« 御坂道 | トップページ | 明神が岳と明星が岳 »

2015-05-31

山中城跡と箱根旧街道峠越え

 お仕事の研修で箱根峠越えをして来ました。正確には、東田子の浦から小田原まで(;^^)ヘ..
 実際に歩くのは来月なので、研修では車道部分は車で通過。けど、旧街道はもちろん車が入らないため、山中城跡から箱根湯本までがっつり歩きました。

 ちなみに長く続いたこの研修も、今回で最後\(^-^)/バンザーイ 
 京都から江戸まで五十三次全て行きました!
 実際にお客さんと歩いたのは、日程の関係で抜けている部分を除くと、約500kmのうち430kmかなぁ。。

 さて山中城跡。ずっと来たかった山中城跡。
 実は大学の時の中世史の先生が山中城の研究をしており、山中城がー山中城がーと言っていたのは覚えているのだけど、もちろんその頃の私にはネコに小判(^^;

 あれから数十年。 今はすっかりキレイに整備されているが、やっぱり現地に行かないと、このすごさは分からない。山中城は、秀吉の小田原征伐を迎え撃つために北条氏が建てた城。。が、十七倍の兵力差で、わずか数日で落城した悲劇のお城。。

 お城の縄張(なわばり:つまりはレイアウトのこと)がきれいに残っていて、堀や、曲輪(くるわ:堀や石垣(ここにはない)で囲まれた区画のこと)、虎口(こぐち:曲輪への出入り口、狭くなっている)が素晴らしい!!

096

 三島の方から上がって来ると、まず岱崎出丸という大きな台地状の曲輪に出くわす。が、歩いている方にしてみれば、細い谷筋を進んでいるだけ、上に実は広大な曲輪があるなんて分からない。。つまりは上から矢を雨のように射かけられるという寸法(;^^)ヘ..

 道路を渡って、いよいよ中心部に進む。まず現れたのは、堀の途中に畝のように掘り残しがある「畝堀」 攻める側から言えば、つまりは障害物競走(;^^)ヘ..

102

 そしてまずは広大な西の丸。。でかい!そして西の丸の回りには、これまた特徴的な「障子堀」、堀を障子の桟のように掘り残した北条氏の技術の粋を集めた堀。

 まるで庭園みたいだけど、こんな複雑な堀の中で戦う身になってみると(;^^)ヘ.. 戦いにくいことこの上ない。

107

 ちょうど夕方で富士山がキレイでした。

106

 西の丸の先に西の櫓があります。

110

 くるっと後ろを振り返り、西の丸から反対方向、向こうの尾根上にあるのが二の丸、その先に本丸方面。

112

 途中、狭くなった虎口(曲輪への入口)やら、架け橋やらを越えて、本丸。本丸のさらに奥に北の丸。北の丸の堀は、写真ではわかりにくいけど、高さ10mぐらいの崖。。石垣を使わずにこんな深い堀が作ったのはすごいらしい。

128

 この山城、城の中に水場があります!兵糧庫もあります。。天守櫓もありました。。写真では伝わらないので、是非、1度、行ってみて下さいませ。私も、限られた時間での見学だったので、もう一度じっくり来たいです。


 さて、いよいよ箱根旧街道峠越え。石畳が続きます。関東ローム層のズルズルの道だったため、石畳が整備されたのだけど、石畳が敷かれる前は、ここらにいっぱい生えている箱根竹を敷き詰めたそうです。

139

 サラサドウダン

144r

 なんじゃらほい?(教えて下さい)アジサイ科のようなヤブデマリのような?

145_2

 ツクバネウツギ

146

 この気持ち悪い虫みたいな実はなんだろうと思ったら、ヤマグワらしい(;^^)ヘ..
 食べてみれば良かった(;^^)ヘ.. けど、勇気いりそう。。まずどこかでマグワを食べてから考えよう。。

