« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015-07-21

伊吹山にヒメボタルとお花を見に

125_3

伊吹山の山頂には川も何もないのにホタルが出ると聞いて、今年は必ず行くぞと決めていた。ホタルが見られるのは、今の二週間ほどだけ。一週間前の7月14日、一晩2500円の山小屋を予約して、五合瓶の日本酒背負って、友達を誘って伊吹山。私は通算11回目。

 伊吹山は山頂にお花畑があって、この時期、一週間で花の様相が刻々と変わる。なので毎年、夏に三回ぐらいは訪れている。

 山腹にはさっそくクサフジ。

126

 シロバナカワラマツバ。山頂に向かうに従って生えているカワラマツバの色が変わる。これは白花。

129

 伊吹山は花の山。ハゲ山だからずっと絶景o(^▽^)o けど暑い( ̄◇ ̄;)

130

 小さいヒラタクワガタ。

132

 どんどん標高が上がって見える景色が変わる。

133

 同じくウスギカワラマツバと、キバナノカワラマツバ。

137

139

 イヌトウバナかクルマバナか?

140

 ハクサンフウロ。花びらが3つに分かれたイブキフウロは、もう少し後の開花で会えず。

144

 カワラナデシコは本当に繊細なお花。

291


 夕方から登り始めると三合目でユウスゲの群落がお出迎え。これも今の時期だけ、夕方から咲き始める一夜花。いつも昼間の萎れた姿しか見てなかったので、初めて咲いてるところ見ました。

147

148

 ホタルブクロ

158

これが何か分かりません(;^^)ヘ..

159

突然、キューンと警告音。鹿が10頭以上、あちらこちらから、こっちを監視してる。カッコウの声。

165

雲が湧き上がってきて、動画を撮りたいような雰囲気。

168

169

 標高が上がるに従いお花が増える。いつも時期を逸して見られなかった伊吹麝香草。葉っぱも香りも「タイム」の種類なのねーー。とっても良い香りに癒される。風が吹くたびに、香りが漂ってくる。

170

289

何かな?ハタザオかな?

172

イブキガラシ

173_2

イブキトラノオ!今年も会えましたo(^o^)o

180

伊吹山はカタツムリの宝庫。湿気が多いので、希少種もいっぱいいるらしい。山頂に暮らすヒメボタルはなんとこれらカタツムリを食べて生きているらしい。

181

 可愛らしい、ほんと可憐なカラマツソウ。

183

 ヤマアジサイ。

184

 クガイソウ。

186

 点々が可愛いホタルブクロとキリンソウ

187

  マメ科の植物。伊吹山にあるエンドウは、イブキノエンドウといって、織田信長がポルトガル宣教師に薬草園を作らせた時に、ヨーロッパからの植物についてやってきたここだけのエンドウらしい。

189

 普通のアザミ。イブキアザミやコイブキアザミは8月下旬に咲く。

191


あと少しで頂上というところで霧と雨で真っ白。朝から山小屋に最終確認の電話するけど出ない( ̄◇ ̄;)不安( ̄◇ ̄;) 頂上の売店は閉まってひっそり。そこへ、まるで街中のバーみたいなOPENのチカチカネオンサインが、ぼおっと霧の中に浮かび上がる。良かったo(^▽^)o

192

山小屋は二人だけの貸し切り状態。早速生ビールで乾杯。酒盛り開始o(^▽^)o 山小屋のおっちゃんの話しは面白く、いつの間にやら三人で酒盛り。伊吹山の山小屋、冬は雪に埋まってしまうので、夏の間だけの開業。といっても、売店の一室を、毛布だけ貸してくれて仮眠という感じ。売店なので、麺類などは出してもらえる(営業時間内ならカレーとかもある)。お湯ももらえるし、店内の食べ物は買えるが、基本は自分で食料を持っていった方がいいかもしれない。

伊吹山のホタルはヒメボタルという種で、夜10時頃から2時頃まで光る。外へいくとあちこちで光の点滅。小さいのに強い光。オスもメスも光る。短い点滅なので、源氏のように尾をひかない。


196

 写真には上手くとれませんでしたが、あちこちで明滅していました。

212

 夜景も綺麗でした。

211

さらに酒盛り( ̄◇ ̄;) 伊吹山のお花畑、増えすぎた鹿に荒らされて危機的状態。そういえば、登ってくるまでに鹿の大群に会ったわ-。大葉擬宝珠など根こそぎやられたらしい。おっちゃんの話しは面白く話しの種はつきない。

夜中にも一度ホタル見ようと思ったら雨。霧がかかって御来光は見えず。けど、この霧が花を育て、カタツムリを生み、山のテッペンのホタルを育てる。

日の出前に、キツネがやってくる。

218

221

朝日が上がると綺麗な青空。

222

誰もいないお花畑を散策。結構いっぱいお花があって、二人で写真撮っては、図鑑調べて前に進まない。山小屋のおっちゃんがお世話している花畑には貴重なお花がいっぱい。強いイタドリとかの草を地道に抜き、株分けして大切に守っているそう。それでも今年の鹿害、数年後には貴重なお花畑が絶滅するかも。ほんとにあちこち掘り返されてました。

そのまま涼しいうちに下山予定が、あちこち立ち止まって調べては下山。山鳥の山ちゃん探してアスファルトの林道を放浪。

シシウド

225

キバナノカワラマツバ。山頂に多い。
228

シモツケ
245

シモツケソウはまだまだもう少しだけ後の開花。

269

 なんじゃろ?

237

珍しい白いイブキジャコウソウ。

241

 イブキジャコウソウ。朝は花が立ち上がって、別モノみたいに見えました。

244

オオバギボウシ

246

アカソ

247

ウツボグサ

248

イブキタイゲキ(タカトウダイ)

249

お花畑の中で、さっきの狐が遊んでる。

250

 わかりません(;^^)ヘ.. 

251

 シモツケと黄色いホトトギス

255

 珍しいスズムシソウ

258

 イブキトウキ(ミヤマトウキ)

259

 ダイコンソウ

260


265


266

キンバイソウ

272

キンバイソウはキンポウゲ科なので毒があるので鹿も食べない。いっぱいありました。実はよく見えないけど、葉っぱの上にヒメボタルが乗っている。

252

キヌタソウ?
278

も一度キリンソウ

280


281

 どこまでも美しく

282

 イブキジャコウソウの香りも漂って幸せ。

287

292

 山頂のメタカラコウやオタカラコウはまだまだだけど、ここ5合目では花盛り。

295

 ノリウツギ

299

 ムラサキシキブのお花。

307

 盗人萩というらしい。実が、盗人が歩く足型みたいだからだそう。

314

 ここまで降りてくると、ひたすら暑く、コオニユリ。

317

 なんじゃろ。

319

ほんまに二日間よく遊びましたo(^▽^)o

322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »