« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013-08-30

東北旅行(盛岡編)

 仙台で、みんなと分かれて盛岡へ。

もう長いつきあいになる友達と12年ぶりぐらいの再会。。おっひさしぶり~。
友達のカジパさんは、ホヤの研究者なのだ~。けど、私はホヤを食べたことがない。。なので、東北に行ったら、ホヤを食べさせてもらう約束だったのです(;^^)ヘ..

初ホヤ~~。海の香りがして美味しかったよ~。どうやら、よく洗ってあるらしく、ホヤくささがないらしい。それは、きっとラッキーやったんやろうな~。

 Img_3249

 岩牡蠣もいただきます~。〆は、おすすめの盛岡冷麺へ!美味しい~~。サイコー。

Img_3250

 さて、次の日、忙しいカジパさんはお仕事。仕事の合間にちらっと市内をぐるっと観光してくれました。。盛岡城跡をちらっとみて、十六羅漢をみる。十六の羅漢がいるのだけど、その中の一体がネコバスみたいなネコか虎を抱いていて笑った(;^^)ヘ..

Img_3257

 石割桜も見る。石割桜ってスゴイねん。岩の間から桜が伸びています!

Img_3298

 じゃじゃ麺の食べ方も教えてもらいました~。じゃじゃ麺って、うどんの仲間って知らなかった(;^^)ヘ..しかも、うどんを少し残して、卵割って、お湯入れてもらって、ちんたん湯(?)っていうのにして仕上げて食べるってのも知りませんでした(;^^)ヘ.. じゃじゃ麺、、、老舗のじゃじゃ麺は、私的にはびみょーな食べ物でした(カジパさん、ごめん(;^^)ヘ..)

 そして、いよいよ八幡平へ!磐梯山がダメになったので、八幡平に行こうと心に決めていたのでした!
 途中、雲をかぶっていた、岩手山が徐々に姿を現し、とってもキレイな姿に!

Img_3310

 八幡平の途中には、昔の硫黄鉱山の跡、つまり長崎の軍艦島みたいな廃墟が。。なかなか異様な雰囲気。

Img_3315

 さらに、坂道を上がって、八幡平の頂上付近へ。どんどん標高が上がる!
 頂上付近で県境を越えて秋田県!展望台からは、遠く鳥海山まで見えました!

 頂上付近の駐車場から八幡平の頂上(1613m)へ。

Img_3340

 そこから湿原散策。湿原の池には青い空が映ってとってもキレイ。

Img_3336

 ニッコウキスゲの群落が少し残っていました。

Img_3342

 コバイケソウは、残念ながらすっかり実になっていて、数年後のあたり年を楽しみにしておきます。

Img_3344

 もう、リンドウも咲いていました。

Img_3345
 
 ウメバチソウがキレイでした。

Img_3338

 八幡平、本当に雄大な景色でキレイなところでした。今度は、岩手山やら姫神山と一緒にもう一度来たいです。


 そこから、湯治宿。。あこがれの大沢温泉自炊部へ!素泊まり1700円からだけど、朝食付き女性限定3400円にしました。入ると、帳場、待合所、購買に食堂。。台所では、10円8分でガスが使えて自炊できます。ご飯を頼んでなくても、食堂で現金払いで食べれます。

Img_3348

 お部屋も広く、とってもすてきな湯治宿でした。ただし、ふすまです(^^; ドアはありません(;^^)ヘ..ちょっと張り込みたいときは、隣にホテルもあります。両方の温泉に入れます。

 自炊部の温泉は源泉掛け流し、薬師の湯、露天風呂ともに疲れがとれ、南部の湯(菊水館)のお湯が少しぬるめで、朝風呂にちょうどよかったです~ホテルになっている山水閣の温泉にも行けたのですが、そちらは行きませんでした。

Img_3358

 次の日は、新幹線で仙台に戻り、娘に牛タンのお土産を買って、関空へ。
 楽しい東北の旅が終わりました~。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北旅行(東北復興応援旅ラン編)

旅はまだまだ続きます。磐梯山に振られて、傷心のまま仙台へ。

関西は大荒れで、かっとび伊吹が中止になったというのに東北は快晴!
朝、仙台駅で、ラン友さん4人と合流。2日間、東北復興応援旅ランしてきました\(^O^)/

 まずは、青葉城へ。一応、プリウスを借りたのです。いやー、もう7年以上車に乗ってませんが、こんなに世の中進化しているとわ(怖くて運転できませんでしたので、皆さんにおんぶにだっこでした)。

Img_3114

青葉城は伊達政宗の居城。もちろん城跡。天守閣はありません。。つうか、なんと外様大名は天守閣は造らせてもらえなかったそうです!ボランティアガイドの方に解説を頼んだのですが、伊達政宗について語る語るっつうか、梵天丸のエピソードで何分も経過(;^^)ヘ.. 大人になって死ぬまでだと何時間あっても足りない感じで、申し訳ないけど、途中で止めさせてもらって、軽くお城の説明をしてもらい、そこで、天守閣がないことやら、本丸御殿の写真をみせてもらったのでした(;^^)ヘ.. ガイドのおじちゃん、ほんま、ごめん(;^^)ヘ..

Img_3117

 そこから、なんと一路、山形県の山寺立石寺へ。まずは腹ごしらえで、「板そば」。すごいボリューム(;^^)ヘ.. 食べられなくて、食べてもらいました(;^^)ヘ..

Img_3123
 
 芭蕉の、閑かさや岩にしみいる蝉の声の山寺。蝉の声が鳴り響いて良い季節。このセミの声が岩にしみいって静かさを感じるなんて、やっぱり芭蕉さんは天才!とおしゃべりしながら上へ。1200余段の階段を上がる。まっ、ランナーにとってはお茶の子さいさい?涼しいし山が深くてとても素敵でした!

Img_3132

 今でも信仰を集めているお寺で、木の卒塔婆があちこちに。車輪がついていて、これを回すと早く極楽浄土に行けるらしい。

Img_3136

 岩にも、戒名がいっぱい。長く愛されてきたお寺はやっぱり違うなぁ。

Img_3139

Img_3152

ここは、天台宗。。修験の場があるようで、岩の上のお堂には、修行のため修験者が岩登りするらしいです(落ちて亡くなる人もいるらしい)。

Img_3156

 頂上からはジオラマみたいに麓の風景が見える。

Img_3154

Img_3158

 汗をかいたので、秋保温泉へ。ずっと「あきほ」温泉と信じていて、「あきう」て読むて知りませんでしたー。とっても良いお湯でした~。

 そこから、さらに松島へ!それも、普通の松島ではなくて、奥松島。夕日に沈む松島を見るんだい!途中、この道はほんまに通じているの?的な地道を通って奥松島へ。

 着いたら日の入り時刻。太陽と駆けっこ!!展望台までプチ登山( ̄◇ ̄;) しんどい( ̄◇ ̄;) かなりしんどい( ̄◇ ̄;)けど、ランナーで良かったo(^▽^)o ギリギリ夕陽に間に合いました!
 美しい松島の風景を見て、満足。松島は、島があったお陰で津波の被害が少なかったそうです。

Img_3162

 徐々に沈んでいく太陽と松島の風景。展望台はほぼ360度開けていて、ほんとキレイでした。

 そこから本日の宿、気仙沼へ。

 が、これが意外に大変(;^^)ヘ.. というのも、借りたレンタカーのプリウスに付いていたカーナビの道が無いのです(×_×;) 道はないわ、新しい道はあるわ(×_×;) 地元の人についていったり、右往左往。しんのすけさんが、スマホのGoogleマップのナビなら、最新情報だからといって、しばらくスマホのカーナビに従う。

 ようやくホテルにチェックインしてすぐに復興屋台へ。プレハブで、屋台を営業してはるのです。復興工事で働く労働者が多いのか、復興屋台は盛況。コンビニもいっぱいあるのにびっくりでした。

Img_3179

 海の幸を堪能。ほやのばくらい(ほやの塩から)やら、カツオ、そして生うに!多分、最初で最後の美味しさo(^▽^)o

Img_3181

海の幸と地酒堪能し、締めのラーメンまで食べてしゅーりょー。

Img_3193

 が、次の日の朝、起きてみてビックリ!何もない(×_×;)津波で何もない(×_×;)

Img_3197


 朝は、ランナーらしく早朝ラン。

Img_3211

 気仙沼はまだ全く復興が進んでなくて、切ない。
 ホテルの名前は一景島。。実は、ここは昔海の中の島だったらしい。地元の人に聞くと、もともと海だったんだけどねぇ~と言う。いろいろ考えさせられた。

