« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012-04-21

P-actステージ

久々のP-actステージでした。出町柳はあちらもこちらも新歓コンパ。。春の風物詩。

やっぱり面白いなぁ~。300円でたっぷり楽しめる小劇場空間。。

最初は、達ちゃんの落語、「まんじゅうこわい」おなじみの話ですが、ちゃんと聞いたのは初めてでした~。

高座がとっぱらわれる時、丸椅子4つの上に板を敷いて高座が作ってあったのもびっくりだったけど、出番が終わったにもかかわらず、転換の間に、続きで落語の裏話(?)を延々と話をする達ちゃんも面白かった(;^^)ヘ..

次は、人形劇。。ぷうぷかぷう~~のお話。。つまりは、お○らの話なんですが、おじいさんとおばあさんがめちゃほのぼので、すずめまで可愛かったかなぁ。

この場面転換の時にも、達ちゃんがまたもや落語の続きをするのが笑えました(;^^)ヘ.. 容赦なくそれを遮るかゞりさんがかっこ良く、ちょっとだけ飛び出す絵本が始まりました~。

このお話、なんか良い話やった~。思わずしみじみと人生について考えた(^^? 
そや、別に美人にならんかて、お金持ちにならんかて、びんぼーのままでも、みんなに愛されて過ごす人生がいいかもって思った。。しみじみよいお話でした。

終わったところで、あんまり熱弁をふるう達ちゃんに、途中で終わっていた落語の裏話を最後のオチまで聞いて、すっきり爽やか。心残りはなくなりました(;^^)ヘ..

山科創作劇のこまっちゃんやつつみんにも会えました。また、お芝居やりたいよう。。。
をんごをんごとお話するほのかちゃんにも会えたし、久々楽しかったです。

次回、読もう!とふたりの猫会議行きますからね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012-04-11

医療通訳研修

013_2昨日から、隔週で大阪で研修があります。

何の研修かと言えば、医療通訳研修。

去年の秋に名古屋に何度か通って、ワークショップやって試験を受けたのですが、大阪でも実践に即した研修があるということで、行って来ました。

普段やっている翻訳の分野が医療機器やら治験やら医療部門が多いのと、ガイドの仕事でもしお客さんが病気になって病院にかかることがあればということで、申し込んだのでした。

以前、アメリカ人の知り合いがお腹痛くて、子宮外妊娠かも?ということで病院に付いて行ったことがありました。通訳させてもらいましたが、手続きとか、支払いとか、結構大変だった覚えが…。

いやー、非常に勉強になりました。
医療通訳という部門は、まだ確立されてないようで、心構えとか非常に勉強になったかなぁ。
初めて、病院にかかるということを想定して、実践。。。

意外に簡単なことが言えなかったり、妙に悩んだり…。
痛みの単語で、どの部位が痛いか分かったりして、なかなかに面白かったです。

最後に、想定問答をやりました。。
いえ、みんなまじめな顔で、一生懸命、会話を訳しているんですけどね。

題材は、男性患者。。症状はというと、痔でした。。。(;^^)ヘ..


終わってから、大阪城に行って走って来ました。

梅に桃に桜に、とってもキレイでした~。桜は満開花盛り。

けど、広いわ。。。大阪城は広すぎ~。。

大阪城って、つくづくお堀が格好いい!周りのビル群の風景が変わるのもいい。
あと2ヶ月ほど、大阪を楽しみたいです。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012-04-09

齢○にして

知っている人は知っていると思うけど、いや、知っている人は知らない振りをしてくれていると思うけど、いや、すっかり私はアラフィフなんですよ~。

あ・ら・ふぃふ♪ 一応、公式年齢は38歳なんですが(爆)

若い頃は、アラフィフともなると、すっかり落ち着いて人生に迷うことなんかないって思っていた。。。

が、人生、いくつになっても迷いの連続。。。

若い頃はみょーに悟ってというか、斜に構えて、20歳を越えてまで生きていたくないなんて思ったけど、恋をして、もうちょっと生きてみようかなって思って、結婚して子供が出来たら、この子達が成人するまでは死ぬわけにはいかないと思って、そのうちドンドンたくましくなって行ったわけです。

まぁ、その間、いろんなことがあって、ほんま苦難の連続で、次の日の朝に生きて目が覚めるかと思ったような時もあったけど、まっ、喉元過ぎれば熱さを忘れる性格というか、過去を振り返らない性格というか、今はもう、そんなことも半分以上(←ここ重要)どーでもよくなってはおります。

