« 共感する力 | トップページ | クリスマス、おめでとうございます! »

2011-12-19

無事に終わりました!

111219_131827r山科醍醐こどもの創作劇 「カゼユクマチ」、無事に3ステージ終わりました!

 去年までの楽しく馬鹿馬鹿しく最後ほろっていうお話とは全く異なり、今年は自然災害をテーマにした、ずっとシリアスで重いテーマでした。現代の空き地の風景が50年前に起きた台風の日に重なります。50年前の台風の時に一人の女の子が犠牲になるのです。小学生、曰くありげな怖い中学生などが避難して来た避難所での1日が、その時に犠牲になった女の子の最後の一日として描かれます。

 見に来て下さった方、ありがとうございました!

 私は出演者の方なので、作品全体の客観的な評価は見て下さった方に委ねるとして…。

 演じる方としては、ともかく三面客席、しかも足下ギリギリに舞台のパンチ(下敷き)が引いてあって、座るとすぐ背中にお客さんの脚が当たるような状態(^^; もう目と鼻の先にお客さんがいるという、ものすごーーいプレッシャーでした。

 しかも開演時間の前、客入れの途中からお芝居が始まります。つまり、まだ周りががさがさ、「こちらへお座り下さい」の声の中で芝居が始まるので、ものすごい集中力がいります。私の登場は、「鑑賞上の注意」のアナウンスの後、ほぼお客さんが着席した後だったので、まだ楽でしたが、みんな本当に大変だったと思います。

 今回音響と照明が入るのが本番直前で、シーン1の最後がどういう風で、あかりがどうなっているのか、袖からは全く見えないけど、あの音楽が聞こえて来だけで胸きゅん。ほんまにあの音楽大好きやった~。あかりも、テストの時に、木の葉が揺れたりいろいろしててん。けど、実際にどういう風になってたのか出演している私には分かりません。四隅のあかりもどうなってたのかわからへん。あーーー、気になる~。DVDを楽しみにしとこー。

 私がやったのは二役。1つは現代の役(ヒヤマ、実はフミの娘)。そして50年前の役(キヌエ、フミの義理の母)。

 50年前の役のキヌエさんは、思春期と大学生の子供のいるところに半年前に嫁いできて、義理の娘(フミ)とは確執があります。その確執が頂点に達したのが、お芝居の舞台である台風の日。避難所の中で、その確執が溶けて、しかも妊娠が発覚します。

 見に来てくれた友達や知り合いに、散々、「妊娠する役なんや~」ってめっちゃ冷やかされました(^^; 

 しかも、登場の時、義理の娘のフミさんとはものすごい確執があるのに、避難所の中であっと言う間に氷解。最初台本読んで、あまりの急展開に、達ちゃんに「これって早すぎひん?」って聞いたら、「ここはまきまきや」。まきまきって(^^; 

 でも、このブログの「降臨(^^?」のところにも書いたけど、意外に立ち稽古してみたら、無理なく和解できて、しかも、段々稽古が積み重なるに従って、段々感情も高ぶって涙声に…。いやー、我ながら成長した(^^; 一応、自分の中では、この台風の日までのフミさんとの生活でどんなことがあったかエピソードを勝手に考えて積み上げてたんですよん(^^v。

 今回、ほんまにこのキヌエさんを演じるのが非常に楽しかった!

 三面客席。背中でも演技しないといけない、一瞬も気を抜けない上に、途中からこのキヌエさんは出ずっぱりなのです。座ったっきりで動きは少ないのだけど、いろいろ避難所内の会話や状況を聞いたり見ながら、お芝居を自分の中で作っていきます。

 打ち上げの時に達ちゃんが言ったのですが、今回「ほんまほったらかしにされていた」ので、少ない稽古の中でも自分なりにいろいろ考えたり、義理の娘のフミさんとの絡みで自然に出てきた動作に自分で自分に感動したり(^^;…、いやーお芝居って奥が深い。

 たとえば、確執が溶けた後に、バスタオルをフミさんに掛けてごしごし拭いてあげるところは、台本には一切指示はないのです。最初は自分がバスタオルかけたまま(^^; 私もなんだか違和感はあったのだけど行動に移せず、分ちゃんにバスタオル取らないと折角の衣装がみえへんで~って言われて、確かにそうや!で、台本読んでここでフミさんにバスタオルかけてあげようって思ったのです。かけてあげるだけだったのが、ふと、母の気持ちになって、ごしごし拭いてあげるという動作が出てきた時は、自分で自分にほんま感動しました(^^; (すいません、終わってしまえばいつもの自画自賛です(^^;)しかもこのシーン、千秋楽にはさらに進化して、フミさんがにこって笑って私にバスタオルを返してくれるんです。あー、また泣けてくる。

 で、フミ役のあーちんの笑顔がめっちゃめちゃ可愛い。キヌエの妊娠が発覚して、フミさんが私に「家族やもんな」っていうところの笑顔がもうほんまに最高。もう、何度心がとろけたことか…。中学生の娘じゃなかったら、絶対ぎゅーーって抱きしめてたわ。いやー、あーちんすごいです。

 ほんま、共演者の子供達はめっちゃ可愛い~。可愛いので、芝居が終わって、打ち上げまでの間にプリクラを撮りに行きました。もうめっちゃ可愛く写るねん(^^; 私までもめちゃ若く美人に写るねんで(^^; 最近の機械はすごいなぁ~。いやー感動。

 稽古中、ほんまいろいろなことがありました。けど、いろいろな年齢の人たちと関われて、とっても楽しかったです。一番おもろかったのがリアル中学生のまゆきとの会話、お芝居以外でいっぱい相談に乗ってくれたいずみんありがとう、ニムさんやきみつんさんにはいっぱい気を使ってもらって励まされ、セッキーは何も言わなくてもずっとなんやかんや(勝手に(^^;)しゃべってはるし(^^;(教員試験がんばれ!p(^^)q)…。いやー楽しうございました。

 皆さま、ほんまにありがとうございました!

|

« 共感する力 | トップページ | クリスマス、おめでとうございます! »

コメント

おつかれさまでした。
本当は写真の「メッセージ」は個人宛に書いているので、
このような公表は困るのですが...一応。

投稿: tatsu | 2011-12-20 11:49

Tatsuさま。

 本当にお世話になりました!ありがとうございました!
 
 ありま、ごめんなさい(^^;メッセージ削除しましたよ(^^;

 けど、ダメ出し少なくて寂しかったです。。。

 

 

 

投稿: めぐむ | 2011-12-20 12:10

めぐちゃんはほんまパワフルやね。
色々な芸?(笑)趣味?本業?を持っているので羨ましいです。

演技って自分の生きてきた経験や想いが表現される場だと私は思います。
達成感のある演技をしためぐちゃんは、観ている人にも伝わったはず。

来年、出産が終わり観に行けたら行きたいな!!

投稿: りえ | 2011-12-20 12:51

りえさん、
 
 なんか人生の後半にタガが外れて以来、エライことになってます(^^;
 まさか自分が演技するような人間になるとは、数年前には考えもつかなかったのだから、ほんま不思議です。
 
 りえさんにもこれからまだまだ一杯可能性があるよん。

 出産が終わって、子供が小学生ぐらいになったら、是非一緒に参加しましょう!子供のためにもきっと良いと思います~。って、今は奈良やったね(×_×;)

 私のセリフに「来年もう一人家族が増えるんよ」ってのがあったのですが、りえさんの場合は、ほんまに来年家族が一人増えますね!楽しみですね!

投稿: めぐむ | 2011-12-20 15:38

ブログやってるって言うてはったから、探してみたら発見しました(´∀`)笑

ほんとにお疲れ様でしたheart01
いずはめぐむさん見てて気が引き締まったり、これじゃ駄目やなっち思うことがよくありました!
絡むところは力不足でごめんなさい(/_\;)

こちらこそありがとうございました!!

投稿: いずみん | 2011-12-22 13:58

いずみん!!!

 ようこそお越し~~heart
 
 私はいずみんのヨシノさんが、フミたちを説教するセッキーのナガタさんを止めに入るところが大好きでした!!あの暑苦しいセッキーを止められるのは、ヨシノさんだけやって~。

 それに、上を向いて歩こうの前にちょっと小芝居できたしね~(^_-)-☆ 私はほんまめっちゃ楽しかったです~。

 情熱ホルモンも良い思い出や~heart04
 来年もできたら良いね~~。
 

投稿: めぐむ | 2011-12-22 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/53520455

この記事へのトラックバック一覧です: 無事に終わりました!:

« 共感する力 | トップページ | クリスマス、おめでとうございます! »