« 天使のかいかた、と、読もう!声にだして(事件) | トップページ | 天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(当日編) »

2013-04-15

天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(前日編)

滋賀県の奥琵琶湖、余呉湖であった天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70kmに行って来ました!

まずは、前泊すべく、仕事を送ってから用意をして出発。
目指すは、小市の方のいた浅井長政の小谷城!

小谷城は、北陸本線河毛駅から東にあります。
お昼前に家を出たので、河毛の駅でお昼を食べようと思っていたのに、河毛の駅は無人駅。食堂もコンビニも何もない(×_×;) えええ?大河ドラマできっと観光客が多いから何かあるに違いないと思ったけど、当てが外れた(;^^)ヘ..

駅を降りて、ぼーぜんとしていると、おじちゃんに声を掛けられる。
どこへ行くんや?小谷城です~。というと、あれが小谷城や、こっちおいで~、ここからやとよう見える。あれが、織田信長の本陣、こちらが出城。。と聞かれもしないのに説明してくれる。おっちゃん優しい~。ついでに、コミュニティバスの案内までしてくれました。

ロッカーに荷物をいれて、コミュニティバスへ。
コミュニティバスのおじちゃんに、小谷城行くんや~っていうと、地図を出して、どこでバスを降りてどう歩いたらいいか教えてくれました。ついでに、お昼食べるとこないって言うと、コンビニの横で下ろしてくれて、くるっと回って、また拾ってくれました。おっちゃん、めっちゃ優しい~~。

さて、小谷城。。資料館や。ふと遠くを見ると、伊吹山は真っ白。
写真の遠くにあるのが資料館で、後ろが小谷城のある山。

Img_1907

資料館をくるっと見てから、小谷城へ。小谷城は山城、織田信長に攻め滅ぼされて、焼けてしまい城は残っていないが、城の土台(縄張りという)がキレイに残っている。概略図はこれ、右の尾根筋にある曲輪をずっと登って、六坊という昔6つのお寺のあった場所から、谷筋を降りてくる。六坊から頂上の大獄まで行くこともできる。

Img_1872

おじちゃんに教えてもらった、近道から追手道へ行く。
Img_1864

小谷城はお城の設計図が残っているので、どこに何があったかが分かるという。
なにもない平地だけど、山を削り、ここに番所があったのです。

Img_1873

気持ちのよいトレイルです。

Img_1880

そして大広間からの眺め。
あれが鳰の海。お市の方が見た小谷城からの眺め。お茶々、お初、お江の美人三姉妹が見た琵琶湖。

Img_1881

大広間のすぐ背後に本丸があります。
これは、本丸から大広間を見た様子。

Img_1889

こうなっています。

Img_1888

本丸を過ぎて、気持ち良い山道をドンドン登るが、誰もいない(×_×;)
怖い(×_×;)

大堀切りという、本丸を孤立させる掘りが切ってあるのはスゴイです。

Img_1892

この後、山王丸を通って六坊に行くのだけど、山王丸から六坊へ行く道が、スゴイ崖(×_×;)
えーーー、この崖降りるの??落ちたら死ぬやんな~な勢いの崖。
しばらく躊躇するけど、意を決して降りる。
六坊で、突然、時雨。。雨が降って来たので、頂上の大獄に行くのはやめて、谷筋をどんどん降りる。
だだーと降りると、あっという間に元の資料館へ。

ちょうど1時間半。。頂上までは標高495mです。
ちょうど降りてきたら、コミュニティバスの時間。。バスに乗って、いよいよ余呉へ。

余呉駅に降り立つと、これまた何も無い(×_×;)
結局、朝からまともなもの食べてない(×_×;)

駅のおばちゃんに聞いて、宿まで4km歩くことに。。宿では晩ご飯を頼んでいなかったのです。
どうやら、途中にレストランがあるらしい。
畑の中を歩いていると、寒風が吹いて寒い。
まるで北国の雰囲気(×_×;)
4時半頃にレストランで、ようやくご飯にありつく。。ウナギ定食、美味しかった~~。
それから、またとぼとぼと歩く。。
アラレが降ってきた。寒い(×_×;)
明日はどうなることやら。。

|

« 天使のかいかた、と、読もう!声にだして(事件) | トップページ | 天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(当日編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/57179635

この記事へのトラックバック一覧です: 天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(前日編):

« 天使のかいかた、と、読もう!声にだして(事件) | トップページ | 天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(当日編) »