離婚に至るころには、確実に、キャパはでかくなって、少々のことが起きても驚かないし、少々の事を聞いても驚かないし、まぁ、それが良いのか悪いのかなんですが。。。

人生に悩んでいる時に、散々自己分析してみたので、自分の良いところもダメなところも、分かっているつもりではあった。

が、やっぱりいくつになっても、自分の事は自分ではなかなか分からないもんやねぇ~。

最近ちょっとある事件がありました。一晩で大概のことは忘れてしまう私としては一週間以上引きずっていたので、中規模の事件です。

で、その事件について、友達に話をする訳です。
友達何人かには、ちょこちょこと経過を話していました。

ところが友達誰一人として、「それは残念やったなぁ」って言わないのです。。みんな、「良かったやん!!」「それは、良かったんやで!」。。えーーと、私としてはちょっと残念やってんけどイジイジ‥( ..)( __)イジイジ‥

それは、それで凹むっ。。

何のことか分からないと思いますが、まぁ、いくつになっても、あらふぃふになっても、自分の事は自分ではなかなか分からないもんやというお話でした(;^^)ヘ..

私のある方面のコンパスは少々狂っているらしい(;^^)ヘ.. 
特にある磁場がかかると、完全にグルグル回りっぱなし~~。

もつべきものは友やね。私の人生のコンパス(^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012-04-02

京街道マラニック

120401_131857JIJIPONさん主催の京街道マラニックに行って来ました。京街道とは大阪と京都、滋賀を結ぶ全長60km余りの旧街道。

大阪は北浜から始まり、枚方宿など宿場町を通り、宿場町には遊郭跡とか残っていて、それを巡りながら楽しく走りました。みんなは大阪の北浜から京都の墨染までの47km、私は、ふくらはぎが不安だったので枚方から参戦、27km走りました。

まずは、枚方公園付近で合流。合流予定場所に行こうとするけど、なぜか自動車専用道。無理無理走って、迷って、地元の人に聞いても説明しようがないと言われ、困惑。けど、とりあえず着きました。しばらく待って皆さまと合流。結構な大人数でした~。

待っている間にかーっと日が照ってきたので、待ち合わせのコンビニでインナーを脱いだら、急に曇って寒い。。途中、雨に降られたり、風にあおられたり、寒くなったり暑くなったり、なかなか大変でした。

そのまま枚方の旧青線跡へ。遊郭跡はほとんど残っていないものの、枚方宿は町並み保存に力入れているみたいで、キレイに整備されているところが沢山。かぎや資料館など、ゆっくり来てみてもいいかなぁって思いました。枚方市駅では、甘酒のふるまいがあって、めちゃ暖まる。麹から作った本格的甘酒。ほんまに美味しかった。

それからひたすら走って走って樟葉も越えて、橋本へ。橋本には遊郭があって、その風情がいっぱい残っていて、ノスタルジック満載。なかなか楽しい町でした。橋本は対岸の柳谷(高槻の柳谷不動尊)に渡る船着き場もあったらしい。それで遊郭が発展したのかな(^^? ここからは畑の中を走って、八幡へ。気持ち良い道でした。

八幡で何人か終了&ワープ、私たちは風にあおられながら、淀へ。

淀まで来ると、もう我が家って感じ。中書島回って、中書島の遊郭跡回って、寺田屋を見る。完全地元(^^; けど、疲れてきているにも関わらず、予定時間に間に合わせようと、ペースはどんどん上がっていく(^^;

そこから更に走って、橦木町の遊郭跡へ。ここは大石内蔵助が遊んだところ。そこから墨染駅まで行って終了。終了のはずですが、お風呂屋さんまでさらに1km。ちょっと心が挫けた(^^; 師団街道の旧近衛師団とかあった場所。その名も軍人湯というお風呂屋さんで最終27km走りました\(^O^)/

マラニックも楽しかったけど、それ以上に楽しかったのがその後の飲み会。いやー、楽しく笑わかせてもらいました。私は帰りましたが、みなさんは京橋で飲み直すそうです(;^^)ヘ..

今日、参加された方々、どうもありがとうございました!

マップはこちら。
http://www.pref.osaka.jp/doroseibi/kakusyusesaku/rekishikaidou.html#saigoku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »