« ナーバス | トップページ | 詩人の恋 »

2011-11-04

林檎の木の真ん中の心臓

 水曜日、芸館に「林檎の木の真ん中の心臓」を見に行って来ました。

 長かった~~。疲れた~~。7時から始まって、終わったら10時15分前。休憩5分。
 もう、疲労困憊で、飲みに行こうって元気まで奪われてました。

 テンポが同じ様なのが続くので、途中、気を失いそうになること数回。
 一瞬、記憶が飛びました。

 うーん。。。ここ数日めっちゃ考えたのです。どういう感想を書こうかめっちゃ考えました。
 時々キラっと光るキャラとかいて、楽しかったです。さすがやなぁって思いました。京都の主だった俳優さんが集合しているので、めっちゃ期待してました。

 うーーん。で、全体として何が私にすっきり来なかったのか、一生懸命考えました。
 で、分かった~~。

 この話は、南の島あるいは南の国の話です。森がつぶされて大規模プランテーションになって、あぶら椰子の森になる。村も消滅して、無機質なコンテナみたいなところに住んでいるのです。。そこでも人は住んで、生きていかないといけなくて、日常があるのです。。。

 多分、みんな「日本人」なんですわ(^^;
 日本人ってまじめなんですわ。共同体を意識するんですわ。。人生に意味とか、自分を律する何かとか、義務とか何とか考えるんですわ。

 私がインドに行った時、思ったのは、基本的にちゃう人種やってこと。生活が苦しくて、住むところがぼろぼろで、それでもぼーーと明るくしている人もいれば、苦しい顔して絶望的に暮らしている人もいる。貧しいけど心は豊かというのは、必ずしも当たらない。けど、基本、もっと時間軸が違う。。価値観も全然違う。。ちょーーど、良い感じなのが、あの登校拒否の先生。あんな人たちばっかなんですわ。。

 あの空気、あの日の明るさの中の悲惨な生活と、人々の暮らし。。。

 あれは、「日本人」あるいは「日本的思考」では表せへんのかなぁ~~。別物なんやろうな~。

 ってことを考えました。。。すいません、良い感想が出てこなくて(^^;
 

|

« ナーバス | トップページ | 詩人の恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/53161590

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎の木の真ん中の心臓:

« ナーバス | トップページ | 詩人の恋 »