« くにこ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2012-12-22

星の息子-燐光群

久々に伊丹に、大好きな燐光群のお芝居「星の息子」を見に行って来ました。

題名だけ見たら、ファンタジーなお話かと思えば(^^;(私は事前のちらしとか一切見ない主義なので)、そんなはずもなく(;^^)ヘ.. 

相変わらず熱い芝居。。相変わらず台詞多いし、情報多いし、けど、今回はまだ付いていけました。。途中ちょっと意識は飛んだけど(^^;、それでもすぐに引き戻された、あっという間の2時間半でした。

沖縄のオスプレイ配備に、原発と、なんと60年安保が一つの線で繋がり、私としては歴史を整理をされている感じ。60年安保って、まだ生まれてなかったけど、日米安保と沖縄とがセットになった闘争だったんだと改めて認識。

東京で実際に最近あった原発反対のデモは、20万人も動員されながら結局あんまり報道されず。。静かな統率されたデモだったらしいけど、それでもしないよりずっといいですもんね。

渡辺美佐子さんが、ほんと良い味を出していました。あの機関銃のようなテンポの良い台詞群の中で、ほっとテンポを崩してくれる、ほっとさせる台詞回し。。とっても良かったです。あと、脳性麻痺の役をした樋尾麻衣子さんの熱演がすごい。

最近の燐光群のお芝居の中では、私的には上位ランクインでした~。

最後になるにつれて、ドンドンとヒートアップ。さすがにじーんときてしまいました。
後ろの、多分団塊の世代のおっちゃんは、泣いてはりました。
あの時代を同時代で生きていたら、やはりいろんな感慨があるんでしょうね。。私は、まだ歴史の一こまをみている感じでしたが、さらに若い世代はどういう感想を持つのか興味があります。

惜しむらくはというより、今後の期待としては、今回のお芝居は、あくまで現実、現状を訴えている感じ。現状の枠組みから出ていない感じなのですが、さらにイマジネーションあるいはファンタジーで、現実の壁をがーーんと打ち破って、なーーるほどという世界観が作れたら、もっと面白くなるかなぁって思いました。

観劇後は、例によって、労演のみんなで駅前で飲み~。芝居見て飲むのは久々だったので、やっぱり楽しかったです~。

|

« くにこ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/56372738

この記事へのトラックバック一覧です: 星の息子-燐光群:

« くにこ | トップページ | 明けましておめでとうございます »