« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013-04-28

神待ち

淀のDDシアターに、Neo-Spirit の新作「神待ち」を見てきました。

うーーーん。難しい~。

3.11以後の、きっと津波で町を流され、放射能で帰村を拒まれた人たちのお話のようだ。
死者を待つ人、現実を追う人、思い出を探す人。現実を直視出来ない人、何かを期待する人、何も期待しない人。
一瞬で日常を失う残酷さと、なんでもない日常のなんという貴重さ(先日のお芝居の「わが町」と重なって、ちょっとうるっと来た)。

全てが無くなった村に対して、何もできないおかみ、「心」という曖昧なものを届けるおかみ。そして、大量の「紙」を届けるおかみ。

帰りに、pegaさんの子供さんが「神待ち」って「紙」を待ってたんと言ったけど、あながち外れではないみたい。

神(奇跡)を待ち、お上を待ち、紙(お札)を待つ。。そうであれば、ものすごくシュールで、ものすごいアイロニー。

私は現場には行ってないし、そこで生きているわけではないから、よく分からないのだけど、東北の友達の毎日をfacebookとかで見ていると、もう少し能動的な気がする。。人によるのかもしれないけど、手をこまねいてどうしていいのか、どう扱っていいのか分からないのは、回りで見ている私たちであって、当の本人はもう歩き出しているような気もするんだが。。。

別役実の不条理劇のようにも見えるけど、なんか違う。。会話がかみ合いそうで、ちっともかみ合わない。
うう、良い感じなんだけどなぁ、なんなんだろう、あと一息って感じ(;^^)ヘ..

四面客席!!面白い試みでした、あちこち見えるようにという工夫もちょっとは見られましたが、お願いです、そこでずっと棒立ちするのやめて欲しいかなぁ(^^; いえ、決して棒立ちではないと思うんですが、なんせ、ずっとそこに立たれたら、何が起こっているのかさっぱり見えません(;^^)ヘ..かなりのストレスでした(;^^)ヘ..

言いたいことが分かりそうで、分からなさそうで、指の間をすり抜けていく。。
もどかしかったです~。

神は細部に宿る。。らしい。
ずっと丁寧に丁寧にままごとの(?現実の?)ご飯を作って、お茶碗洗って片付けていた若い娘(名前分かりません(;^^)ヘ..)が、リアルでした。

で、面白くなかったかというと、決してそんなことはありません。
80分間のお芝居、緊張感が溢れていて、結局、息もつかずに一気に見てしまいましたもん。
単純明快なだけがお芝居じゃない。。
こういう何だったんだろうって一週間ぐらい考えるお芝居は貴重です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽劇 わが町

 労演の例会は、俳優座劇場の「音楽劇 わが町」でした。

 アメリカの東海岸ニューハンプシャーの架空の町、グローバーズ・コーナーズのお話。まだ、馬車が主流の時代、自動車が出始めた、20世紀初頭、日本でいえば、明治の終わりから大正時代のお話。

 ソーントン・ワイルダーの古典的な作品らしい。。ピアノ一台での音楽劇。歌がとってもステキ!
みんな歌が上手で、特に、土屋裕子さんの歌声が良かった~。
 舞台装置がシンプルで、何もないのに、まるでそこにちゃんと台所とかがあるように演技しているので、つい手許をみてしまいました。


 まだ人の人生がそれほど複雑ではなかった時代のお話。
 今のように多くの選択肢があるわけではなく、人は生まれて恋をして結婚して死んでいく。

 久々の三幕もの。一幕は、淡々とというか長々とほんとなんということもない日常生活を描く。ちょっと退屈のような、このままこれで終わるの(?)って思わせるけど、これがミソなんだろうな。なんということもない、記憶にも残らない、何をしてたっけ、何を話したっけっという日常生活が実はどれほど貴重なのか。。それは、後にならないと分からない。

 二幕は、主人公の二人が恋に落ちるくだり。。アイスクリームソーダ♪ 甘酸っぱい恋のお話
 そして、三幕は、、、、想像通り、人生の死。
 まぁ、よう泣かせてもらいました。

 娘もそのうちお嫁にいくしなぁ~。今の内に、毎日を大切に送らなくっちゃねとか。
 
 人生は二人ずつで生きるのがいい。一人は何か不自然♪というメロディーが耳について離れず。
 物語がボディーブローのように効いて、自分の人生について考えたまま、ちょっと立ち直りきらないかも。。

 あっ、蛇足かもしれませんが、三幕で亡くなった人がお墓でじっと待っている姿。
 あれは、キリスト教的には、キリストの再臨まで待っている図なのかな。クリスチャンの私とすれば、別に、あそこでずっと待っていなくても、天国で自由に暮らしたらいいと思うけど、ソーントンさんの解釈としてはそうなんでしょうね。クリスチャンの中には、再臨までじっと待っているのもいやと思う人がいて、フィリップ・ブルマンの「ライラの冒険」のような「天国への反乱(?)」が生まれる土壌はここにあったんかなぁって、ちらっと思いました。

 もちろん、「わが町」を見下ろす丘の上から、子孫たちの営みを見守っているという図式が、普通の解釈の仕方だと思います。。
 
 シンプルなものの中に真実が込められているような、 しみじみ、良い舞台でした~。

 あっ、初日の開演前の陰マイクしましたが、完璧ですねって褒められました(^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-24

カタクリ&筍マラニック

2013__4_22_12_46_2
先日のことですが、まりもさん主催、筍とカタクリマラニックに行って来ました!総勢11名。

 ウルトラ70kmあけで、ほんとは西山団地から途中合流しようかと思ったけど、バスが無いので、結局走りました~。

 途中、足が無いー、太腿がパンパンやーとか言いながらも楽しく走れました。(^^v 沓掛からのロードの登りは当然歩き(;^^)ヘ..コバヤンとみわっちさんが駆けっこしていかはりました。どっちが勝ったのかは不明。途中からはトレイル。試走の時は、大暑山山頂行ったのですが、今回はパス。

 小塩山(642m)のカタクリは少し盛りを過ぎたらしいけど十分綺麗。斜面いっぱいに、カタクリの群生。一面カタクリでした~。なんか繊細な花やわ~。おじちゃんの解説付き。カタクリの保護区について、いろいろお話を聞き、カタクリの花に隠れた「代紋」もみて、また二輪草もなんとかスミレも見ました。

Img_1967

 この保護区、実は子供たちが幼稚園の時に、友達に連れて来てもらいました。その時は、当然ながら車でほぼ山頂まで~。山の雰囲気はちっとも変わってませんが、今回は自分の足で上がりました。例年なら、4月20日頃が最盛期だそうですが、今年は少し早かったみたいです~。

 小塩山からの下りのトレイルは楽しく走れました~。先日、試走に行った時は、かなりの急坂を下って、2回ぐらいもういやや~~と叫びましたが、今回は、オーソドックスな天皇陵道。気持ち良く走れました(けど、太腿パンパン)。

 たけのこ販売所で、たけのこリュックいっぱい。おじちゃんが500円高いのを勧めるので、それにしましたが、やっぱり大枚はたいたかいがありました!その後寄ったパンは全品100円、お風呂も生ビール半額o(^▽^)o 最高な一日、ありがとうございました!

 京都駅で、徳島フルマラソン走る皆さんにエール送るべく、徳島ラーメン食べて帰りましたとさo(^▽^)o

 帰ってからさっそく筍ゆがく~。すごく柔らかいし、すぐに柔らかくなるし、ほくほく美味しい。ほんまに幸せな一日でした~。

[http://connect.garmin.com/activity/301572811


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-15

天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(当日編)

Img_1933ゼッケン番号1番!
天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、9時間23分5秒で完走しました!

このウルトラは、一周7kmの余呉湖の回りを10周するというもの(;^^)ヘ.. 
けど、余呉湖は桜満開!ちょっと寒いけど気持ち良い晴天。朝靄煙る湖畔、湖にうつる景色から、日中の晴天、夕方の湖畔まで、一日満喫できました。

この大会、一言で言えば、手作り感のあるとっても良い大会でした!リピーターが多いのも頷けます。ちなみに三回参加すると、天女の羽衣特製Tシャツがもらえます~。

出発は朝7時!
実は前日の小谷城登山で太腿筋肉痛(;^^)ヘ..
わいわいと記念撮影をしてスタートラインに並ぶ。ウルトラだからなのか、スタートラインギリギリに立っている人はいない。なぜか50cmほど後方(;^^)ヘ..私もなぜか最前列(;^^)ヘ..

Img_1915

スタートと同時にみんな駆け出すが速い(;^^)ヘ..5分台で走っていかはります(^^;私はキロ7ペースのつもりが、つられて6分半ほどでぼちぼち。朝靄けむる余呉湖畔。桜満開で、遠くの山や桜が湖面に映ってとってもキレイ。

Img_1918

これは朝だけの現象。湖面が波打つとこうはなりません。まるで蜃気楼のように写っています。

Img_1921

戻って来たら、48分(6分台で走ってる(;^^)ヘ..)も少しゆっくり走ろう。

 スタート地点に戻るとエイドがある。
エイドはマイカップ製。自分のカップを持って来て、ゼッケン番号を書いておく。自分のカップを差し出すと好きな飲み物を入れてくれる。アクエリアス、お茶、ファンタ、コーラ、いろいろ。私は、サンガ100勝記念カップを差し出す。これで飲んでいると、何周目かの時にサンガサポのスタッフの人に声をかけられ、しばし談笑。

Img_1927

 フルーツもいろいろ。今回はいちごとキウイ、パイナップルをいっぱい食べた。他にもオレンジ、バナナなど。チョコも豊富、塩けのおせんべいやら、梅干し、お寿司(細巻きの太いやつ)、途中から出て来たパンがとっても美味しく、これは参加者の人が作ったパンで、朝パンを焼いて3時間遅れで来て、見事70km完走されたとのこと!すごい。後、シフォンケーキ、4周目で豚汁、5周目でお汁粉も出て来る。品数が、周回を経る毎に変わるので、次は何が出るんだろうと、ちょっと楽しみでした。

 トイレは、余呉湖の回りに5箇所以上あり、何の心配もない。あまりにトイレがありすぎて、ちょっと休みたいから、行きたくもないのに行ったりして(;^^)ヘ..

Img_1924

 給水所もスタート地点のエイド以外に、あと2箇所あり、なんと私設エイドの可愛い女の子二人もいました~!ちょうど湖のこちら側のエイドと反対側で給水しながら、ストレッチして走り出すというパターンでした。5周を過ぎると、後はカウントダウンなので、気分的にはイケイケモードに…。

Img_1928

天女の羽衣伝説の柳はこれ。
天女が余呉湖で水あびしていたら、それを見ていた男が天女の羽衣を隠してしまい、天女は天に帰れなくなって男の妻になって子をもうけるっていう伝説です。

Img_1925

ガーミンさまは、エイド・トイレ込み。
1周目(7km) 50:02
2周目(14km) 51:09
3周目(21km) 55:33 エイドでたいほん君に会って、周回遅れとなる。
4周目(28km) 54:44 豚汁飲んでのんびり
5周目(35km)1:02:16 おしるこ飲んでのんびり(エイド滞在時間最長7分)
6周目(42km) 58:42 気分的には、5周目と6周目が一番きつかった。
7周目(49km)1:00:15 未知なる領域突入。
8周目(56km) 57:58 ここらへんからイケイケモード。
9周目(63km) 58:15 しんどい。けど、人間意外に走れるもんやな。
10周目(70km) 58:38 最後楽しみながら走る。

 最終週には赤いタスキがもらえます。最後は写真撮りながらのんびり。とってもキレイに花を付けていた桜が何カ所かあって、10周目の最後には、一日、目を楽しませてくれてありがとう、元気が出たわと言いながら通り抜けました。

Img_1923

 結局、ほとんど歩きませんでした~(^^v
 その日の朝に地震があったそうで(余呉は全く揺れませんでした)、心配した息子から電話があったのと、仕事の電話の時に、歩いたぐらいでした。

 最終周だけ8分台が混じりましたが、ほぼ7分台のペース。けど、エイドには5分ぐらいいて、食べて飲んで、あと、入念にストレッチして出かけるというパターンでした。

 道を行く子供達や、自転車のツーリングのお兄ちゃんたちがガンバレ-って言ってくれて、とっても励まされました。

 終わってお風呂に入ってからは宴会。
 大広間で打ち上げですが、食べ物は食べきれなくて余ってました。お酒もいっぱい。けど、走った後って、意外にお酒もご飯も食べれないもんなんですね。ちょっともったいなかったです。
 
 そして大抽選会!!なんと、CWXの靴下が当たりました!その他に、朝食時に参加賞の佃煮、おまけに名物の丁稚羊羹までいただきました。

 抽選の品揃えがすごくて、お米に七本槍の大吟醸、クラブハリエのバームクーヘン、ミズノの靴下にCWXの靴下、CWXのインナー3本にロンタイ3本!なんとデジカメ3個もありました! たいほん君は、CWXのインターあたってました。ええなぁ~。外れた人は、丁稚羊羹がもらえます~。

 終わってからも宴会が続いてましたが、私は部屋に戻って爆睡しました。

 部屋は合宿みたいです(;^^)ヘ.. 女性ばかり4人部屋でみなさんリピーターでした。私歩けなかったので(;^^)ヘ..、みんな気を使ってお布団引いてくれました。

 次の日の朝食~。美味しかったです!みんなご飯を食べる食べる~。
 もう一度、余呉湖莊の前で記念写真(^^v

 有志はオプションで賤ヶ岳登山にいかはりました(行きたかったよう)。
 桜満開の晴れっていうのは、そんなにないそうです。めちゃめちゃラッキーでした。

Img_1917


| | コメント (2) | トラックバック (0)

天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70km、完走しました!(前日編)

滋賀県の奥琵琶湖、余呉湖であった天女の羽衣伝説ウルトラマラソン70kmに行って来ました!

まずは、前泊すべく、仕事を送ってから用意をして出発。
目指すは、小市の方のいた浅井長政の小谷城!

小谷城は、北陸本線河毛駅から東にあります。
お昼前に家を出たので、河毛の駅でお昼を食べようと思っていたのに、河毛の駅は無人駅。食堂もコンビニも何もない(×_×;) えええ?大河ドラマできっと観光客が多いから何かあるに違いないと思ったけど、当てが外れた(;^^)ヘ..

駅を降りて、ぼーぜんとしていると、おじちゃんに声を掛けられる。
どこへ行くんや?小谷城です~。というと、あれが小谷城や、こっちおいで~、ここからやとよう見える。あれが、織田信長の本陣、こちらが出城。。と聞かれもしないのに説明してくれる。おっちゃん優しい~。ついでに、コミュニティバスの案内までしてくれました。

ロッカーに荷物をいれて、コミュニティバスへ。
コミュニティバスのおじちゃんに、小谷城行くんや~っていうと、地図を出して、どこでバスを降りてどう歩いたらいいか教えてくれました。ついでに、お昼食べるとこないって言うと、コンビニの横で下ろしてくれて、くるっと回って、また拾ってくれました。おっちゃん、めっちゃ優しい~~。

さて、小谷城。。資料館や。ふと遠くを見ると、伊吹山は真っ白。
写真の遠くにあるのが資料館で、後ろが小谷城のある山。

Img_1907

資料館をくるっと見てから、小谷城へ。小谷城は山城、織田信長に攻め滅ぼされて、焼けてしまい城は残っていないが、城の土台(縄張りという)がキレイに残っている。概略図はこれ、右の尾根筋にある曲輪をずっと登って、六坊という昔6つのお寺のあった場所から、谷筋を降りてくる。六坊から頂上の大獄まで行くこともできる。

Img_1872

おじちゃんに教えてもらった、近道から追手道へ行く。
Img_1864

小谷城はお城の設計図が残っているので、どこに何があったかが分かるという。
なにもない平地だけど、山を削り、ここに番所があったのです。

Img_1873

気持ちのよいトレイルです。

Img_1880

そして大広間からの眺め。
あれが鳰の海。お市の方が見た小谷城からの眺め。お茶々、お初、お江の美人三姉妹が見た琵琶湖。

Img_1881

大広間のすぐ背後に本丸があります。
これは、本丸から大広間を見た様子。

Img_1889

こうなっています。

Img_1888

本丸を過ぎて、気持ち良い山道をドンドン登るが、誰もいない(×_×;)
怖い(×_×;)

大堀切りという、本丸を孤立させる掘りが切ってあるのはスゴイです。

Img_1892

この後、山王丸を通って六坊に行くのだけど、山王丸から六坊へ行く道が、スゴイ崖(×_×;)
えーーー、この崖降りるの??落ちたら死ぬやんな~な勢いの崖。
しばらく躊躇するけど、意を決して降りる。
六坊で、突然、時雨。。雨が降って来たので、頂上の大獄に行くのはやめて、谷筋をどんどん降りる。
だだーと降りると、あっという間に元の資料館へ。

ちょうど1時間半。。頂上までは標高495mです。
ちょうど降りてきたら、コミュニティバスの時間。。バスに乗って、いよいよ余呉へ。

余呉駅に降り立つと、これまた何も無い(×_×;)
結局、朝からまともなもの食べてない(×_×;)

駅のおばちゃんに聞いて、宿まで4km歩くことに。。宿では晩ご飯を頼んでいなかったのです。
どうやら、途中にレストランがあるらしい。
畑の中を歩いていると、寒風が吹いて寒い。
まるで北国の雰囲気(×_×;)
4時半頃にレストランで、ようやくご飯にありつく。。ウナギ定食、美味しかった~~。
それから、またとぼとぼと歩く。。
アラレが降ってきた。寒い(×_×;)
明日はどうなることやら。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »