« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011-09-25

PB更新!彦根シティマラソン10km

110925_173816彦にゃんTシャツ、ゲットしました(^^v

PB大幅更新!公式タイムは56分07秒。ネットタイムは55分38秒でした!

4時半起床。戦いは、走る前から始まっていたのです(^^;
京都発6:16分の普通電車。所要時間は約1時間。が、乗ってしばらくしてトイレに行きたくなる。朝コーヒーを飲んだのがいけなかった。途中で下りたら電車ないし、最後の車両まで歩いていくかどうしようか悩みつつ、時計とにらめっこ駅を数えて、ようやく彦根(^^v勝ったぞ(^^;これで、心置きなくレースに集中できる。

なんと、トイレで何十年ぶり?かで、ゆ~れこさんに会う。。オフで会うのは2度目ぐらい(^^?よく分かったものだ。会場まで一緒に行って、いろいろ教えて上げる(ここまで私は先輩顔(^^;、ゆ~れこさんは、初めて外で走る初めてのレースなのに、後で、なんと51分台のすごいタイムをマークしたのです)

なんと出場者は4000人近くいるらしい。すごい人たち。Venさんもヨータローさんも見当たらない。アップ、折角の全天候型のトラックなので、気持ち良く2周ほど走る。

準備体操は、エアロビクス。おねーさんがマラソン用に改良しはったんやろうなというようなエアロビ。が、つい本気でやってしまい、汗だく。喉が渇いた。水飲みたいと思っているまもなく集合で、あれよあれよとスタート。

前の方に居たので、ともかく先行グループに付いていけるだけいこうと思う。なんと最初の1kmのラップは、5'12。うわ、走れるんや私(^^;このまま行くか?と思いつつ、少しだけ落として5'25。

ともかく喉が渇いていたので、最初の給水ポイントの3km地点までがしんどかった。最初の給水ポイントでは、止まって、おかわりまでする(^^;ちょっと楽になって走り出す。

どうも調子が良さそうなので、5'35秒前後を保つよう、がーみんさまを見ながら走る。

6km地点当たりで、「めぐむさん、めっちゃ前の方にいますやん」と声を掛けられる。見ると、Ven さん。私が前の方にいるのがものすごい違和感があって、よく似ているけど別人やろうかと随分悩んだらしい(^^v 病み上がりにも関わらず、Venさんは風のように追い越して行きました。

その後もペースを崩さないように走る。で、8km過ぎたところで、「めぐむさん」と又声を掛けられる。ヨータローさんがバースデイの襷をかけて走っていく。もしかしたら、ヨータローさんには勝てるかもしれないと思っていたので、ちょっとがっくりする。ここで少しタイムが落ちる(^^;

が、最後の1km!また5'27までペースを上げる。が、他の人もペースを上げているらしく、追い越すより追い抜かれる方が多かった。

で、ゴー-ル。やったー、PB更新(^^)
5分台で走れたよ!!

5'12
5'25
5'35
5'34
5'43
5'38
5'40
5'37
5'44
5'27
http://connect.garmin.com/activity/116813147

Dsc00071

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011-09-23

ピーターの出演情報

22white_deer22_flier_for_web_3クリックすると大きくなります。

 ピーターから久々にメールが来ました。さすがパフォーマー、地道に活動していることが分かって、ちょっと安心しました~。携帯を無くして、市民ミュージカル関係を始め、連絡先を無くしたそうで、困ってるからみんなに知らせて~と言われました。良かったら知らせてあげて下さいませ。

 詳しいことはこのチラシ以外は分かりませんが、10月2日に18:00から、京都の三条西洞院下がるにあるBatteringRamで、「月鹿」という題名でダンスパフォーマンスをするそうです。

 久々にカオルくんのピアノも聞けますよ~、他にはタブラーにギター、結構面白そうです。

 お時間のある方はどうぞ~。前売り2300円(当日2500円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-17

近況報告

 今週は平々凡々と日が過ぎていってますが、いくつか変わったことがありました~。

 その1
 先日取材を受けたと言っていた、嵐山観光ラン、今週の水曜日(9月14日)の京都新聞朝刊、地域プラスという面に写真と名前が載りました!朝、友達から、新聞見たで~というメールが入り、コンビニに買いにいくとばっちし。野宮神社では、みんな真剣にお参りしているのに、私一人、チラ見、カメラ目線で大笑いでした~。

 まりもさんのご本、早速、参考にしつつ、あちらへこちらへ走ってます。こないだはチラッと深草トレイル探索に行って来ました。

 その2
 コーラスの全国大会(11月19日@千葉)と神戸マラソン(11月20日)…。本人的には散々悩んだ末に神戸マラソンに集中することにし、私は全国大会には行かないことにしました~。もちろんみんなは行きます。今日、練習があって、ようやくみんなに報告。ごめんしちゃいました。やっと、肩の荷が下りたよう。けど、ソプラノの窮地は相変わらずで、心苦しいのも相変わらずです。

 その3
 そのコーラス。今までは自己申告で歌いたいところを歌ってました。私は、メロディーが歌いたいからというだけの理由で、ずっとソプラノ。今回、初めて、一人一人の声質を聞いてパート分けすることになりました。んで、私はメゾで歌うことになりました。。高校生の時、音楽の先生に低い声の方がキレイやねって言われたことがあってんけど、ハモるの苦手だったから、ともかくメロディー(爆)。でも、ずっと歌って来て、ちょっと違うパートも歌ってみたくなっていたし、高い声がすっと綺麗に出るわけじゃないので、メゾは結構納得。。友達にもメゾの方が合っているって言われました。んで、歌ってみると、勝手が違って音取れへんけど(^^;、ハモるのはなんだか楽しい!

 ということで、メゾで歌うことになりました~。こんかい「らくね」は大改造。大変身するかも(^^? 一区切り付いたところで、新しい曲をいろいろ歌い出していて、o(^o^)o ワクワクしてます~。

 その4
 山科創作劇の稽古が始まりましたよ~。まだ始まったばかりで、みんなでお互いに自己紹介をしているところ、これからどういう風に展開していくのか、楽しみです~。今年は、時代を反映して、ちょっとズシンとしたしっとりとした話になるらしい。。12月が本番です。

 その5
 最後に仕事の話。9月15日はリーマンショックの日だったそうだ。あれから3年。。リーマンショック以降、私の生活は大きく変わったのでありました。あれで、安定供給されていた大口の仕事が吹っ飛んで、3ヶ月ほど路頭に迷うわ、ハローワークに通ったわ、単価は下がったわ。。。翻訳一本で行くのは不安だからと、ガンバッテ通訳案内士の資格とって、働き始めるものの、やっと順調になって来たところで、原発事故。。まっ、言っても仕方がありませんが、リーマンショック以前に戻りたい。。。

 まぁでも、よくしたもので、あれこれ言ってられなかった分、翻訳の幅は大きく広がりました。。単価も下がったお陰で、仕事が切れることはありません。。問題は、働けど働けど…になったことです。

 で、これも私的には結構悩んだのですが、原発事故はいつ収まるか分からないし、全く先行き当てにならないので、どれだけ役に立つか分かりませんが、ともかく、も1つ資格とっておこうかなと思ってます。。今回のは、通訳案内士みたいにお金も時間もかからないし、今の延長線上で行けるのですが、それでも新しいことするのは、ちょっとエネルギーがいります。。。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-09-09

動員挿話-淀の夜は更けていく

 ようやく時間を見つけて、淀にあるDDシアターに、京芸の発表公演を見に行って来ました。

 岸田國士さんの「動員挿話」。明治時代の日露戦争の前のお話です。

 なんせ京芸の演劇塾の塾生さんたちの発表公演、ようまぁ数ヶ月でこんだけしはったなぁって感心する一方、あーこうしたらこうなるんやとか、これはあかんねんなぁとか、いっぱい勉強になりました。もっとこうしたら良いのにとか、見て、いろいろ言うのは簡単やけど、実際にやるのは、ほんま難しいです。山科創作劇の稽古も始まることだし、ものすごく良い勉強になりました。

 というか、演じ方によって、これほどまでに印象(?役の印象?)って変わるもんなんやなぁとか思いました。私的には、軍人の奥さんが好きでした。。昔の明治時代の言葉って難しそう(--;

 問題(?)は、最後のオチ(?)が分からなかったこと(爆)。そして、それにも増して、お芝居が終わったのかどうかが分からなかったこと(爆)。いろいろ見てきたけど、お芝居が終わったかどうか分からなかったのは、初めての経験でした。

 まだ続きがあるんやろうかって思って、思わず、隣に座ってはったかっちゃんに「これで終わり?」って聞きました(^^;。周りも同じ様な感じで、誰も席を立とうとしなかったです。まぁ、その原因は、真ん中の暗転(薄明かり)の時に、出演者がそのまま道具を片付けてはったのですが、それと同じようにお芝居の終わりに出演者がそのまま道具を片付けて、挨拶をするスペースを確保しはったので、一同が並んだ時に、終わりの挨拶というより別の何かが始まるんかって思わされてしまったことだと思います。。。

 で、結局、終わってから、また淀で飲むこととなりました。

 そこで、いろいろ疑問が解決し、さらに、面白そうなお芝居の話もいっぱい聞かせてもらい、この間のソウルの落日の話も聞きーの、京芸50周年で流れた「桃中軒牛右衛門」(ちゃんと覚えてたで~(^^v)の話を語られ、(まどかさんがやりたいとおっしゃっていた、もう1つのカタカナのお芝居の名前は忘れた)、欲望という名の電車の杉村春子さんの背中が凄かったって話もききーの、レ・ミゼラブルで帝国劇場で赤旗がたなびく話をききーの、滝沢修さんの靴音がすごかったって話もききーの、耳と脳みそが想像と期待でダンボになりました~。谷間の女たちも読んでみたいかも~。

 というわけで、またもや淀の夜は更けて行ったのでありました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-06

京都新聞取材同行・嵐山観光ラン

Dscf3426ラン友のまりもさんが、このたび初めてのマラニックガイド(京都まちなか編)を出版することになりました。
なぜか中の一枚の写真の隅っこに、私も写っています!(天空の道マラニックの時の宴会の写真)

この出版を期に、京都新聞から取材を受けることになったらしく、まりもさんのツルの一声で、平日にも関わらず、10名が嵐山に集結!取材同行ランということで、嵐山観光ランをしてきました。

爽やかな快晴の下、嵐山を満喫することができました!

最初の話では、実際に拝観料払って観光するかも~、途中、スイーツ食べるかも~という話でしたが、さすが皆さんランナー。走る方が楽しいようで、天竜寺は門前で引き返し、竹の道を通り、鳥居本まで~。観光スポットは、野宮神社と車折神社、大沢の池など、お賽銭しかいらなくてお財布に優しいうえに、嵐山の雰囲気は味わえるし、広沢の池の方では、京都マラソンのルートを試走したり、のどかな田園風景を満喫したり。。それでも走った距離は、12.1km。

[http://connect.garmin.com/activity/112300141]

今までのレースの話、これからのレースの話。。とっても楽しい時間を過ごすことができました!

しかも、ようやくあこがれの(?)musubiさんに行って、シャワーも浴びて、ランチ食べて、ビール飲んで。。。昨日、夜中の2時半まで頑張って仕事したかいがありました!

とっても贅沢な1日を過ごさせてもらいました!
新聞は、京都新聞の来週の水曜日の朝刊に出るそうです。楽しみo(^o^)o ワクワク
musubi さんで、まりもさんのご本の見本も見ましたが、こっちも楽しみo(^o^)o ワクワク


ご本についてはまりもさんのブログをどうぞ。
http://marimomarimaru.cocolog-nifty.com/botiboti/2011/09/post-4dc9.html

Dscf3433


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011-09-05

だるまさんがころんだ

 前に結婚してた時、元ダンナがカンボジアのアンコールワットの調査に行った。今はアンコールワットは一大観光地だけど、その当時は、ぽつんと木造のホテルがあるだけの小さな町だったそうだ。

 アンコールワットの周辺は当時はまだポルポト派の拠点の近く。調査団が町に入るには、前後を自動小銃を屋根につけた護衛車に付き添われた。もちろん、近くには地雷原がまだ残っていたようで、絶対に道路以外のところに入っていかないように、特に酒に酔っぱらって、ふらふらと小用を足しに出ていかないよう(^^; きつく言われたらしい。そういえば、カンボジアのトカゲのトッケイは、ものすごく大きな音で鳴いてびっくりするって話もしていた。

 義父は、足に癌ができて片足を切断。ずっと義足の生活を送っていた。。。

 ということもあり、燐光群の「だるまさんがころんだ」、実は以前から非常に興味があった。坂手さんのミニ講座も聴きにいった。そしていよいよ今月の例会!

 久々に「演劇の力」というものを見せつけられた気がする。芝居じゃないと伝えられない現実とか事実は、地雷に関する2時間の講義を多分、遙かに凌ぐ。それにしても、お芝居の中に込められた情報量の多さ!小気味よく繰り出されるセリフ、役者さんたち大変だわ~。

 お話は、オムニバスのようにいくつかのエピソードが並行して展開し、それが最終的に絡まり合って収束するというもの。

 イラクに派兵されてなぜか地雷原に取り残された二人の自衛官の話から始まり、表向きは製造機器メーカだけど、実は日本で唯一地雷を製作している会社に務めるお父さん一家の話、村の周囲が地雷原になってしまった東南アジア(カンボジア?)の村の話、やくざ同士の抗争から家の周りに地雷を埋めようとするやくざの親分と手下の話、地雷研究会で地雷撤去に励む若い女性の話、その他、落ちていた地雷をお土産に持って帰ろうとして空港で止められるジャーナリストの話、セントラルパークに地雷がしかけられる話(^^;などなど。。

 そして「だるまさんがころんだ」は世界中にある共通する子供の遊び。それと同時に「だるま」(手足をもがれた)という言葉の恐ろしい裏の意味。

 いやー、これらばらばらの話は地雷を軸につながっていて、どんどんどんどんと収束していく様子が非常に楽しかった。

 一人だけアメリカ人の役者さんが入っていて、途中、英語だけの会話の部分、字幕付きの英語の部分などあるのだけど、いやー日本の役者さんめっちゃ頑張ってはりました。全部、きちんと英語として聞こえました(^^)しかもその英語がめっちゃ速い(緊迫したシーンなので)。全然手を抜いてはらへんわ~、さすが~と、一人で感心してました。

 個人的には、やっぱり、カンボジアの村の話が心に響いた。何回か泣きそうになった。。

 途中、ギターと歌が入るのです。たまたまお芝居がはねた後の交流会で、席が近くになってその役者さん(南谷朝子さん)とお話させてもらったのですが、元々は坂手さんが台本に書いてあった詩に、自分で曲をつけて歌わはったそうです。歌がめっちゃ上手で、あれ~?役者さんやのに歌もうたわはるんやって思ったら、なんと時々ライブもしているそうです!ギター&歌の曲のスタイル、私は結構気に入ったので、京都でライブするときは是非行きたいなぁと思いました。お芝居の中で、おやって思ったのですが、ギターも、調音に工夫がしてあったのですよ~(^^)。

 なんというか、役者さんたちもお話自体も、ほんま隙無く、きちんと細かなところまで作り込んではるんやなあっていうのが分かって、非常に感動してしまいました。さすがや~。

 テーマとしては重たかった。世界には2億個以上の地雷が埋められていて、取り除くのに1000年かかるそうです。地雷は一個3ドル(今ならなんと200円!)けど、一個取り除くのに1000ドルかかるそうです。踏んだら爆発するやつ、離したら爆発するやつ、傾けたら爆発するやつ、一度目は爆発しないけど二度目で爆発するやつ、空中に飛び上がって1.5mのところで爆発するやつ(確実に人が殺せる)、クラスター爆弾、そして、アメリカが開発したスマート地雷なる、自己消滅装置がついた地雷。。。なーんか、人間が人を殺すために考える悪知恵にぞっとします。

 重い話だったけど、エンターテイメントしては優れていて、ほんまにほんまにほんまに満足でした。


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-09-04

桃太郎

 たった300円で1時間びっちし思いっきり楽しませてもらえる、観客参加型(?)のP-actステージに行ってきました。

 土曜日は台風の真っ最中。はたしてどれだけの人が来てるかなぁって思ったら、なんと満員(^^; びっくりするし~。

 今回の3つの出し物。。全部面白くて堪能しました~。
 最初は早口言葉。。なんということはない良く知っている早口言葉がドンドンアレンジされて、なんだかよく分からないけどおもろい。アイデアが、意表を突くアイデアが面白いなって感心しました。
 というか、子供より大人の方が早口言葉をクリアしようと意地になる様子が面白かったです~。

 で、次が分ちゃんの「桃太郎」。あの桃太郎の話なんですが、バックの音楽に合わせて表現がころころ変わるのです。物語風、悲劇のヒロイン風、火曜サスペンス風、「北の国から」風、古畑任三郎風、ゴジラ風にウルトラマン風にドラえもん風、ともかく、どんな話しだったか忘れるぐらい(^^; 楽しませてもらいました~。

 で、最後が、「動物園」に連れていく代わりに「おうまさん」を見に行ったお父ちゃんと子供の人形劇(?)。おうまさんは、駆けっこするおうまさんのことです(^^; いやー、傑作。人形劇だけど、頭だけ本物の人間で、布団から頭だけ出しているだけなのに、寝ているみたいに見えるのが不思議でした~。

 いやー、毎回楽しみにしているけど、今回もほんも面白かったです~。

 さて、今日は、いよいよ燐光群の「だるまさんがころんだ」。 これまためっちゃ楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »