« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012-12-22

星の息子-燐光群

久々に伊丹に、大好きな燐光群のお芝居「星の息子」を見に行って来ました。

題名だけ見たら、ファンタジーなお話かと思えば(^^;(私は事前のちらしとか一切見ない主義なので)、そんなはずもなく(;^^)ヘ.. 

相変わらず熱い芝居。。相変わらず台詞多いし、情報多いし、けど、今回はまだ付いていけました。。途中ちょっと意識は飛んだけど(^^;、それでもすぐに引き戻された、あっという間の2時間半でした。

沖縄のオスプレイ配備に、原発と、なんと60年安保が一つの線で繋がり、私としては歴史を整理をされている感じ。60年安保って、まだ生まれてなかったけど、日米安保と沖縄とがセットになった闘争だったんだと改めて認識。

東京で実際に最近あった原発反対のデモは、20万人も動員されながら結局あんまり報道されず。。静かな統率されたデモだったらしいけど、それでもしないよりずっといいですもんね。

渡辺美佐子さんが、ほんと良い味を出していました。あの機関銃のようなテンポの良い台詞群の中で、ほっとテンポを崩してくれる、ほっとさせる台詞回し。。とっても良かったです。あと、脳性麻痺の役をした樋尾麻衣子さんの熱演がすごい。

最近の燐光群のお芝居の中では、私的には上位ランクインでした~。

最後になるにつれて、ドンドンとヒートアップ。さすがにじーんときてしまいました。
後ろの、多分団塊の世代のおっちゃんは、泣いてはりました。
あの時代を同時代で生きていたら、やはりいろんな感慨があるんでしょうね。。私は、まだ歴史の一こまをみている感じでしたが、さらに若い世代はどういう感想を持つのか興味があります。

惜しむらくはというより、今後の期待としては、今回のお芝居は、あくまで現実、現状を訴えている感じ。現状の枠組みから出ていない感じなのですが、さらにイマジネーションあるいはファンタジーで、現実の壁をがーーんと打ち破って、なーーるほどという世界観が作れたら、もっと面白くなるかなぁって思いました。

観劇後は、例によって、労演のみんなで駅前で飲み~。芝居見て飲むのは久々だったので、やっぱり楽しかったです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-12-19

くにこ

少し前のことになりますが、京都労演の例会で、文学座の「くにこ」を見ました~。

 「くにこ」というのは、向田邦子さんの生涯を描いたお芝居。いやー、面白かったです~。脚本が良いのでしょうね~。演出も良かった~。おばーちゃんが、棺桶から出てくるところなんて最高! いっぱい笑って、久々に舞台みて、なんだかほっとしました。

 くにこ役の栗田桃子さん、実は蟹江敬三さんの娘さんらしい。私、大好きやってん、蟹江敬三さん!
 三姉妹の、妹たちも面白くて、もちろん、角野卓造さんはすばらしいし、女優陣がみんなとっても良くて、なかなかに楽しめました。なんか安心して見てられるのは、文学座だから?

 向田邦子さんの作品、時間ですよ!も、寺内貫太郎一家も、阿修羅のごとくも見ていたはずだけど、細かなところまでは覚えていない、、のが残念。。またやってくれないかなぁ。やっぱりテレビドラマは時代の花なのかしら。。

 鹿児島、高松、東京のエピソード。。それぞれに良かったです。私も小さい頃父の仕事の関係で、引っ越しが多かったので、うんうんって思いました。。

 次回例会は、メアリー・スチュアート、なんと栗原小巻さんと樫山文枝さんの競演です!

 そうそう、次回例会に向けてイギリスについて調べたこと、また書かなくっちゃ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-12-10

奈良マラソン-自己ベスト更新しました

Img_1200奈良マラソン、4時間34分36秒で、自己ベストを5分更新しました!ただし、サブ4.5はお預け。

30kmから頑張れた。35kmからは頑張った…40kmからはぜーはースパートかけて、鴻池運動競技場までの坂も駆け上がった!
神戸マラソンと同じテツはふまなかったよー。

神戸マラソンで突っ込みすぎて両足攣って撃沈したトラウマか、しばらくはフルの事考えたら登校拒否の小学生みたいな気分になって、ほんまに正直、どういう風に走っていいか分かりませんでした。
ともかく「ぜんざい」と「三輪そうめん」完食が目標!もう絶対に突っ込まない、足が攣らないように、できたらせめてキロ6分半で走りたいとか思ってました(これはある理由で無理だった)。

前日のEXPOのサロメチールのブースで、事前に筋肉を温めるというゼリーを勧められ、思わず購入(^^;テーピングもばっちし。朝から、脹ら脛と太腿にゼリーを塗る。ついでに、筋肉のないお腹と背中にも塗る(;^^)ヘ.. 足の効果は分からなかったけど、ともかくお腹と背中はぽかぽか。背中にはカイロ貼っていたので、ぽかぽかというよりカッカしてました。

2日間走ってなかったので、一応、補助運動場を二周して身体を温める。レインボーアフロのななみ父さんを見つけご挨拶。並んでるところでデコさんやたいほんくんに会ってエール交換。

当日はうっすら雪が積もっていて寒い。。ビニール袋被っても寒くトイレに3回行って、これで絶対大丈夫と思って並ぶものの、スタートまでにもうトイレに行きたくなる。スタート地点までにトイレがあり、そこに行こうかと思ったけど時既に遅し(そこで行ければネットタイムには含まれないから良かったのだけど)

号砲!有森さんが「最初坂道下りですからね~。速くなったって勘違いしたらダメですよ~」というのに笑う。ばっちし手を振ってスタート。ゆるゆるスタート。人が多くてなかなか前に進まない、けど、全然焦らない。ゆっくりゆっくり。寒いのに沿道にいっぱいの応援でビックリ。

平城京へ行く道路に出たところで、WindRunのぱむちゃん発見してテンション上がる。移動応援してるからとメールくれてました。と、そこにトイレが!誰も並んでないやん!ということで、トイレに行く。ほとんどロスなし、めっちゃ安心(^^v 出てきてもまだゆるゆるで走っているので、ちょっと走ると、以前回りにいた人たちにすぐ追いついた。

奈良は応援がすごい。平城京の朱雀門のあたりでも太鼓で応援。ええなぁ。テンションが上がる。

折り返しで箱さんに声を掛けられる。ここらへん、ものすごーーくゆっくり走っているつもりなのに、ガーミンさまは5分台(゜◇゜)ガーン そうか!坂道下りだからだ!って折り返して少し登りになっても6分0秒!おかしい!ガーミン壊れてると心底思った。

身体が温まって来たのでビニール袋を脱ぐ。捨てずにたたんで持っていたのが、後で役に立ちました。早めに塩飴もなめる。すると、目の前に有森さん!ハイタッチしてもらって幸せ。

大仏殿の方に行く坂道のかなりきつい上り。ここでようやく6分20秒。。よしよし(?)速いやん(?)というか、結局坂道多いので、1kmごとのラップ見てても仕方ないということが判明。大まかに5kmで見て、あまり気にしないことにする(;^^)ヘ..

12kmあたりで、後ろに大根の仮装の人がいるのか、「だいこんガンバレ、大根!」と大人気。良いなぁ~。そうだ!私も大根になろう!私は大根だと言い聞かせて元気をもらう。が、大根は意外に速い(^^;14km当たりで抜かれてしまいました。

15kmまでのゆるい下り道は、一転、上り道へ。バナナとチョコ食べると元気が出て、意外に坂道が走れるのが不思議。村岡のTシャツ着ていたのだけど、なんかこのTシャツまるで代紋背負っているみたいで、なんか頑張れるんだな。。と、一番坂のきついところで、なにやら大音響!?「こんな夜におまえに乗れないなんて」--!!」ん?かのゆーめいないまわのきよしろー、良いところにいるね!有名な今の葉狂志郎に会えて、テンション上がった~。

いよいよ天理への山越え。ここらあたりで曇って来て急に寒くなる。なんと雪までちらつき始め、腕がキンキンに冷えて痛い。特に跨線橋は風がピューピュー。ビニール袋を出して着る。良かった~ビニール袋捨てなくて~。

ここらあたりから折り返しで帰って来た人たちとずっとすれ違う。一生懸命探すけど、分かったのは虹色アフロのななみ父さんだけでした。やっぱ目立つ仮装はスゴイ威力。

天理の町をグルグル回り、身体が冷え切って寒いところで、なんと「ぜんざい」の振る舞い!ブラバンの演奏もあって、熱いぜんざいが本当に身体に染み渡って元気になる!

が、そこからまた山越え。あそこまで行けば歩ける!とほんまは歩く積もり満載だったけど、結局ほとんど歩かずほぼ完走。。けど、寒い。また雪や!と、跨線橋の一番寒いところで、私設エイド!ご飯に豚汁入れた振る舞い。ほんまに熱くて暖かくて元気がでました。

この坂のところでも、寒いのに太鼓の応援。ほんま有り難かったです。

ちょうど山のてっぺんに「マッサージのエイド」エアサロンパスも振って、奥では寝転んでマッサージしてもらってる。えーー?、神戸で欲しかったよう。いいなぁ。けど今日は大丈夫。
ここで村岡で一緒だった太田さんに声かけられる。突っ込みすぎて足攣って撃沈だそうだ。ちょっと話した後、ゴメンねと先に行かせてもらう。

ここからは気持ち良い下りや~。頑張って上がったら、気持ち良い下りが待っているんや~。足は大丈夫や!下れる下れる!下りの途中で、また今の葉狂志郎にあって、めちゃハイタッチして、ご機嫌で走る。30km過ぎたけど、まだ足はある大丈夫!

35kmからは小さな上がり下がりがぼこぼこ。意外に堪えるけど、試走していたお陰か、あの丘を越えよう、次のあの丘を越えようと頑張る。ちょうど辛いところで、またWindRunのぱむちゃんご一行に三度目の遭遇。元気をもらう。。コンビニ前のすごい傾斜の丘だけは歩きました(私の中では歩く傾斜なので(;^^)ヘ..)

行きでも見かけたけど、なんと神戸マラソンでご一緒した、大きな楽器をかついで走るレオさんが沿道で応援してくれはります!声を掛けると、ガンバレと応援してくれる。ずっと寒い中演奏し続けているのに感動!

40km過ぎると奈良公園。奈良に近づいても、実は小さな坂がぼこぼこある。けど、市内になると賑やかになって来て元気が出て来る。T屋さんが仕事で奈良に来ていて応援するって言ってくれていて、ちょうど県庁の横で、向こうから見つけてもらえて、わーーとご挨拶。良かった~見つかって~。ホッとした。

40km過ぎたところで、スパート。私がスパートすると同時にスパートしたおねーさんがすぐ横を追いかけて来る。別に競争しているつもりではないけど、あなたもガンバるんなら私も頑張る!と走る、結構ゼーハー言って走る。母校の横を走り抜け、体育館が相変わらず同じなのを横目で見て、鴻池運動公園までの坂道。。長い。。けど、走る。

奈良ではゼッケンに呼んでもらいたい名前を書いておく。「めぐむ」と書いていたら、結構、名前を呼んでくれた。めぐちゃーんとか、めぐむガンバレ!って、坂道一生懸命上がっていると、いっぱい声を掛けてもらえました。これほんま元気に出るわ。ありがとう!坂道ガンバって走る。

運動競技場に入ってからもスパート。最後の100mは全力疾走。。
ゴール。え?グロスで39分!?やった!完全自己ベストやん!!

5kmごとのラップ
0-5km  32分04秒
5-10km  30分58秒
10-15km 30分34秒
15-20km 33分39秒
20-25km 31分12秒
25-30km 37分26秒
30-35km 33分02秒
35-40km 32分26秒
40-42km 13分15秒
ぐふっ、なかなか良い感じやん!

1kmごとのラップ
1 6:32 スタートゆるゆる
2 6:13
3 6:46 トイレ
4 5:55
5 5:55 折り返しガーミンさまは壊れていると思う
6 5:59
7 6:02
8 6:11
9 6:20 坂がきつくなる
10 6:21 大仏殿前
11 6:01 ここからゆるゆる下り道
12 6:01
13 5:59
14 6:07
15 6:23
16 6:18 一転坂道上り
17 7:33 ここから山越えがんばれ
18 6:36 今の葉狂志郎
19 6:47 がんばれ
20 6:14 白川大橋、ふきっさらし雪
21 5:59
22 5:52 天理市内へ
23 6:14
24 6:24
25 6:14 市役所前折り返し
26 8:32 ぜんざい!
27 6:39
28 6:11
29 7:16 白川大橋寒い!豚汁
30 8:15 三輪そうめん、冷たい(×_×;)
31 6:38
32 7:55 最後の山越えがんばれ
33 5:35
34 6:46
35 5:44 ここらあたりから小さいぼこぼこ丘
36 6:33
37 6:55
38 6:36 大仏殿までの坂がんばれ
39 6:27
40 6:06 あと2kmや
41 5:38 スパート!
42 6:12 坂もガンバって走る。
43 5:51

 どうも、坂道を見ると萌えるタイプのようです(;^^)ヘ..
 奈良の応援がとってもたくさんでいっぱい元気をもらいました!
 ぜんざいやらそうめんやら、あと私設エイドもいっぱいあって、結局ゼリーを補給しなくても済みました。
 
 ゴール後は、着替えの体育館で、途中で出会ったていくおふさんに再会。それから、村岡に一緒にいった太田さんと箱さんと、お風呂に一緒に行って、そのまま私は、桂川の忘年会へ。

 楽しい1日が終わりましたo(^o^)o

 足が攣らなかったのは、坂道の上りと下りと平坦と、違う筋肉を使うからだったのかなぁって思います。あと、ゆるゆるスタート、筋肉温めるゼリー&テーピングかなぁ~。けど、本当のところはよう分かりません(^^;

 しばらくフル走らないでいいと思うと、めっちゃ幸せです。
http://connect.garmin.com/activity/250702224

Img_1198


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012-12-03

ゲキトウ!畠山小中学校

去年まで3年連続して出演していた、山科醍醐こどもの創作劇。
その公演を見に行ってきました。

私が行ったのは初日!
どんなんかなぁ。o(^-^)o ワクワクドキドキ。

舞台、去年出演したときは島になっていて三面客席。今回は普通の舞台で、大きな島二つと小さな島一つ。こんなに大きかったっけって思いました。

お話は、畠山小中学校の小学生と中学生が劇を作るというお話。お話の中で、宮沢賢治の雪わたりという劇中劇が演じられます。

わーー、みんな大きな声が出るようになったなぁ!去年ほんまに小さな声しか出なかった子が大きな声で話しているのに感動!今回は、声が聞こえなくて、台詞が分からないってことは一切ありませんでした。スゴイことです!

さすがに初日。ちょっと固くなっているのか、最初はとってもテンポというか間が悪いのだけど、段々とお話に引き込まれて行きます。出来れば二日目も見たかったけど、ちょうど父の四十九日の法要と重なって無理でした。きっと、1回ごとに成長しているハズだから、見れなくて残念。。

一番感動したのは、宮沢賢治お話の台詞を、中学生たちがとっても上手にしゃべっていたこと。テンポも滑舌も申し分なくて、「けだし」とか難しい言葉なのに、とってもよく分かりました~♪ ほんまみんな頑張ったんやね!

途中うるうるするところもあって、とても楽しめました。二つの島が一つになるところなど、演出にもふむって思ったかも~。お話と劇中劇が、うまく絡み合っていて、なかなか上手くできていたなぁと感心! 

ただ、子供たち頑張っているので、大人もうちょっと頑張って欲しかったかな(;^^)ヘ.. セッキー、相変わらず大事なところでカミカミなのに笑った。。

この山科醍醐こどもの創作劇ももう五回目!お話としては、段々現実に近づいているみたいです。
私としては、最初に出演した未来に行く話とか、二番目に出た人間が動物になる話とか、突拍子もない話が、どうなるんだろうってハラハラドキドキして、また子供たちの突拍子もない発想が発揮されて、面白かったかもなぁ(突拍子もなかったけど(;^^)ヘ..)。

出演された皆さま、スタッフの皆さま、ほんま楽しかったです。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »