« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013-06-12

東京下見ラン

 息子が陸上三段跳びの日本選手権に出るため、6月9日に東京に応援に行きました!

 競技は午後からなので、朝一の新幹線で東京へ、朝8時半には東京駅って、ほんま世の中便利になったもんだ。

 事前に調べていた千駄ヶ谷のランステに荷物を置く。受付のお兄さんにランニングマップをもらって出発。まずは、神宮外苑を走って、あの有名なイチョウ並木~。ドラマの撮影をしていました。

Img_2241

 そこから明治神宮を目指して、地図を見ながら走るが何故か青山墓地(;^^)ヘ.. ガソリンスタンドのおじちゃんに聞くと、全然違う方向らしい(^^; おじちゃんに教えてもらって、表参道へ。表参道をラッキーにも走ってようやく原宿。

 明治神宮!明治神宮の中は、ランニング禁止なのでそろそろ歩く。ここは下見を兼ねています。奉納された酒樽の横にはワインの樽まで。。結婚式をしていました。これを見れた外国人はラッキーなんでしょうね。

Img_2248

盆栽展もやっていましたが、盆栽の規模が違う!なんと、樹齢120年、250年の盆栽を見たのは初めてでした!

Img_2256

 そこから新宿御苑へ。200円払って入るとそこは都会のオアシス。木陰が多くて、広くて、まるで外国の公園みたい(イングリッシュガーデンを模した区域でした)。

 人が少ないので、ここのカフェでお昼を食べました。外へ出て並んで食べることを思うと、ゆったり美味しいカレーをいただきました。そこからはランステはすぐ。

Img_2259

 着替えて、電車に乗って味の素スタジアムへ。息子は、三回目の跳躍で15m92を飛んで、四位で決勝に残りました!結局、順位は一つ落としたけど、五位入賞o(^▽^)o

 声だけかけて、品川で1人打ち上げして京都に戻りました。

http://connect.garmin.com/activity/325183447

Img_2277


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-06-10

大文字山ナイトトレイル

600228_476915952388246_2085246791_nブログの更新が滞ってます(--; 私は元気です。めちゃ忙しかったです。
まとめて更新ごめんなさい。

6月初旬に、大文字山ナイトトレイルに行って来ました!

去年からずっとずっと行きたかったナイトトレイル。大文字の火床から夜景が眺めてみたかったのです。
夜走ることは、あまり想定してないけど、いつか村岡66km以上を走ると、きっと日暮れになるだろうし、しまなみいつか走るときは、きっと日暮れだろうしということで、思い切って、トレイルランナー御用達の、Petzlのヘッドライトを買いました。

 まずは、試しに夜中の11時に御陵さんへ。御陵さんには外灯が一切なく怖い(--; 一番明るいのを付けると、なんと200m先ぐらいまで照らしてくれます。けど、電池は持ちません。一段階落としても大丈夫。けど怖いので、奥までは行けず、途中でぐるっと回って帰って来ました。

 さて当日はtactさんのイベントで総勢15人。
 めちゃ平均年齢若く、特に女性!私と(わたっこちゃんとで)平均年齢めちゃ上げてしまった感あり(;^^)ヘ..

 蹴上から走るけど、夏至前で明るい。いや明るすぎ!ナイトトレイルにならへん(^^ゞ
 ということで、途中で10分以上ゆっくり休みながら東山トレイル走る。
 けど、みんな坂道を走って上がる( ̄◇ ̄;)
 それに真っ暗なのに速いねん( ̄◇ ̄;)

 ナイトトレイル、みんなで走れば怖くない。
 怖くないけど、後半、遅い組の先頭走ってたので、前は真っ暗なので必死( ̄◇ ̄;) いやー、ライトは奥が深いです。どの明るさ、どのフォーカス。試行錯誤。頭のヘッドライトと、手許の懐中電灯。手許を懐中電灯で照らすと、地面のでこぼこが飛んで、傾斜が分からない。懐中電灯なしの方が、私は走りやすかった。いやー、なかなか奥が深く、楽しかったです。

 ちなみに電池がもたないので、電池の換え、あるいはもう一台の予備を持っておく方が実際は良いそうです。

 不思議なことに、蹴上から大文字まであっという間!
 大文字山と火床の夜景は、めちゃめちゃキレイで満足でした!
 銀閣寺のアイスキャンディやさんは夜遅くまであいている。パインジュース美味しかった。。
 銀閣寺から出町まで、キロ5分で走りました。ここだけ頑張りました(;^^)ヘ..。。

http://connect.garmin.com/activity/324551633

971682_476915745721600_857643075_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »