« 伊勢の朝熊ヶ岳 | トップページ | 藤原岳 »

2015-04-15

 この春は、さすがに忙しかったです。

015

 まだまだ電話はかかってくるけど、ちょっと翻訳の仕事もしないとヤバイので、もう4月は通訳ガイドのお仕事断りまくり。ほんま有り難いことです。。

 このシーズンは、大型バスでの初めての台数口(何台も連なる仕事)の仕事(しかもものすごいタイトなスケジュールで、これをこなせたら後は何でもOKだとエージェントに言われた)やら、泊まりを含めた5日間の外国人を連れてのウォークツアーやら、本当に初めての経験をいっぱいさせてもらえて、ものすごくキャリアの幅が広がった春でした。

 色んな事がありました。アメリカ人家族ツアーは平和に終わったけど、フィリピーノ家族の大阪は、初日1時間、次の日は1時間半もホテル出発が遅れて、胃がキリキリ( ̄◇ ̄;) 時間通りにバスを車庫に返した私はエライ(自画自賛( ̄◇ ̄;))

 歴史には興味なさそうだし、桜も一通り写真にとったら満足したようだし、何がしたい?と聞くと、「食べ歩き!」。インターネットで、トップ3に入る焼肉やさんの予約(しかも夜の10時半)をしてあげ、道頓堀のこれまたトップ3に入るお好み焼き屋に連れていってご満足。。次の日は、江戸時代の大阪を再現した町で大はしゃぎ、その後の天神橋筋商店街がお気に入りで、ウナギを食べ、仕上げはトップ3に入るというラーメン!梅田東通り商店街で食べたラーメンは、これまで食べた中で一番美味しいと絶賛を頂きました。これは、ドライバーさんの協力の賜物。

012


 そして、最後の5日間のツアーは、イスラエルのカリスマ現地添乗員が引き連れてきた、歩けないウォーキングツアー(;^^)ヘ.. 京都市内観光ー清滝ウォークと苔寺嵐山ー凍えるような雪の高野山ー5時間もかかった熊野古道発心門王子から熊野本宮大社ー土砂降りの大門坂から那智大社、那智の滝ー名古屋で終わり。
 
 ご年配のイスラエル人の団体…初日の京都観光で歩くの遅いのを認識、午後から苔寺の予約があるため、高雄ー清滝は止めて、急遽、清滝から少し北上散策。コルリに会えましたo(^o^)o 青い鳥だよ-。


025

 要らないと思ったけど持っていったストックが役立ちました。ところが、ツアーリーダー(イスラエルの添乗員)が、勝手に崖をよじ登ってショートカットしたため、アタマに血が上って、久々に英語で激怒( ̄◇ ̄;) こんなに怒ったのはインド以来。

022


 季節外れの雪の高野山。凍えて凍えて、奥の院は石だから余計寒い…けど、お遍路さんいっぱい。やはりいつ来ても独特の雰囲気。高野山は何度も来たけど、今回ようやく全ての配置と関係が分かったのは内緒(;^^)ヘ.. そういえば、こないだ下見に来たときは、なんとカモシカとヤマドリに会えました。。

 高野山からの龍神スカイラインは雪。。外も霧で真っ白。。残念。。

 熊野古道、発心門王子から本宮大社まで7km、エージェントもどのガイドブックにも3時間て書いてありますよと言うのを、絶対無理だからとお弁当に変えてもらって正解。結局、7kmに優に5時間かかりました。けど、マムシグサの話をすると、結構大受け…

035

 ドライバーさんは、バスに乗り始めて三年。発心門王子、大型バス入れるやろかと心配、東海道で知り合った添乗員さんに聞くと、大丈夫っす!と写メまで送ってくれて感謝。

 お客さん、街中ではちゃんと私に付いて来てくれるのに、自然の中に入ったとたん、子供のように自由( ̄◇ ̄;) 幅の広い安全な一本道だと思うと、あっと言う間にバラバラ( ̄◇ ̄;) 先導するのではなく、どうも羊飼いのような、技が必要みたい。はぁー、経験不足( ̄◇ ̄;) 

 五日目は土砂降りの那智の大門坂。いくら注意しても元気な人はどんどん行って、体格の良いご高齢の人は当然遅れる。もう必死の形相ではーはー。リタイヤ一人。けど、日本人のように、元気な人が、周りに合わせるってことはしないのね。ただ、ご主人が奥さんを完全サポートで労わりあって登るのは、日本人にはなかなか見られない光景。ほんと羨ましいほど、素晴らしい〜。

 みんな余りに大変だったので、頂上の那智大社で、何故こんな思いをして山の上の神社に来るか、山岳信仰と絡めて、思わず語ってしまった。そのくらい意味づけしてあげないと、かわいそうな雰囲気で( ̄◇ ̄;)


036

 けどイスラエル人、バスの中でお菓子が回ってくる。まるで日本人のおばちゃんみたい。ほんと素朴で良いお客さまでした。

 大変だったけど、川湯のホテルの御飯は美味しく、憧れのホテル浦島で温泉巡り。

 私は有名な洞窟風呂やら5つのお風呂を制覇したけど、イスラエルのお客さまの半分は、知らない人と裸でお風呂に入るなんてまっぴらと折角の温泉も満喫できないもよう。文化のハードルは高いのです。

 いやいや、日本だってホテルに一切英語表示がなくて、レストランに行くのはオレンジの線をたどってね~と言うしかなかったのも、言ってみれば文化の壁、驚愕でした。。

 色んな人の協力があってなんとか無事にツアーは終わりました。お客さんは筋肉痛と戦いつつ、あと2週間、日本を回るらしい。後は、次のガイド任せて、私は無罪放免o(^▽^)o はぁーー、めちゃ疲れたー!

 今晩は名古屋贅沢セットで乾杯!

Img_1474_2


|

« 伊勢の朝熊ヶ岳 | トップページ | 藤原岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/61475307

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 伊勢の朝熊ヶ岳 | トップページ | 藤原岳 »