« 藤原岳 | トップページ | 葛城山 »

2015-04-29

愛鷹山越前岳

お仕事が静岡方面で終わったので、これ幸いと、柿田川湧水群と愛鷹山越前岳に行ってきました。

 まずはお仕事で行った薩埵峠。。富士山は薄いけど、しましまが見えてお客さんは大喜び。

 この薩埵峠は、JRと国道一号線と東名高速道路が狭い海岸線を通る、言わば、日本の物流の動脈。ここがやられると、日本の物流は瞬時に止まってしまう。ということで、新東名を急いで作ったらしい。

 昔は、この場所は海岸に面した崖っぷちで、「親知らず子知らず」と言われた難所。江戸時代に朝鮮通信使を迎えるために、今の薩埵峠(中道)が開かれた。現在、JRとかが通っている場所は、なんと、安政の大地震の時に、ボンと2mも隆起したのです。。

005

 お仕事終わりに、田子の浦へ。

011

 わーい。太平洋だ~~。一面が砂利浜、海岸線にはずっと松林が続いている。どこまでもどこまでも続いている。。素晴らしい~。富士から沼津まで十数キロにわたって続いているらしい。千本松原と言うらしい。砂浜で変わったものをみつけた。なんと摩耗した溶岩がいっぱい。。軽石もあった。どこかから流れてきたのだろうか。

 長い海岸線なのに、泳げないらしい。なんと駿河湾は、大陸棚とかなくて、一気に1500-2000mまで落ち込んでいるらしい。駿河湾って深いんだ-。深海魚がいるんだー。そしてすぐ近くには富士山があるということは、3776mから海底2000m近くまで一気に高低差6000m近くもあるんだねー。すごいなぁ。

 そして柿田川湧水群へ。
 遠くの富士山の雪解け水がわき出る不思議な場所。
 ぼこぼこぼこぼこ、わき出てて見ていて飽きない。むかーしむかーし富士山を作った古い地層に、水を通しにくい層があって、それを伝って、三島とか沼津で、湧水がわき出るらしい。富士山には川がない。なかがスカスカで水がしみ通るのかなぁ。不思議だ。。

013

012_2

夕焼けのシルエットの富士山。あーした天気になぁれ!
014

朝だ!富士山だ!快晴だ!富士山がしましまだ!

018

愛鷹山越前岳(1504m)は、富士山の外輪山。箱根山と同時に40万年前に噴火したらしい。

安藤広重の東海道五十三次シリーズ、吉原宿もまた原宿の浮世絵にも、愛鷹山は描かれている。

019

登山口は十里木。駐車場を出発。階段はいやなので、東側の尾根を登る。
何度来ても、何度見ても富士山はデカイなぁー。宝永火口もデカイなぁー。富士山の裾野は広いなぁー。

021

あっという間に、駐車場が眼下に。

024

025

まだまだ、桜が満開。。山桜がキレイに咲いています。

027

かわいいヤブレガサ。

031

このしなる木は、鬼しばりというらしい。樹皮が丈夫で折ろうとしても折れなくて、鬼をしばっても大丈夫という意味らしい。

033

快晴だ!

034

この黄色い花、何の花だろう。。帰って検索した結果、アブラチャンらしい!

035

 越前岳は愛鷹山の最高峰なので、人が多いのか登山道は崩れて、いろんなところに道ができていた(;^^)ヘ.. 
登り始めは富士山がドーン!けど、どんどん霞がかかって頂上では、海岸線もうっすら。富士山も雲の中。。けど、意外にさくさく登って頂上へ。1504mだけど、暑い(;^^)ヘ..

047

ミヤマシキミ。。葉っぱをちぎると柑橘系の匂いがするが、シキミなので有毒。

052

ミツバツツジ。愛鷹山にはアシタカツツジという固有種がいるらしい。決定的な見分け方は、アシタカツツジは葉っぱが5枚。おしべも8-10本らしい。。。

053

別の登山道にはあるらしけど、ここでは見つからず。。残念。

雲の中にいた富士山も、下山するにつれて、またどんどん姿を見せてくれました。

056

おしまい。

|

« 藤原岳 | トップページ | 葛城山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/61512006

この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹山越前岳:

« 藤原岳 | トップページ | 葛城山 »