通り、多分あそこやって当たりまで、駐車場を越えてどんどん上がる。が、山は一転にわかにかき曇り、黒雲が…。琵琶湖なんて、なーーーんも見えへん。ということで、三角点間近ながら、三角点は次回のお楽しみということで、来た道を戻る。

 後は、ずんずん降りて行って、再び山のソーセージやさんへ!このときには既に快晴。うーん、ビールセットって売り切れやねん(--;ソーセージ単品は高いなぁ。。ということで、ビールとキュウリを買って頂きました。ビール回るから小さい方(ハイネケン)ちょうだいとか言いながら、飲んだら、焼け石に水状態。。じゅっと言って一瞬で無くなり、至福の時でした~~。

 このままきらら坂が下りれるか不安ながら、ビールが回る前に既に走りだしてる(爆)。レイラさんが言うように一杯ぐらいなら大丈夫でした。時々けつまづきながらも、転ぶことなく、快調に降りて行き、あっという間に麓へ。走りながら、ようこんなところ上がって来たなぁと自分で自分を褒める。

 朝会った両親に挨拶すべく実家へ。まずい、まだ顔が赤い(爆)まずいと一生懸命お茶を飲んでごまかして、実家へ。汗かいているので、麦茶とアイスをいただき、ちょっとだけ世間話をして、おやかまっしさんと言って出る。

 目の前に妙法。もうたきぎが積んである。わたっこさんちが運ぶんやなぁと思いながら見る。
 ちょうど15km。まだ足があったので、あと5km 走って20kmにしようと思い、高野川沿いを下る。出町柳でガーミンによれば19km。ええい、丸太町まで走るぞ~と丸太町まで走って終了。

 あー、楽しかったです~~♪標高差を見るのが好き↓
http://connect.garmin.com/activity/106926080

送り火を見に来たアメリカ人青年。写真載っけてもいいって言われたけど、名前分かりません(^^;
110816_101919


|

« ソウルの落日 | トップページ | 崖っぷち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/52495503

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山トレイル-山のソーセージやさん:

« ソウルの落日 | トップページ | 崖っぷち »