« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012-09-15

アトムハートマザー

 淀にあるDDシアターに、劇団京芸の短期演劇塾の発表公演、「アトムハートマザー」を見に行ってきました。

 久々の観劇~。
 前回は、オムニバス調だったけど、なんというか出演者のお芝居をしたいという熱いエネルギーを感じたため、今回も見に行ってみようと出かけました。

 良かった~~!めっちゃ良かった!!

 まず脚本は、河口琢磨さんの書き下ろし(?)
 当て書きかなと思うほど、出演者のキャラにあっていたのですが、お話の展開が途中から、
 「おーー、こう来たか!」という感じ。
 私としては、足下をすくわれたかの衝撃がありました。

 今の日本に生きるということは、こういうことなのねということを、目の前で見せてもらったって感じです。

 いくらニュースを見ても(ニュースに載ってない情報もあるしね(;^^)ヘ..)、記事をたくさん読んでも、やっぱり肌で感じるには、ものすごい想像力を要する。

 それを目の前で演じられると、すっと自分のことのように感じられる。
 百の記事のより一つのお芝居。

 やっぱお芝居って凄いわ!

 演じる出演者の人たちもものすごく良かった!
 みんな、よく声が出てました。

 きちんと自分の役柄を演じ、言葉を受け渡して、人が描かれていて、みんな脚本の台詞以外のところで、「マイストーリー」を作って、自分のキャラのイメージを深め、積み上げてきたんやろうなということが分かって、ほんま、あーーいいなぁ、お芝居するっていいなぁ~って思ってしまいました。

 めちゃ、羨ましい(×_×;)

 まだ土曜日、日曜日あります。
 是非!淀までお出かけ下さいませ。

劇団京芸 短期演劇塾第3期生発表公演

アトムハートマザー

【日時】
9月
14日(金)19時
15日(土)14時/18時
16日(日)14時
※開場は開演の30分前。

【料金】
1,500円(前売・当日とも)

【場所】
D.D.シアター(劇団京芸稽古場)
http://goo.gl/maps/RyRyq
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012-09-12

時代は変わる

 昔、赤ちゃんは自宅で生まれ、お年寄りは自宅で亡くなっていた。
 いつのまにか、時代は、病院で赤ちゃんが生まれ、病院で死ぬ時代になっていた。

 そして、今、自宅で亡くなる時代になりつつある。。。らしい。

 7月から入院している父は、お陰様で、看護婦さんもビックリの奇跡的な回復を見せ、自分で歩けるようになりました(^^v もうダメかもという急変を二度、乗り越えて来ました。

 そして、もうすぐ自宅退院の見込み。といっても、ぶっちゃけの話、心不全の末期。本人のたっての希望で、自宅に帰りたいということで、自宅で最期を看取ることになりました。父は頭はしっかりしているので、自分の人生の最後どういう風に迎えたいかと、本人の尊厳を尊重しての、本人との、そして家族間でのぶっちゃけトークの結論です。

 ともかく家に帰って、カツカレーが食べたいらしい。自分がやっているブログもきちんと閉じたいらしい。

 といっても、食欲旺盛だし、自分で歩いてはりますけど。

 心不全は癌と違って、余命とかないらしく、ホスピスとかの適用外。ホスピスには入れてもらえません。亡くなる時は急変らしい。病院から出ると、モニター等もなく急変に対応できないので、それこそ、「天命に従う」ことになります。しばらくは胸水を抜いてもらいながら、後は寿命に任せることになりそう。自宅で看取ってくれる先生が京都に二人だけいるらしく、その先生に頼むことになりそうですが、いろいろ調整が大変です。

 母に、ほんまにそれでいいのかというのだけど、母は「あんなに病院に行くの嫌がってはるのに、後で、後悔したくない」とのこと。実家は修学院。私は伏見に住んでいるので、いくら急いで行っても1時間かかる。なかなか急変には対応できないけど、まぁ、なるようにしかならへんわね(;^^)ヘ..

 自宅帰ったら、多分、父はますます元気になるんやろうな。。
 穏やかに「天寿」を全うしてもらいたいです。
 
 といいつつ、私、レースいっぱいエントリーしてます(;^^)ヘ..
 
 村岡44km
 高島栗健康マラソンハーフ
 彦根10km
 神戸フルマラソン
 東京マラソン(抽選、当たる気がしないので度外視)
 名古屋ウィメンズ。
 
 どうなることやら(;^^)ヘ..
 けど、人生なるようにしか、ならへんわね。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »