« サスペンス・コメディ 「フレディ」 | トップページ | 無事に終わりました! »

2011-12-10

共感する力

山科醍醐こどもの創作劇「カゼユクマチ」の公演まで、いよいよあと一週間になりました。

 今年のテーマは、ずばり、「自然災害」。そう、3.11の東日本大震災の起こった今年ならではの作品です。直接の題材を、50年前に起きたある出来事からとっています。

 少し前の稽古の時、演出の達ちゃんが午前の時間を割いて、みんなで話し合いをする時間をとりました。そう、あの大震災が起こった3月11日について、感じたこと思ったこと、今も感じていることを、一言でいいからと話したのです。

 私たちは関西に住んでいて、はっきり言えば直接被害は受けていません。神戸の阪神淡路大震災を思い出した人もいっぱいいました。けれでも、あれだけの大災害が起こったのだから、誰もが無縁ではいられません。いつもはあんまり喋らない子が、突然、淡路島の野島断層を見に行った時の話を語ったり、東京にいるおばーちゃんこと、仙台に住んでいるいとこのこと、連絡とれなくてどれだけ心配したかといったこと、あるいは大好きなアニメの放送がなくなって大変なことが起こったんやって感じたこと、ほんと、みんないろいろなことを受け止めて、いろんなことを考えていました。もちろん震災では、同じ様な年頃の子供達も亡くなっています。普段は、あんまり考えないこともいっぱい考えたに違いありません。

 私はと言えば、あの日は衝撃的な日でした。一週間遅れで、友達4人がちょうど私の誕生パーティーを開いてくれていたのです。詳しい状況も何も分からないまま、夕方から誕生会に行って、散々食べて呑んで、冗談など言って、帰って来て、テレビを付けてびっくり。笑ったりしてる場合じゃなかった。祝ってもらっている場合じゃなかった。あの日の、我が身と彼の地で起きていることのギャップはそのまま消化されないまま、今日に至っている、忸怩たる思いです。

 最後に「つなみ」という被災した小学生が書いた作文集の中から五つほど、達ちゃんが読みました。素の言葉で書かれているあの日の出来事に、本当に胸が痛くなりました。涙が出そうになりました。

 今回のお芝居、ほんまに大変なんです。大人も大変だけど、子供はほんまに大変だと思います。自分たちが体験したことのない恐怖とか、悲しみとか、辛さとか、いろいろなものが出てきます。それを、身体一杯の想像力を働かせて、表現しています。こんな状況だったら、どういう風に感じるんやろ、どういう風になるんやろ、自分が演じる他者の気持ちを一生懸命考えること、想像力をいっぱい働かせること、そうやって身体を使って声を使って表現していくこと…。

 それは、このお芝居に出ている子供達が将来に大人になったとき、あるいは今の小学校/中学校/高校生活で、絶対にきっと役にたつ、絶対に無駄にはならない体験なんだって思います。

 今まで、三年間この子供の創作劇に関わってきて、ほんま演じるのが楽しい、別の人間になれるのが楽しい、もちろん今だって自分が楽しいからやっているのだけど、けどけどけど、今年は本当にお芝居をやる意味というのをひしひしと感じました。

 今年の作品、演じている子供達はきっといつか将来思い出すと思います。あのお芝居の中の、あの子、この子のこと…、あのおねーちゃんのこと、ふと思い出すと思います。そして、その時の状況とか気持ちとか、思いやることができる人になるんやと思います。

 是非、よろしければ、子供達がどういう風に「あの出来事」を表現したか、目撃者になってやって下さいませ。毎度の事ですが、子供達の潜在能力はスゴイです。大人はいつも抜かされます(^^; 

 今年は特に稽古回数が少なく、まだまだこれから追い込み状態。明日は、午前と午後と、2回通し稽古をします。まだ不安なところもいっぱい。けど、あと一週間、頑張ってさらに良い作品になるようにしていきます!

 よろしければ、山科醍醐こどもの創作劇のブログの「被災するということ」という記事もどうぞ。

http://kodohiro-sousaku.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-16ee.html

ゆるい感じの11月28日の記事もどうぞ(笑)
http://megumu.tea-nifty.com/megumu/2011/11/post-1307.html

「カゼユクマチ」

日時:2011年12月17日 午後7時開演
         12月18日 午前10時30分
                午後1時30分開演
       ※開場は各30分前、1時間前から受付開始

会場:京都市東部文化会館創造活動室

料金:前売り 高校生以下 700円
         一般  1,300円
        当日は各200円増

山科醍醐こどもの創作劇のブログ

|

« サスペンス・コメディ 「フレディ」 | トップページ | 無事に終わりました! »

コメント

夏の「だるまさんがころんだ」以来、時々BLOG覗いてます。
京都でも色々な動きがあるのですね・・・暖かさを感じます。

いよいよ、久しぶりの京都公演が近づきました。
チラシは無事届いていましたでしょうか?

http://minamitani.deko8.jp/schedule.htm

南谷のHP↑ からも検索できます。

絵本仕掛けの音楽会。お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: 南谷朝子 | 2011-12-16 10:45

南谷朝子さま。

 チラシいただきました!23日はもちろん寄せてもらいますよ!

 京都労演の土屋さんと茜ちゃんと一緒に行きます。多分、既に予約してあるはずです!

 お会いできるのを楽しみにしています!
 o(^o^)o ワクワク 
 
 

投稿: めぐむ | 2011-12-16 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/53452348

この記事へのトラックバック一覧です: 共感する力:

« サスペンス・コメディ 「フレディ」 | トップページ | 無事に終わりました! »