Img_3200

 港近くには壊れた家がそのまま。港の壁には、ここまで津波が来たという線があった。すさまじい。


Img_3216


Img_3203

Img_3207


 流された南気仙沼駅を探す。駅の痕跡が全く見つからない。と、あれ???これ点字ブロックじゃない??え?とGoogleマップでみると、あった!駅の痕跡。。

Img_3221

 ほんま、いろんなことを考えさせられました。やっぱり目で見るって大事だなぁと。もう2年が経過してしまったけど、この目で見れて、感じれてよかった。ともかく今の自分たちにできることの一つとして、現地に行って直接お金を落とすことも一つの復興支援なのでしょう。

 切ない思いを抱えながら、けれども、一路、平泉金色堂へ…坂道を上がって行く。初めて見る金色堂に感動…黄金の国ジパングo(^▽^)o 

Img_3238

Img_3239

めの神社らしい(;^^)ヘ..

Img_3241


 それから、またまた仙台へ!仙台駅で牛タンで打ち上げo(^▽^)o


Img_3244

 
そしてみんなは関西に戻って行ったのでしたー。
 お世話くださったまっちんさんを始め、嵐さん、ジャコビさん、しんのすけさん、どうもありがとうございました!

 えっ?お前はまだ帰らないのかって?はい、もう少し、東北にいさせて下さい(;^^)ヘ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北旅行(会津磐梯山は雨)

 今回の旅の目的は、会津磐梯山に登ること!

 会津磐梯山(1819m)は、いくつか登山口があるのだけど、その中でも一般的な八方台登山口は、標高差が少なく、初心者でも登れる登山道らしい。。

 昨日まで快晴で、会津磐梯山はよく見えていたのだけど、天気予報は下り坂。午後から雨予報。午前のうちなら間に合うかと朝一で、八方台登山口へ。

 八方台登山口は1200mのところにあるのだけど、悲しいことに、公的交通機関がないのです!!
駐車場もトイレもあるのだけどー。 なので、タクシーで行くしか仕方ないのです(×_×;)

 朝一にタクシーを呼んで、登山口へ。一応5000円ぐらいで行くはずなのに、どんどん跳ね上がるメーター(;^^)ヘ.. タクシーの運転手さんが、5000円じゃ無理ですよ~とお財布を心配してくれる(;^^)ヘ.. 私もお財布が心配(;^^)ヘ..

 とうとう小雨が降り出す。引き返しますか?と運ちゃんが言うけど、決心つかない。小雨なら、ぶな林に守られている部分はいけるかもとか、ぐずぐず思う(^^;

 が、かなりドライブウエイを登ったところで、とうとう本降り。一人だし山の初心者だし、あえなく断念。きっぱりとあきらめのつくような雨でした。タクシーにUターンしてもらう。

 途中、ドライブウエイから200m上流に上がったところにある「幻の滝」へ。ちょっと入ると、ツリフネソウが満開。

Img_3096

 が、「熊」「熊」「熊注意」の看板が(;^^)ヘ.. 森のくまさんを歌いながら上流へ。沢に出る。小さな沢だけど、雨で水が少し増水。

Img_3098

 これ以上進むと、水の中に入らなければならず、靴が濡れるのがいやなので、滝が見えたところで戻って来る。

Img_3097

 途中、いくつかのビューポイントで、雨にけむる磐梯山にお別れ。
 返すがえすも残念(T_T)

Img_3105

 磐梯山、ぶっ飛んだ火口とお花畑と、山小屋で食べるなめこ汁が楽しみでしたー。

 結局、タクシー代を使っただけで、ホテルに戻って来ました(-_-メ)
 
 朝からお腹いっぱい食べたので、夕方までお腹が減らず、喜多方ラーメン食べる気も起こらず。雨の中、町中をうろうろ。。宮泉の酒蔵で、試飲。

 そして、山の先生のお薦めカフェへ。入った瞬間、懐かしい匂いがしました。

Img_3109

 つくづく残念。。いつか必ずリベンジします。。
 写真は、昨日、車窓から見た会津磐梯山。。昨日は快晴だったのになぁ~。

Img_3030


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北旅行(会津編)

Img_3027
初めてのピーチ便で、生まれて初めての東北へ!
ピーチ便は、関空から仙台往復なんと1万円!仙台を起点に新幹線で移動してもかなり安く抑えられます。

今回の旅の目的は、1.会津磐梯山に登ること。2.ラン友さんと東北復興応援旅ランすること。3.そして盛岡の友達に会って、念願の湯治宿に泊まること、でした。

ピーチ便、安いけど、問題は、朝早いということ。。いつものMKシャトルを頼んだら、朝4時にお迎えに上がりますって。。つうことは、午前3時起き(;^^)ヘ.. 

前日まで仕事がカツカツに入っていて、仕事終わったのが夜。それから用意(;^^)ヘ..
けど、起きれた!が、慌てて用意したため、機内持込み荷物10kg制限がギリギリ。いぢわるなおねーさんが、手に持っているポーチもここに乗せて下さいって(^^; 乗せたら、1kgオーバー(×_×;) 荷物を預けることになって、早速追加料金発生( ̄◇ ̄;) ぐやぢい( ̄◇ ̄;)

仙台空港から仙台駅、そこから会津へ。会津にはお昼過ぎに着いてました。

さっそく観光案内所で聞くと、市内観光循環バスの赤べぇバスとハイカラさんがぐるぐる回っているそうな。一日乗り放題で500円。さっそく切符買って、赤べぇバスに乗り込み、時刻表と首っ引きで、計画をたてる。

まずは、飯盛山!あの白虎隊が自刃した場所。
標高300mていうからそこそこかと思うと、めちゃ低い山( ̄◇ ̄;)

Img_3032

一気に階段登るとそこが頂上。

Img_3035

自刃の場所に行くと、遠くに鶴ヶ城が見える。

Img_3038

なんか、めちゃめちゃ切ない。。ドラマとか見ていると、山の中で進退窮まったのかと思ったのに、すぐそこじゃん(×_×;) あー、どうにもならなかったのかと思うとほんま切ない。


Img_3039

ぐるっと回って、さざえ堂。400円払うかどうかめちゃ悩みましたが、入ってみたら、おもろいおもろい。さざえみたいに螺旋階段をぐるぐる回って上にあがって、またぐるぐる降りてくるのだけど、同じ道は通らないのです。。めちゃ不思議。。エッシャーの絵みたい~。とっても楽しかったです。

Img_3041

そこから、滝川本陣へ。会津戦争の陣地。白虎隊もここから出陣していきました。刀傷で柱はえぐれてるわ、扉や柱が鉄砲の弾が貫通しているわ、めちゃ生々しかったです。

Img_3049

そこから、赤べぇバスに乗り込んで、武家屋敷跡。

Img_3054

会津は、実は幕末の会津戦争で城下が焼かれて何も残っていないのです。けれど、家老の西郷頼母さまのお屋敷の見取り図が残っていたので、それを屋敷を復元したのです。さすが家老宅、めちゃ広いです。

Img_3066

トイレとかは、ぽっちゃん便所じゃなくて、ネコの砂箱のでかいやつで、下に車輪が付いていて、縄をひっぱると箱が出てきて、体調をみて(;^^)ヘ.. 砂を取り替えるというなんだか最新式のシステムで、めちゃ感心しました。お殿様をお迎えするお部屋は、部屋の高さ自体が高いです!お風呂は、五右衛門風呂ではなくて、お湯を汲んで入れるシステム。防火対策のため、火は台所でしか使わないことになっていたそうです。

復元だけど、見応えあって満足。西郷頼母の妻子ら十余人が自刃した、あの蝋人形もいました(×_×;)

Img_3074

そこから、さらに鶴ヶ城!!
これも、あの大砲の穴が生々しいお城は、明治に入ってキレイに取り壊されたので復元です。が、瓦も赤い瓦になって、とっても美しいお城です。天守閣は復元でも、お堀も石垣も縄張りも当時のまま。やっぱり、立派なお城は、お堀(内堀なんだけど)から天守閣までが遠いわ~( ̄◇ ̄;)

Img_3079

中の展示に、八重さんが持っていたスペンサー銃があって、他の火縄銃とかゲーベル銃に比べると、やや小ぶり!これなら女性でも撃てると、めちゃ納得。写真は恒例のお迎え隊と。。銃の持ち方を教えてもらいました。銃は火縄銃です。

Img_3084


天守閣からは会津の城下が一望。官軍が大砲を撃ち込んだ小田山は、すぐそこ。。低い山だけど、そら、あの山取られたらあかんわな(;^^)ヘ.. めちゃ近くやん。。背振峠も見える。。うーん、やっぱり現地に来て良かった。実際に見ないと分からないことはいっぱいありますね。

天守閣から見える景色で、すり鉢を伏せたような低い山が気になって気になって。あれはなんじゃとずっと京都に帰ってからも地図と写真と首っ引きで調べてました。向羽黒山、山城跡だそうです。次回会津に行く時は必ず行きたいです!

Img_3092


そして、本日のお宿、東山温泉へ!東山温泉、昔は栄えた温泉場だったんだろうなぁ~と思わせる風情。

今回は、最初だけ温泉旅館で、最後は素泊まり一泊1700円からの湯治場になるという都落ちコース( ̄◇ ̄;)
一晩だけ贅沢しましたが、それでも一泊二食付き13000円。豪華な夕食に、朝食のバイキングがめちゃ美味しく、温泉巡りしてめちゃ幸せでした。

Img_3094

衝撃の次の日があることは、この日は何も知らなかったのでした(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-08-06

Mt.KOBE六甲トレイルランニングレース、大転倒でも完走

Mt.KOBE六甲トレイルランニングレースに出場しました!

が、大転倒しました( ̄◇ ̄;) CWXがビリビリ( ̄◇ ̄;) 出血(T_T)、転んだ衝撃で両足が攣って、棄権も考えましたが、スタッフのお兄ちゃんにもらったOS1でなんとか復活、完走しましたー!

六甲は良いところだーを絵に描いたような会場。が、朝の送迎バスが三宮7時( ̄◇ ̄;) 4時起きで始発に乗る。

Img_2850

会場に着いて、まずビックリしたのが、受付までの階段にスタッフがずらっと並んで、出迎えてくれたこと!いやー、ほんまに感激しました。

しかも、スタッフの方が、「見て下さい!UTMF顔負けのこのスポンサー!」って笑わせてくれるほど、お店が多くてびっくり。あのパタゴニアまであるのにはビックリ。

CLIFバー、乗鞍天空マラソンの標高2700m折り返し地点で食べたのがとっても美味しかったのだけど、ここで再会してようやく名前がわかって、試食して、満足して、お買い上げ~。ゼリーも買いました(いつ使うねんって感じやけど) めちゃ良い感じ。

スタートまで間があるので、タカさんやよしさん、ななみ父さん、いずみちゃん始めラン友さんとエール交換。というより、皆さん、私より遙かに速いので、スタート前じゃないと会えません(;^^)ヘ.. (バスが閉会後だったので、ゴール後にも会えたのだけど)

Img_2858

Img_2857

スタート!

このレース、基本、前半は麓まで下って後半が登り…がスタート直後しばらく下ってからは突然、結構な登り。急傾斜で息があがる。下りちゃうんかいと思いながら頑張る。

ここで、前を歩いているお兄ちゃんに追いつき、声をかけると、「僕、棄権しようと思うんです。」って。この前半の登りは確かにきつかったので、そこで体力使い果たしたらしい。。「僕、平地のフルは走ったことあるんですけど、山は初めてで。。」って、「大丈夫大丈夫!まだ4時間あるし、後半の登りは走れないから!」と声を掛けるけど、あのお兄ちゃん、どうなったかなぁ。完走できたんやろうか。私が走り出すと、「いってらっしゃーい」と声をかけてくれました。

第一エイド。暑くて暑くて水を頭から被る。ふとiphoneをビニール袋に入れてなかったことに気付いて、焦るが、もう遅いって(大丈夫でした(;^^)ヘ..)

その後は太子道、めちゃ気持ち良い下り。ほんま気持ち良い走れるトレイル。快調に走る。

麓に近くなり、眺望の開けるポイントが何カ所かあって、スタッフの人が写真を撮ってくれる。私が走ってるあたりの人は、みんな立ち止まって記念写真。

Img_2863

こーーんなところも通りました。

Img_2864

折り返し前に続く階段が結構辛かったです。足短いから、ちょっと階段の段差が高いと、よっこいしょって降りる感じになって情けない(;^^)ヘ..

ようやく第二エイドで折り返し。きゅうりや冷やしトマトが美味しいo(^▽^)o 冷たいゼリーもいただきました。

が、好事魔多し( ̄◇ ̄;) 折り返してしばらく公園の周りの道を走っていると、なんでもないところで大転倒(T_T) 転倒の弾みで両足が攣る。CWXがびりびりで出血(T_T) 派手に転けたため前を走ってた人や通りがかりのランナーが近寄って来る。ファーストエイドキット持っていたけど、お兄ちゃんが僕ありますって濡れティッシュをティッシュごとくれる。ありがとう。

ともかく歩き出す。スタッフの所に行くとちょうどそこにトイレが。トイレで傷を洗う。両足攣ってんって言うと、スタッフのお兄ちゃんがOS1をくれたので、500mlをがぶ飲み。「ベタ歩きでも完走出来るかなぁ?」と聞くとまだ時間ありますからと言われる。時計では後3時間。3時間あったらゴール出来るやろとともかく歩き出す。

が、OS1がきいたのか復活!走れるところは走れるo(^▽^)o登りでも一人二人追い抜く。途中、一般の方がくれた氷の塊と、かき氷みたいな食べれる氷が美味しかった。氷の塊で、一生懸命太腿を冷やしながら走る。

トェンティクロスに入る手前でまた足が縺れてきて、2度ほど躓きかける。今度こけたらしゃれにならないし、脚もつりかけなので、慎重に歩いたり走ったり。

足の怪我に気付いたスタッフの方が、みんな大丈夫ですかぁって声をかけてくれる。ハイカーの人も「がんばって下さい!」って声をかけてくれる。本当にありがたいです。

3

第三エイドに到着。。フルーツが美味しく、なかなか出発できない。いっぱい食べてコーラ飲んで出発。もう、コーラがめちゃめちゃ美味しかった!

いよいよあと5kmになって、あと一踏ん張りのジェル投入。

沢伝いのトェンティクロスはめちゃキレイで楽しいコースo(^▽^)o いっぱい川を渡る。丸太橋、飛び石、木の橋、ほんま楽しい。石ゴロゴロの沢もあれば、なぜか砂浜みたいな沢もあり、この丸木橋では、先日の霧ヶ峰でのトラウマがよみがえって怖かったけど、大丈夫でした(^^v 

Img_2865

直登みたいな崖(?)もあり、足がいよいよヤバイ。

あと二キロの表示あたりから、とうとう脚がツリツリ。太腿、ふくらはぎ( ̄◇ ̄;) 頑張れーと、ソロソロ走る。

時計をみるとギリ4時間切れるかな。ガンバって走るけど、つりつり。ピクピクしながら階段を上るとゴールが見える。スタッフがいっぱい並んで出迎えてくれる。ハイタッチしながらゴール!!

Img_2866

手許の時計は4時間00分( ̄◇ ̄;) ちょっと早めに押してるから、ギリギリ3時間台かなぁ。
正式タイムは一ヶ月後です。

ほんと良い大会でした。最後のランナーまでみんなで迎えて、思わずもらい泣き。コース誘導完璧だし、エイドも良かったし、何より、スタッフの方々みんなとっても暖かく、手作り感満載で良かったです。
コースも、なかなかタフ!だけど、バリエーション豊かな本当に練られた良いコースでした。

自分的には、転んで怪我をしても走れる自分が収穫でした!

が、後から思い返して見ると、反省点はいっぱい。ジェルに梅干しに攣り止めに、いろいろ用意して、すぐに食べれるところに入れてあったにも関わらず、結局、前の人に付いていくのに必死で、すべてのタイミングが遅かったです。前半坂道で足を使うって分かっていたのに、階段で足に来るって分かっていたのに、結局きちんと対策を取ってませんでした。

自分で組み立てもできてなかったし、管理も出来てなかったのが、敗因。
それに、今まで走っていて転んだことは何度かあるけど、全部、尾根沿いとか、なんでもない平地。気が緩むんやろうなぁ。。それと、足が上がらなくなるんやなぁ。。

まぁ、山の21km走って、足が攣るようじゃ、いくら暑いとはいってもまだまだ走り込み不足ですね~。

けど、実は、本格トレイルランニングレースは初めてでした!!
今年は、乗鞍天空マラソン前日のトレイル12kmと今回の21km。。本格トレイルを10km、20kmと距離を伸ばすことができました。来年は、30kmオーバー、そして初心者用50kmに挑戦したいかもです。

エライ目にあったけど、今は楽しかったっていう思い出しか残ってないです。太子道、トゥエンティクロス、また行きたいです。

http://connect.garmin.com/activity/353082292

Photo


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »