« 28歳 | トップページ | 大阪マラソン応援ラン »

2011-10-31

朗読劇二題

 忙しい週末でした。土曜日は午後から朗読劇のはしご。

 国民文化祭が始まり、枳穀邸で行われた二の宴、木もれ日Genjiさんの朗読劇「うたかたの花の夢」。私は抽選に外れたのですが、外れた~と言いまくっていたら、チケット下さる方がいて見に行くことができました!

 いやー、古典で習った源氏物語とかのイメージと、やっぱり目の前で人間がやる源氏は全然違う。
 めっちゃスキャンダラス(;^^)ヘ.. 昼メロ(古っ、今なら韓国ドラマ?)真っ青のどろどろ感。生々しい。
 まー、不倫に不倫の子がてんこ盛り(^^;の、すごい話やったんやと今更ながら思いました。古典の言葉で読んでいても、も一つピンと来ないので、これは、人間が演じているからなんでしょうね。

 達ちゃん演出のこの朗読劇も、どんどん朗読劇の枠からはみ出している感じ(^^;ほぼお芝居に近くなってますよ~。朗読している演者も、もうすっかり役者。源氏の君の岡村さんは、若い時と年取ってからの源氏をちゃんと演じ分けているし、アホな女三宮を演じた高橋さんはめっちゃ良い味出しているし、藤壺はあくまでも優雅、柏木も才気走り、紫式部の京言葉はとっても美しく優雅で、女房語りと良い対比をしていて~。

 いやー、生々しい源氏物語をありがとうございました。

 その前にあった、山本淳子さんの源氏に関する講演も、ものすごく面白かったです!さすが大学の先生、話がものすごく面白い。。あっという間の一時間で、本当にチケット回して下さった方ありがとう~。

 夜は、これまた国民文化祭の「京都で見つけた物語」へ。
 子供編と大人編。
 うーん、子供編が良かったかなぁ~。というか、構成が全然違う。。

 大人編、朗読編というよりは、お芝居というよりは、メッセージのようであり、決意表明のようであり、散文調であり、オムニバスになりきらないオムニバスという感じ。。それぞれが京都で見つけた物語が語られる。

 それぞれが心に秘めた物語が語られて、それはそれで感動的だし、胸が痛くなる部分やもらい泣きしそうな部分がありました。ちかちゃんの話にはちょっと感動~。

 最後、駒ちゃんがAKB48踊ったのにビックリ(;^^)ヘ.. がんばってたなぁ~。

|

« 28歳 | トップページ | 大阪マラソン応援ラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/53126138

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読劇二題:

« 28歳 | トップページ | 大阪マラソン応援ラン »