143

 箱根はホウノキが多かった。。トチノキ探したけどありませんでした。御坂道のトチノキとはやっぱりシルエットが違う。。峠の向こうでしたが、ホウノキのお花もありました。

165

 ホウノキのお花。。はっぱは似てるけど、お花はトチノキとは全く違う。

252

 箱根だけあって、ハコネウツギがあちこちで見られました。色が変わっていきます。

177

 箱根峠近くの接待茶屋近くに、シロヤマツツジが一輪だけ残ってました。

155

 もちろんヤマツツジもきれい。

157

 そして箱根峠、、峠は車道、あまりにあっけなくて写真がない(;^^)ヘ..
 峠近くの展望台から、眼下に芦ノ湖、そして、駒ヶ岳やら神山が見えてました。駒ヶ岳ロープウエーは動いてませんでした。そういえば、前日は大涌谷の近くの小涌谷のホテルに泊まりましたが、火山性微動と思われる突き上げるような地震が数分おきにありました(;^^)ヘ.. ドン、ドンって結構怖かったです。

176_2

 挟石坂の近くにあったヤブデマリ。美しい!

182

 芦川の古い石塔群。

191

 なんと万治元年(1658)年の古い庚申塔もあります。

192

 そしてお約束の箱根関所跡。。ここは何度来ても楽しい~~。

205

 箱根はほぼ関所だけの小さな宿場町。ここはもともと東海道ではなかったが、徳川家康が東海道を整備するときに、三島と小田原から強制的に住民を駆り出して宿場を作ったため、三島町と小田原町に分かれている。

 本陣跡は箱根ホテル。。ここのカレーはめちゃ美味しいらしい。。が、3500円もするらしい(;^^)ヘ..3500円のカレーを食べる日が来るとは思えないが、いつか機会があれば食べてみたいものだ(自分で払う気はない(;^^)ヘ..)

 資料館でもじっくり時間を使う。今回も新しい発見がいくつか。。特に、こないだ御坂道で古い官道の話を聞いたばかりだったので、徳川以前の古い御殿場に抜ける官道の東海道、鎌倉時代にできた湯坂道など、古い古道の関係がようやく頭の中で整理できた。このあたりの古道も歩いてみたい!

207

 お約束の杉並木~。

210

 ここから箱根湯本まで、断続的ではあるけどがっつり石畳。。なんとか転ばしの坂とか、どんぐりほどの涙がぽろぽろ出た辛い坂とか、とりあえず、いろんな坂が出て来るが、石畳こけむしていて、滑るし結構な勾配だし、最後は食傷気味(;^^)ヘ.. けど、雰囲気は良くて、新緑きれいで気持ちよかった~。

230


232

 ウツギが花盛り。

247

251

 ノイバラ。

248

 さすがに疲れた頃に畑宿へ。

 この碓氷峠道って歩いてみたいなぁ。

262

 さらに歩いて箱根湯本。。研修なので、温泉立ち寄りはないのだ(T^T)
 ここで愚痴ると、この研修はめちゃ大変で、朝8時に京都駅で新幹線にのって研修が始まり、お昼を食べたのが2時(ここまでは普通)、それから休憩なしで研修終わりに晩ご飯食べたのが夜の10時(T^T) お腹減って減って、あまりにひもじかった記憶と、次いつご飯が食べれるか分からないため、二日目の朝のパンバイキングで、小さなパンを10個も食べたのだった(;^^)ヘ.. こんな思いをしても痩せないわけです(;^^)ヘ..

 さらに小田原まで行って、小田原城を見学。このときはもう天守閣が閉まっていたが、以前に行ったときは、天守閣から、秀吉が一夜で作った石垣山城が目の前に見えて、そら、そこ取られたらもうアカンやろと、妙に納得した記憶が。。石垣山城行ったことないので、いつか行きたーい。ハイキングコースになっているらしい。。

 ということで、小田原で終了。みんなは静岡まで車で帰ってから帰るが、私はここで研修離脱。。たまーーーにしかひかりが止まらない小田原駅。ひかり発車まであと5分。ダッシュして、改札。。余裕やんと見たら東海道線(T^T)、、気を取り直してダッシュして、入ったのが小田急線(T^T) すぐにキャンセルしてもらってさらにダッシュして、階段駆け上がったらひかりがいて、ギリギリ滑り込みセーフ。。諦めない気持ちが大事やね(;^^)ヘ..

 というバタバタで終わった、最後の研修。。2年近くにわたった研修。もう来なくていいかと思うと地味に嬉しかった。


|

« 御坂道 | トップページ | 明神が岳と明星が岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/61672830

この記事へのトラックバック一覧です: 山中城跡と箱根旧街道峠越え:

« 御坂道 | トップページ | 明神が岳と明星が岳 »