« 比叡山トレイル-山のソーセージやさん | トップページ | 宇治周囲物語 »

2011-08-19

崖っぷち

 三年前から、子供と大人の創作劇というのに関わっています。2009年に行われた市民ミュージカルの訳詞を担当したご縁から、ちょっと舞台に立ってみたくなり参加。

 一昨年の宇宙の女王様の悪役がめっちゃ楽しくてはまり、去年は、ミュージカル風劇でスタジオ録音までさせてもらい、もうすっかりはまっているのでした。今年も、もちろん出ます!けど、その稽古が始まるのは9月からで、現在、出場者募集中です。出演者は、小学校1年生から去年は、定年を超えた年配の方までさまざま。特に子供達は、進化が凄まじいし、元気がいっぱいもらえて楽しいです。

 さて、そのメインが始まる前の、ワークショップのプレ公演(^^; 去年までは5月からのWSから本番までの延長線上であったのですが、今年は、諸般の事情で、WSだけが独立。地蔵盆に短い劇を発表することになりました。

 参加者を3グループに分けて、それぞれが考えた劇を発表するのですが、私のグループは崖っぷちも崖っぷちもほんま崖っぷち(^^; 他のチームは、前々回にもうできて「通し」をし、お話をふくらませているのに、私のチームは、本番を目の前にして、一度も通ってない。通ってないどころか、お話も混沌。セリフも決まってない。立ち位置もどっちから出るかも決まってない。。。なんででしょう(^^?

 なんだか、壮大なお話ができているのです(^^; たった5分にテーマがいっぱいつまっている(^^;

 というのも、ここが子供達のすごいところなんだけど、みんな、小さいのに「こだわり」があるのです。ともかく立って稽古しようってやり始めると、どんどんいろいろアイディアが湧いてくる。あーしたい、これ言いたいが出て来る。

 ある再会のシーン。どうも、りなちゃんは単純に「わー思い出した!会えて良かった良かった」とやりたくないらしい(^^; あんたなんか知らないって言いたいらしい。知らないて言ってから、あれこれあって、ようやくあーって和解したいらしい。けど、5分しかないんだな。。。だから、再会のシーンが成立しない(^^;

 わたしと山ちゃんとの会話。終盤の重要なポイントになる予定。。ところが突然、山ちゃんが語り始めた!昔話における「おおかみ」の役割について、延々語る。途中割って入っても、語りたいことが山のようにあるらしく、終わらない(^^; 長いし短くせーへんって言っても、本人は語り尽くしたいらしい。。「おおかみ」の話しはとうとう昔話の「オニ」の話しまでなってしまった。。orz 

 と、悪戦苦闘していると、かりんこりんがやってきて、私今度やっぱりこーしようと思うとアイディア持ってくる。。大人のかっさんまで、こーしたらどうだ、こーやりたいと言い出す。。おい!

 それ事態はめっちゃ素晴らしいことで、これぞ創作劇の醍醐味って感じですが、なんせたった5分の劇。。稽古は3回。。で、次回本番なんやで~。もー、いったいどうするの~(^^;

 ここで、演出家、整理してくれなあかんやろうと思うけど、話しが見えなさすぎて、整理のしようがないのか(爆)。耳をすませて様子をみている。。。あーー、次回本番なんだけど、本番前の稽古でどーにかなるんでしょうか??

 今度の地蔵盆の本番はさておき(^^;、本公演は12月に東部文化会館であります。子供達~、大人達~出演者募集中です!

山科醍醐こどもの創作劇のブログ

 

|

« 比叡山トレイル-山のソーセージやさん | トップページ | 宇治周囲物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/52512491

この記事へのトラックバック一覧です: 崖っぷち:

« 比叡山トレイル-山のソーセージやさん | トップページ | 宇治周囲物語 »