« しのだづま考-ミニ講座 | トップページ | 初めてのタイ旅行(その2) »

2012-02-28

初めてのタイ旅行(その1)

 数年越しで、近所の友達(以下、Mさん)とタイに行こーーと言ってました。父のこともあり、ほんま行けるんか~状態でしたが、なんとか父が小康状態なのを幸いに、思い切ってタイへ行って来ました(^○^) 前日の、いえ当日の明け方まで仕事(^^;、ともかくパスポートと航空券とお金とコンタクトと眼鏡だけ持てばいいやということで、バタバタで出発。

 数日ほとんど寝てなかったので、機内の中ではシンハービールを飲んで爆睡。着いたら、バンコクでした。今回は、一緒に行った友人の同級生(以下、Sさん)が、タイに17年も住んでいるため、その方に全てお任せ、おんぶに抱っこ状態でした。

 到着した晩は、Welcome Dinnerということで、タイの王宮料理。Najというとってもお高そうなレストランでご馳走になりました。時々、タイ舞踊の綺麗なお姉さんが踊ってくれる。。もう食べきれないぐらいのお料理。トムヤンクンの具材は豊富だし(葡萄まで入っている)、魚料理は中華風で優しいお味、料理もお味もバラエティーに富んでいて、もうお腹いっぱい満足でした。

 次の日はアユタヤ。Mさんが象に乗る象に乗るというので、象に乗ることに。象使いのおにぃちゃんに聞くと、15歳のメスだそうだ。象の背中は結構揺れる。。暑いしちょっと酔いそうでした。

P1040033


P1040055


 その後、アユタヤの遺跡巡り。地球の歩き方には、レンタサイクルで回ろうって書いてありますが、はっきり言って、レンタサイクルだと暑さで死にます(^^; いきなり35度以上の気温に曝されて、熱中症になりそうでした。

 アユタヤの遺跡。先日の大洪水ではアユタヤは水没。遺跡には全て水の跡が残ってました。1m以上は沈んでる感じです。アユタヤの涅槃像へ。車を降りると、「お参りセット」を持ったおねーさんが来る。お参りしたかったので、20バーツでそのお参りセットを買う。お参りセットには、蓮の花束、蝋燭、線香、そして紙(実は金箔入り)が含まれる。Sさんに、正式なお参りの仕方を教えてもらう。まず、蝋燭を垂らして、蝋燭を立てる。お花を供える。線香に火を付けて立てる、そして金箔を目の前の像に貼る。それから拝むのだけど、数人で拝む場合は、お札(たとえば20バーツ)を一人が持って願い事、次に同じお札を次の人に渡して拝み…という風にするそうだ。なので、三人で20バーツを割り勘で(?)拝みました。

P1040090

P1040078


 アユタヤの遺跡、アユタヤ王朝はミャンマーと戦争した時に、仏像の頭が落とされています。切り刻まれた仏像がいっぱい。なので注意書きの看板に、わざわざ日本語で「仏像の上に頭を載せて写真を撮らないで下さい!」書いてありました。こんなことをするのは日本人ぐらいなものなんでしょう。これって、多分、観光地にある、頭を入れて写真を撮るコスプレ看板の影響なのかも。

P1040103

P1040129

P1040120


 頭が木の根に吸収された有名なのもありました。

 アユタヤ観光が終わったら。タイスキレストランへ。MK Goldというチェーン店。タイスキ、というよりはおでんかしゃぶしゃぶ風ですが、あっさりしていて美味しかったです~。

 それから一路、バンコクへ。午後からは、「秀 Estate」というスパで、全身のオイルマッサージ&お顔のパックとケアをしてもらう。タイのマッサージしてくれるおねーさんて、身体の上に乗って手や足を使ってマッサージしてくれるんですね(目をつぶっていたのでよく分からないけど)。なんかめちゃめちゃ気持ち良くて爆睡。

 そして、夜はイーサン(東北地方)の料理へ。ここでも、舞台では歌のパフォーマンスが。日本の演歌やポップ(なんと日本語!)、そしてイーサン地方のタイ舞踊、時々、LadyGaGa風のおねーさんが出て来るし、結構楽しかったです。イーサンのお料理も美味しかった~。ちょっと辛いけど、私は辛いの大丈夫なので~。

P1040137r


 隣のテーブルには、日本人の男性三人とカラオケやのおねーちゃん三人がお食事中。どうやら、これから同伴出勤らしい。カラオケや(カラオケボックスとは違う)は、日本のキャバレー(?)と同じで、つまりは、同伴出勤するとポイント(奨励金)が出るし、お持ち帰り(?)できるところもあるみたいやし(;^^)ヘ.. まぁ、なんというか、そういう感じだそうです。日本と異なり、タイのそういうところで働くおねーさんは東北からの貧しい家庭から出てきて仕送りしている人が多いので、言ってみれば「仕事」。日本から来て、おねーちゃんに優しくされて、誤解して、はまってしまって人生潰した人を、そのSさんは三人ほど見ているそうです(;^^)ヘ.. 

 その後、パッポン通り、バッタもんをいっぱい(というか全部バッタもん(^^;)売っている一画を通るが、ブランドものにもバッタもんにも一切興味がない私はパス。水着のおねーさんが踊っているお店がいっぱいある通りと、日本人向け飲み屋街も、ちらっと通り抜け散策。ベタな名前の飲み屋が多くて笑いました。

|

« しのだづま考-ミニ講座 | トップページ | 初めてのタイ旅行(その2) »

コメント

タイは、35度ですか!!
暑いですね~!!
タイは、いろいろ遺跡とかあるから、楽しそうですね!!
タイ料理、美味しそうだなあ~。
さて、次の日記、読もうっと!!

投稿: おかん | 2012-02-29 23:00

おかんさん、

 アユタヤは世界遺産に指定されているだけのことはあって、なかなか壮大でした。
 けど、暑くて暑くて、熱中症になりそうでした。
 タイ料理は、やっぱり美味しいです!

投稿: めぐむ | 2012-02-29 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/54101190

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのタイ旅行(その1):

« しのだづま考-ミニ講座 | トップページ | 初めてのタイ旅行(その2) »