« しまなみ海道100kmウルトラ遠足不完走記(1) | トップページ | 近況報告 »

2014-06-14

しまなみ海道100kmウルトラ遠足不完走記(2)

Img_6752

さて、スタート。のんびり行くつもりなので、後方スタートでゆるゆる。7分を切らないよう(6分台に突入しないよう走る)が、みんな結構、飛ばしていく。あっというまに後方部隊(;^^)ヘ..お陰で渋滞など何もない(;^^)ヘ..(次の日聞いた話だと、午前中曇っていたので飛ばした人が多く、今年は50km地点の荷物受け取りがめちゃ早かったけど、50km以降のリタイヤが異様に多かったらしい。1230人中完走800人で、完走率65%)

Img_6756

尾道までの20kmで、後半は高速道路の側道を走る。狭いトンネルが5つほどある。ナプリンに聞いたように、覆面ハンカチ着用。簡単なものだけど、排ガスを吸わずに済んで助かった。車から見れば、高速のトンネルを走るヘンな人達だろうな。

早朝なのでお店が開いてなく、コンビニも少ないので、最初の12kmぐらいがトイレが全くない。公園のトイレでトイレに並ぶ。ここで20分ぐらいロス。この先にコンビニがあったので、もっと先でよかったかも。長い16時間の旅だから、どこで行こうかトイレの心配するよりましって思ったが、ギリギリランナーの私はトイレ休憩も戦略的にすべきだったと反省(;^^)ヘ..

エイドは5kmごとにある。最初のエイドでうどんを食べる。生姜とネギとごまが利いてる冷たいおうどんが最高に美味しかった。

段々蒸し暑く、果物が最高に美味しい。冷やしトマト、オレンジ、グレープフルーツ(なんであんなに甘くて美味しいの?)、途中からは今季初のスイカ!スイカ最高!それにレモン、5kmのエイドごとに、必ず梅干しは食べた。後、パンやバナナ、チョコなど豊富。

20km走っていよいよしまなみ海道、最初の橋。いきなり階段(;^^)ヘ..高い(;^^)ヘ..

Img_6758

そして最初の橋だけは異様に狭い(自転車の人はここは通れないのでフェリーらしい)

Img_6760

向島へ。ここらあたりから異様に暑く、滝のような汗で、髪の毛びしょびしょ。
ものすごい消耗を感じる。最初のジェル投入。途中で、自販機でスポドリも買う。エイドでは駆けつけ3杯ほどスポドリやレモンジュース(美味しい!)などを飲むが、全然足りない。ここらへんから、エイドに着くごとに、頭から水をかけてもらう。

遠くに因島大橋。
Img_6764

因島大橋を渡って、因島へ。
ここの心の支え、お楽しみは35km地点。因島の生絞り清見オレンジ!!!めちゃめちゃ美味しい。後ろでおねーさんが、ずっと生オレンジを搾ってくれている。氷で冷やした冷たい清見オレンジジュースは最高に美味しい。一気飲み一杯、二杯、おじちゃんがもう一杯いくか?っていうので、三杯!もっと飲みたかったが、頭から水を被って、トイレに行って出発。

Img_6767

この辺りの30kmから40kmあたりが一番しんどかった。

生口大橋で生口島へ。これ以降の橋はすべてながーい上り坂の取り付けと橋を渡った後の、ながーい下り坂になる。
Img_6769

40kmを越え、徐々にスピードが落ちてきて、ようやく12時半に50km地点の中間点。
ここで、ドロップバックを受け取り、着替え、おにぎりを食べて出発。上にも書いたが、着替えたけど意外にスッキリとはせず(;^^)ヘ.. ただ、レッドブルが効いて少し元気。。

Img_6770

ずっと一緒に走ってきたKさんだったが、Kさんはイケイケノリノリモード、35kmあたりから徐々に私は遅れ気味になる。50km越えて、Kさんは颯爽と前に進んでいきました。きっと完走できるよ!(実際3分遅れながら見事完走されました!) 私は、「もう頑張り切れないかも」と弱気の言葉が頭をよぎる。ともかく70km地点の伯方の島までは行こう!


Img_6771

多田羅大橋を渡る。


Img_6773

橋は全部美しい。ほれぼれするほど美しい。ピーカンで景色もほれぼれするほど美しい。のどかな海、漁村、おだやかな景色。
Img_6775

多田羅大橋の橋脚には「鳴き龍」がある。前後に人がいないので、手を叩いてみる。あれ?もう一回?もう一回、パンーパンパンパンパン、おおお!鳴き龍、キレイな音が聞こえる。

Img_6776

渡りきったら大三島。自衛隊のヘリコプターがある。エイドで人が溜まっている。何だ何だ?あっ、リタイヤする人なんだ。。ここらあたりから、異様に自転車部隊が増える。5時まではレンタサイクルが借りれて、リタイヤする人はそれでゴールまで行けるらしい。
ここら辺りから、5kmのエイドが異様に遠く感じる。5kmってこんなに遠かったっけ(×_×;)

大三島大橋を渡っていよいよ伯方の島へ。


Img_6778

伯方の島だ!大きな造船所の側のものすごーーく大きな船に感動しながら通り過ぎると、70kmのエイド!
「京都から来られたゼッケン番号233番、めぐむさんです!ようこそいらっしゃいました!」とマイクで呼んでくれて、思わず涙がこぼれそうになった(T.T)

この時点で5時ちょっと前ぐらい。ここのエイドは素麺が有名!美味しくて美味しくて二杯食べる。シューズを脱いで、テニスボールで足底ころころ。足が軽くなった。が、左足が異様に重い。。あっ。左足足底ころころするの忘れた(;^^)ヘ..というより、こんなに威力があるとは思わなかった。ここでは、お金を払って食べる伯方の塩のソフトクリームが美味しいらしいが、先を急ぐので食べずに出発(後で後悔)。

伯方大島橋をわたっていよいよ最後の島大島へ!(このあたりから写真ありません(;^^)ヘ..)

この辺りから、エイドで休むと足が固まってすぐには走れない。1kmぐらい歩いてからようよう走り出す感じ。前にいた人たちがぱーーと走り出して、前後だれもいなくなる。。あれ???さっきまでまだいっぱい人がいたのに??? 今越えてきた伯方大橋を下から見上げるけど、誰もいない。。がーーーん。後ろ誰もいない(;^^)ヘ.. まだ4時間あるのに?? ここで気がついたのだけど、みんな最後の5時にレンタサイクルを借りてリタイヤしたのでした。。

夕暮れてきた、道わからへん。。誰もいーひん。。走っていると前に人が。。あー良かった。けど、この辺りコンビニもないし、人は歩いてないし、このまま暗くなると道わからへんやんと不安がよぎる。ともかくのろのろだけど足は前に出る。のろのろだけど、やっぱり歩いている人よりは速く、歩いてる人には追いつく。けど、さすがに不安。

不安になって、75.6kmのエイドで、ここからどうやって帰ったらいいか聞くと、30分後に最終バスが出るという(;^^)ヘ.. しかも次のエイドは間に合っても、2つ先のエイドは撤収しているおそれがあるという。来島海峡大橋渡りたいねんけどというが、来島大橋渡りきったら90km地点。ここから15km。8時半ぐらいになる。日はとっぷり暮れて真っ暗。エイドもない。。橋にはコンビニも自販機もない。道わからへん(;^^)ヘ.. タクシー呼ぶにも自分がどこにいるのか、タクシーの番号もわからへん。。

あー、準備不足でした、せめて地図見て場所押さえておくとか、タクシーの番号知っておくとかしていると、もう少し頑張れたかも。。けど、夕暮れ、これから夜に突入する時に、知らない土地の知らない道を入っていくのはものすごく勇気がいります。夜中にトレイル入る人とかすごいわ。。

ということで、最終バスに乗りませんかという北海道のおじちゃんランナーの甘言にあっさり乗って、制限時間3時間を残して、最終バスの人に。。13時間の旅は終わりました。バスで、来島大橋を渡る。。もちろんまだ走っている人がいる。来島大橋は5kmもある。走っても1時間近くかかる。この時間に来島大橋を渡れるとゴールできるらしい。あー私は、約2時間遅れ。。北海道のおじちゃんランナーはサロマとか出ている高速ランナーさん。今日は調子が悪かったらしい。歩けない私たちを見かねて、バス停からゴール地点まで、サクサクタクシーを拾ってきて4人で同乗。ほんといい人でした。

ガーミンさま付けていたのに、ほとんどラップを気にしてなかったというより、設定間違えてラップペースにしていたので、エイド出た瞬間にキロ15とかになっていて、意味不明になっていたのです。準備不足、ガーミンさまはラップアベレージにしないとダメですね(;^^)ヘ.. まっ、ラップ見てても、どんどん遅くなるペースはどうにもならないのだろうけど。

最終バスを待っている間、いろんな人としゃべる。同じようなペースの人と抜きつぬかれつして、しんどいから話はできないけど、顔見知りになっていくのです。何度か抜きつ抜かれつしたおねーさんが走っていくので、最終バスだよって教えてあげると迷っているよう。。けど、先に行きますって先にいっちゃった。次のバス停で乗ってこなかったので、どうなったか心配してたら、なんと、ゴール会場でばったり。次のバラ園のエイドでバスが無くて途方に暮れていたら、一緒に待っていた人の迎えの車に乗せてもらえることになったらしい。

良かったね!帰り着いたね!っておしゃべり。このおねーさんとは、次の日八十八箇所のお寺で偶然再会するのです!

さて、タクシーへ宿へ。ホテルの部屋は、悲しいことに「布団!」
立ち上がれない(;^^)ヘ.. 這うにも膝が痛い(^^;
ユニットバスに入ろうとするが、大変(;^^)ヘ.. ここで滑ってこけたら死ぬなと思いながら、ありとあらゆる手すりにつかまってようやくお風呂。
寝ている間に寝間着がはだけるが、それを直すために身体を動かすこともできない(;^^)ヘ..

が、次の日の朝。。左足のアキレス腱が少し痛いが、まぁまぁ歩ける。。去年、余呉湖70km走った次の日の朝に比べると遙かにまし。。少しは足は強くなってるんかなぁ。

まずは、昨日、走れなかった今治城へ。

Img_6779

遠くに来島大橋が見える!こうやって見ると、近いやん!?
タクシーで帰ってこれた??ここで、ツイ友のラン友さんにばったり会って、健闘をたたえ合う。

Img_6783

今治城では、。よろよろ、足を引きずっているランナーたちの一体感がすごい!
知らない人達に、昨日走られましたか?どうだった?暑かったよね?完走した?どこでリタイヤでしたか?って話しかけられ、自然に話しが広がっていく。。この妙な一体感が楽しい。

その足で、徒歩15分ぐらいのところを30分かけて、四国八十八箇所のお寺へ。
せっかく四国に来たので、にわかお遍路さんになったのです(;^^)ヘ..

Img_6790

そして、昨日のおねーさんと納経所の前でばったり!不思議なご縁でした。

お遍路さん初めてだったので、いろいろ教えてもらって、そこで納経帳買って、お昼一緒に食べて、いっしょにしまなみライナーに乗って、昨日走った道を見ながら、新幹線で途中まで一緒に帰ってきたのでした。しまなみは3回目の挑戦。毎回リタイヤだけど、少しずつ距離が伸びているらしい。去年は知多半島100kmを見事完走したらしい。。同じようなスタンスのランナーで、おしゃべりが弾んでとても楽しい時間でした。

あーーー、やっぱり、来島大橋渡りたいです!

Img_6793


|

« しまなみ海道100kmウルトラ遠足不完走記(1) | トップページ | 近況報告 »

コメント

めぐむさん、お疲れ様でした。普通(でもすごいけど)のマラソンかと思ったら、100Kmマラソン!美しい景色も楽しませていただきました(^^)/

投稿: かつぼう | 2014-06-15 19:06

かつぼうさん、
 お久しぶりです。
 読んで下さってありがとうございます!あほでしょう(;^^)ヘ.. 
 けど、やっぱり終わってみれば楽しかったです!

投稿: めぐむ | 2014-06-15 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/59815671

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道100kmウルトラ遠足不完走記(2):

« しまなみ海道100kmウルトラ遠足不完走記(1) | トップページ | 近況報告 »