« 哀 | トップページ | 高島栗マラソン »

2012-10-23

不思議なこと

Img_1022r驚くような不思議なことがありました。

バタバタと葬儀が終わった日曜日、三日ぶりに郵便箱を開くと、なんと父からの手紙がありました。もうびっくりして手が震えて、中を読んでみると、なんと10年前に明治村に行った時に、10年後に届く手紙を書いていたのです。明治村の消印が18日、なんと命日に家に届いていたことになります!

突然のことお別れも言えなくてそれが心残りで、いえ、晩年は息がしんどくて長い会話もできなかったので、それが寂しかったのですが、それを見透かしたような手紙。もう泣けて泣けて、心憎いことをする父です。

後から思えば、そういえば10年後に届く手紙がどーのこーのと言っていたような気もするのですが、私はすっかり忘れていて、けど、父のことだから、これを狙っていたのかもしれません(;^^)ヘ..


|

« 哀 | トップページ | 高島栗マラソン »

コメント

すごい。
すごすぎです。そんなこともあるんですね~~~。

心残りは、どうしてもやっぱりあります。私なんて、小さなことですが、祖母に「風呂に入れてや」って頼まれてて、8月の真夏で、介助で風呂に入るのしんどかったし、「また今度」って言っている間に、、、、だったんですよね…。せめてもう一回くらい入れてあげればよかった。

投稿: pega | 2012-10-23 23:11

pegaさん、

 ほんまびっくりでしょう~。

 心残りは、みんなあるんでしょうね。退院して一ヶ月経ってなかったし、弱ってはいても普通に生活していたので、完璧油断してました(;^^)ヘ.. ずっと看ていた母には多分心残りはないだろうと思うのが、ちょっと慰めです。

投稿: めぐむ | 2012-10-24 06:35

こういうことってあるんだなとただただびっくりです。
めぐむさんの記事を読んでいて無意識に涙が出てついには号泣してしまいました。

予知にしては長い期間。お父様の狙いなのか、神様の悪戯なのか、不思議でステキな出来事だと思います。なんかすごい感動しちゃった。

投稿: りん | 2012-10-24 16:45

りんちゃん、

 もしPCでみれるんだったら、手紙クリックしたら大きくなるから、良かったら読んで~。も一つ、号泣できるで~(;^^)ヘ..

 同じ手紙が、母のところにも弟のところにも、もちろん本人のところにも来ていて、一番喜んだのは、もちろん母です。朝に夕に、読んでは泣いているみたいです。
 とはいっても、やっぱり寂しいわ~(×_×;)

投稿: めぐむ | 2012-10-24 19:48

あかん...ディスプレイが滲むで。
うちの両親には到底無理な技です。。

投稿: painappuri | 2012-10-25 19:27

painappuriさん、

 いやー、私にも無理やわ(;^^)ヘ..
 考えれば考えるほど不思議で、でも、この手紙のお陰で随分と元気になりました。
 ありがたいことです~。

投稿: めぐむ | 2012-10-25 21:37

いつか読んだ「西の魔女が死んだ」を思い出した。

狙ってできることじゃなかろうけど、
一番に喜んだのは案外、当人かもよ・・。
いや、当人も忘れてたくちかな。
私も狙います。主の平和

投稿: ぎかく | 2012-10-26 16:15

ぎかくさん、

 西の魔女が死んだって、私も読みました!そんなエピソードありましたっけ。女の子とおばぁちゃんの話ですよね。

 多分、当人はめちゃめちゃ喜んでいると思います。
 してやったりの顔で、呵々大笑って感じ。。
 
 母は毎日読んでは感激して泣いているみたいです。
 けど、この手紙のお陰で、私も弟も、かなり元気になりました。

 ぎかくさんも、狙って下さい!
 
 

投稿: めぐむ | 2012-10-26 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/55953210

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なこと:

« 哀 | トップページ | 高島栗マラソン »