« 宇治周囲物語 | トップページ | ブラインドランナーに男性伴走者許可を! »

2011-08-24

3(ミ)ラクル劇場、無事終了!

 山科地蔵盆の安朱保育園で行われた「3ラクル劇場」。無事に終わりました!happy01

 去年までは本公演の宣伝も兼ねたプレ公演だったので、テーマもあらすじもある程度あったのですが、今年は、全く独立したワークショップからの創作劇。ゼロからお話を考えないといけなかったため、今年の方が遙かにハードルが高かったです。

 さて、どうなることかと思われた私たちのふじさんチーム。(詳細は「崖っぷち」を参照)

 頑張ったよ~~scissors 

 終わってみれば、(しばらく自画自賛(^^;)、苦労した分、みんながやりたいこと言いたいことを主張しこだわり譲らなかった分、一人一人のキャラが立って、ちゃんと一人一人の人生が見えて(達ちゃんの弁)、良い話しになったのではないかと思います。

 いやー、今回ほど子供は、大人と同じように複雑な社会&人間関係を生きていて、大人と同じような複雑な感情をもった一人の人格だと、しみじみ感じたことはありませんでした。

 舞台になった「山の中」は私の中でまだ生きていて、それぞれのキャラが話す言葉が今も聞こえるし、こんなこともあるだろうな、あんなことも起こるだろうなと、いくらでも想像が広がって行きます。

 お芝居を見れなかった人のために解説すれば。
 舞台は、「山の中」「昼間から夕方の話」 このチームだけ、動物が主人公。

 リス(あこっち、小学生) 仲良かったうさぎと別れて、泣き暮らしている。

 うさぎ(りな、小学生)  人間のペットになったうさぎ。山にいるときはみんなと仲良しだったが、人間界に下りたとたんすべて忘れてしまう。山で昔の仲間に会っても、思い出せないのか、はたまた思い出したくないのか(何か事情があったらしい)、素直になれない。(小2にして複雑な心情)

 クマ(かりんこりん、小学生) このクマが傑作で、「おおかみの味方やんなぁ~?」て聞くと、「ううん、くまは、おおかみの話しは聞いてあげるけど、巻き込まれたくないねん」orz 小学生も複雑な人間関係を生きているのです。。。

 オオカミ(山ちゃん、小学生) 心優しいのだけど、風貌で誤解されているおおかみ。みんなから避けられている。おおかみはうさぎに会えたのが嬉しくて飛びついただけなのに、心ならずも止めに入った人間を怪我させてしまう。おおかみはそれが悲しくて悔しい(というわけで、前回、山ちゃんは嫌われ者のオオカミについて「語った」のです。)

 飼い主 (ふじさん、大学生) うさぎの飼い主。動物が次々現れるのでびっくり。事情を知らないので、オオカミからうさぎを守ろうとして、怪我してしまう。

 サル(かっさん、大人) おちょうしもの。怪我を治すため、お地蔵様の薬を取りに行こうとして、クマに出会う。クマは既に薬をもっている(実はオオカミが持って来てくれていた)。

 シカ(めぐむ、大人) 山のおさ的存在。みんなことを心配している。リスを心配し、オオカミを諭し、サルにお地蔵様の薬のことを言ったりする。さるとは一番仲がいい。ちなみに、シカをどう表現するか朝の4時まであれこれ考え、鏡の前で実験した結果、小細工は一切止めることにしました(^^;。

 最後、どうしてもまとめるのに時間が少なく、通しをする回数も少なく、他のチームに比べて、全く荒削りのままだったのが、まだまだ良くなる余地をいっぱい残したままだったのが残念です。

 けど、子供達~、みんな役者やで~。

 ゲネ(本番前に本番と同じようにする通し)は、テンポも悪いしボロボロ。特に、私とオオカミとの大切なセリフで、私、、セリフを突っ込んでしまって、あっと思ったけど、もう遅い(^^; けど、オオカミの山ちゃんは、とっさにアドリブ入れて、見事修正(^^; 後で山ちゃんありがとう~、これでもう本番は絶対間違えへんからって言いました。一方、同じくゲネの時、かっさんのセリフ飛んだ…。あっ、とっさに私フォローできた(^^)。私も少しは成長してるかな。

 本番は、立っている人までいる満員のお客さん。めっちゃテンション上がる。テンポもゲネの時よりは良かったかなぁ~。大きな失敗もなく無事終了。まぁ、5回でよくここまで持ってきたという感と、みんなで一緒にお話を作る難しさと楽しさ、それともちろんあーやればよかった、こーすればよかったという反省がいっぱい、この沢山の思いを抱えて、新たな本公演までの長丁場、頑張りたいと思います!

 

|

« 宇治周囲物語 | トップページ | ブラインドランナーに男性伴走者許可を! »

コメント

お疲れ様でした~!
このブログを読んで子供たちもひとりひとりが自分の役について深く考えていてどんな設定で他の役との関係性はどんななのかしっかり考えていたんだなあと感動です。

時間がなかった割にちゃんとストーリーがあって役割分担ができていて、よかったよ~!

本番も楽しみにしてるね。

投稿: とくちゃん | 2011-08-27 09:30

とくちゃん、
 こうやって読むと意味が分かって二重に面白いかもしれないけど、本番だけみたら、やっぱり時間が足りないのが丸わかりだったと思います。ともかく、なんとか形になるものになって良かった~~。ほんまにどうなるかと思ってん(^^;

 できたら、なーるほどっ、良かったよ~って言ってもらえるようなものが出来たら良かったとしみじみ思います。本公演は頑張るね~。ありがとう!
 

投稿: めぐむ | 2011-08-27 20:51

久々のコメントでーす。2ヶ月ぶりにやっと俗世間に戻ってこれた今日この頃です。

めぐむさん、山科おつかれさま!!
観にいきたかった~。さすがに無理だとあきらめました。
12月の本公演は行ければなぁ・・・。(まだ無理?)
家族で稽古の見学にお邪魔できればと思います(差し入れ持って)

投稿: チハル | 2011-09-13 11:03

ちはるちゃん、
 お久しぶり~(^^)とうとう12月の公演に向けた稽古も始まったよ~(^^)
 子供達も半分ぐらいが知っている子で新しい子もいっぱい。。しゅーへいとか一年で背が高くなっててビックリするで~。みんなに、ちはるんところの赤ちゃんはって聞かれるよ~。

 これから又、稽古の日々が始まるねん~。今回は、あんまり飲みに行ってないよ~(^^; 12月、是非見に来て~~。なんと3ステージあるらしい(^^;から(会場は小さいけど)、どこかで来てくれたら嬉しいなぁ~。

 とくちゃんとただ今、お顔を見に行く予定を調整中。また連絡するわ~。
 

投稿: めぐむ | 2011-09-13 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/52555140

この記事へのトラックバック一覧です: 3(ミ)ラクル劇場、無事終了!:

« 宇治周囲物語 | トップページ | ブラインドランナーに男性伴走者許可を! »