« かっとび伊吹、初挑戦、完走! | トップページ | アトムハートマザー »

2012-09-12

時代は変わる

 昔、赤ちゃんは自宅で生まれ、お年寄りは自宅で亡くなっていた。
 いつのまにか、時代は、病院で赤ちゃんが生まれ、病院で死ぬ時代になっていた。

 そして、今、自宅で亡くなる時代になりつつある。。。らしい。

 7月から入院している父は、お陰様で、看護婦さんもビックリの奇跡的な回復を見せ、自分で歩けるようになりました(^^v もうダメかもという急変を二度、乗り越えて来ました。

 そして、もうすぐ自宅退院の見込み。といっても、ぶっちゃけの話、心不全の末期。本人のたっての希望で、自宅に帰りたいということで、自宅で最期を看取ることになりました。父は頭はしっかりしているので、自分の人生の最後どういう風に迎えたいかと、本人の尊厳を尊重しての、本人との、そして家族間でのぶっちゃけトークの結論です。

 ともかく家に帰って、カツカレーが食べたいらしい。自分がやっているブログもきちんと閉じたいらしい。

 といっても、食欲旺盛だし、自分で歩いてはりますけど。

 心不全は癌と違って、余命とかないらしく、ホスピスとかの適用外。ホスピスには入れてもらえません。亡くなる時は急変らしい。病院から出ると、モニター等もなく急変に対応できないので、それこそ、「天命に従う」ことになります。しばらくは胸水を抜いてもらいながら、後は寿命に任せることになりそう。自宅で看取ってくれる先生が京都に二人だけいるらしく、その先生に頼むことになりそうですが、いろいろ調整が大変です。

 母に、ほんまにそれでいいのかというのだけど、母は「あんなに病院に行くの嫌がってはるのに、後で、後悔したくない」とのこと。実家は修学院。私は伏見に住んでいるので、いくら急いで行っても1時間かかる。なかなか急変には対応できないけど、まぁ、なるようにしかならへんわね(;^^)ヘ..

 自宅帰ったら、多分、父はますます元気になるんやろうな。。
 穏やかに「天寿」を全うしてもらいたいです。
 
 といいつつ、私、レースいっぱいエントリーしてます(;^^)ヘ..
 
 村岡44km
 高島栗健康マラソンハーフ
 彦根10km
 神戸フルマラソン
 東京マラソン(抽選、当たる気がしないので度外視)
 名古屋ウィメンズ。
 
 どうなることやら(;^^)ヘ..
 けど、人生なるようにしか、ならへんわね。。。

|

« かっとび伊吹、初挑戦、完走! | トップページ | アトムハートマザー »

コメント

本筋ではなく、マラソンのとこに反応してごめんなさい~sweat01
私、高島栗マラソン(クォーター)と、彦根シティマラソン10キロ出ますpaper
彦根シティマラソンと言えば、私の初マラソン大会で、めぐむさんと出会った大会だよねup
またよろしくねheart04

投稿: ゆ~れこ | 2012-09-13 00:31

ゆ~れこさん、コメントありがとう~。
 本筋はスルーしてくれて大丈夫だよ~。楽しい話題ちゃうしsweat01

 膝、大丈夫?

 おお、高島栗と彦根、一緒なんや~!
 高島栗って、すごいキレイな並木道走るらしいし、栗もらえるみたいで楽しみです~。クオーターということは、10km?
 会場で会えるの楽しみにしていまーすhappy01

投稿: めぐむ | 2012-09-13 06:07

ただね・・・sweat01
今、参加してるランニングクラブのヒトに聞いたところだと、高島栗マラソンって、上がり下がりの坂があるらしい・・・sad
あ、めぐむさんはトレイルとか伊吹山駆けのぼったりしてるから大丈夫だねgood
私、基本的に平地ばかりだし~・・・sweat02。レイクサイドマラソンの湖州道路の橋んとこの上がり下がりだけでもヤだったからなぁwobbly
心配~weep

投稿: ゆ~れこ | 2012-09-13 19:40

ゆ~れこさん、
 坂、大丈夫、大丈夫(^^v
 張り切って上がると、しんどくて、酸欠になって手がしびれたりするから(私の場合)、ゆっくり上がったらいいねん。

 伊吹山は駆け上ってないよ(;^^)ヘ..歩いて登った(;^^)ヘ..
 

投稿: めぐむ | 2012-09-13 19:47

お久しぶりです。お父様、奇跡的な御回復でよかったですね。おうちに帰られることができてなによりです。
これから介護でお母様もめぐむさんも大変と思いますが、乗り切ってくださいね。
私の父も8月に熱中症で緊急入院し今も入院中です。父はめぐむさんのお父様と違ってリハビリもいやがり、とうとう寝たきりになっております。
でも家に帰りたいと申すので、そのうち家に帰ってくることになると思います。父も心臓が悪くて慢性の心不全だそうです。
とにかく人に身体をさわられるのがきらいで看護婦さんにも暴言をはき、家族は小さくなっています。
人は生きてきたように死んでいくとはよくいったもので、あんなに性格が悪かったのかと(多少はボケていても)感じ、その血を受け継いだわが身を呪っている今日この頃です。
久しぶりなのに愚痴ってしまいました。ごめんね。
更年期も重なり今は私が心療内科通いしています。父の介護に始まって自分の人生の総括してるみたいな感じです。
でもめぐむさんのブログを拝見するたびそのパワーに圧倒されます。めぐむさんも大変な時期を乗り越えられて今があるのね。
と思うと、私もあきらめないで進んでいこうと元気づけられます。
これからもブログを楽しみにしています。文章力もさすがだわ。

投稿: 青菜 | 2012-10-14 22:32

青葉さん、

 コメントありがとう~。
 いやー、青葉さんの気持ちが痛いほど分かるので、なんか思わずうるうるしてしまいました。
 
 父は前向きな人ではあるのだけど、それでも思うようにならない事が多くなるに連れて、怒るわふさぎ込むわは同じですよ。うちは、母が(あの年代の人はみんなそうみたいだけど)、他人が家に入って来るのをものすごく嫌がるので、毎日、お医者さんや看護士さんやヘルパーさんが来る生活がものすごくストレスみたいで、何かと大変です。
 
 あの年代の人って、他人の世話になるのを嫌がるようで、それはみんな共通みたい。ケアマネさんの話を聞いていると、「他人の世話を拒絶した孤立化を防ぐ」という項目があるようなので、当人がもう構わないでくれ!!って言うのはある程度は想定内、あんまり気にしなくても良いのかも~。

 まぁ、なるようにしかならないです(;^^)ヘ..

 私はブログは自分への記録のために書いているところがあるので、そんな元気づけられるって言ってもらえると嬉しいです。
 私たちの年代って、みんな親の介護とか抱え始めていて、みんな悪戦苦闘している人が多いですね。
 うまく、気分転換しながら、なんとか乗り切って行こうね!

投稿: めぐむ | 2012-10-15 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/55642303

この記事へのトラックバック一覧です: 時代は変わる:

« かっとび伊吹、初挑戦、完走! | トップページ | アトムハートマザー »