« セツブンソウとアズマイチゲ | トップページ | 伊勢の朝熊ヶ岳 »

2015-03-30

滋賀高島、リトル比良の岳山

町石に興味があります。

町石とは、一丁(109m)ごとに建ててある道しるべ。よく山頂のお寺までの山道に、一丁ごとに建ててあります。高野山町石道が有名で、あそこは下の自尊院から180基の町石が立っています。

今回は、滋賀高島のリトル比良の岳山。

岳山は、昔からの観音霊場。江戸時代まで山頂に奥の院があって、千手観音が納められていたらしい。昔、岳山の上で光り輝く楠があり、その楠から三体の観音さまが作られました。一つは奈良の長谷寺に、一つは讃岐の支度山にあるらしいです。

 江戸時代にちょっと山頂から下ったところに観音堂が建てられ、昭和にはその観音堂もとうとう山麓に移され、長谷(ながたに)寺というお寺になっています。

 昔は山頂まで続く参詣道だったため、ところどころに町石やら石仏やら、常夜灯やら残っています。

 イワナシが咲いていました。

Img_1339

オオイワカガミにはまだ早いかなぁ。

Img_1340

ヒサカキが独特の臭いを放ってました。人によると、これはラーメンみたいな臭いらしい(;^^)ヘ..

Img_1342

 山道は途中から細くなり、町石も埋まっています。町石、全部は揃っていないけど、いくつか確認できました。

Img_1347

 古い石仏もあります。

Img_1348_1

 賽の河原。ここから山道がわき水でぐちゃぐちゃで歩きにくいことこの上ない。

Img_1349

 頑張ってたら、ご褒美!今年初のショウジョウバカマ。

Img_1432

 突然開けたところに大きな常夜灯。どうやって運んだんだろう。昔はきっと参詣道で賑わっていたのでしょう。遠くに雪を被った伊吹山が見えました。

Img_1352

 ここで突然、日本とは思えないような不思議な光景が…。白坂と呼ばれる場所で、一帯が真っ白な風化した花崗岩の露頭になってます。

Img_1361

Img_1357

 途中に、登山道が大きく崩れたところがあり、そこに瓦などの残骸があり、昭和まであった観音堂の跡らしき場所でした。「岳観音」というところになります。

Img_1377

 ここからは岩場がちょこちょこなかなにタフなお山でした。
 ようやく山頂、山頂には小さな祠があり、お地蔵さまが安置されてました。元嶽岩屋観音さまです。
 
Img_1365

山頂はまだ残雪。。

Img_1367

Img_1369


|

« セツブンソウとアズマイチゲ | トップページ | 伊勢の朝熊ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀高島、リトル比良の岳山:

« セツブンソウとアズマイチゲ | トップページ | 伊勢の朝熊ヶ岳 »