« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015-08-21

今月出会った花たち

このブログは、自分への備忘録なので、今月出あった花たちも、ちょっと書いておきます。

<地味だけど可愛いヤツ>

初めて会ったのは冬。葉っぱも落ちて、綿毛みたいな実がついていた。
この枝を刈り取って使うのだなって納得した。

032

ぼけぼけだけど(;^^)ヘ..
3585


次に会ったのは、葉っぱがいっぱい付いた春。全く違う趣きだった。

057

そして、先日、菰野富士と御在所岳に行ったときのこと、とうとうお花に会えました!

006

019

地味だけど、よく見るとめっちゃ可愛いo(^o^)o
その名は、コウヤボウキです。


<給食でお世話になったアレ>

御在所岳では、春に出会った先割れスプーンみたいな可愛い葉っぱ。

073

076

これの、成熟版(;^^)ヘ..も見ました。可愛い実まで付いていました。

035

036

やっぱり、先割れスプーンみたいな独特の葉っぱです。その名は、シロモジ。
クロモジはあまりに有名ですが、シロモジつうのもあるんですね。


<六甲ゴールデンルート>

芦屋川ーロックガーデンー風吹岩ー雨が峠ー一軒茶屋ー六甲最高峰ー有馬温泉。

久々に六甲ゴールデンルートを、ラン友さんたちと出かけました。ラン友さんだけど、走るの一切なし。けど、みんなやっぱり健脚、サクサクと登ります。

このロックガーデンから六甲最高峰に至るコースは、自分が日本アルプスを登る体力があるかどうかを判定する体力評価基準(関西山岳ガイド協会の六甲タイムトライアル」でも用いられているコース。

ここを2時間半以内であるければ、夏のバリエーションルートや冬山一般ルートもOK、3時間以内なら無積雪期一般ルートなら問題なし、3時間半以内なら低山ハイキングはOK、それ以上かかる人はもう少し体力が必要ということらしい。

身近な山でも、1時間あたりの上昇率333m以上のペースを目標にトレーニングをすればよいらしい。。

ちなみにこの日は、後続を待つのにかなり長めに休憩とりながらも、2時間半~3時間でサクッと頂上へ。私自身、前回来た時より楽に登れて、体力付いたなぁと実感。

さて、お約束の高谷の滝でパチリ。

048

相変わらず楽しいロックガーデン。初めてここに来た時は、どこに足を置こうか悩んだなぁ。

004

風吹岩、今日は霞んで絶景と言うわけにもいかないけど、やっぱり気持ち良い\(^O^)/

013

039

このルート、滝あり、岩場あり、渡渉ありのやっぱりとっても楽しいコースです。

016

汗だくで一軒茶屋。ビール飲みたかったけど、魚屋道でひっくり返ったらシャレにならないので、ガマン!
汗はすっと引いて、汗が冷えて寒くなる。山頂は秋の気配。

021

何回来ても、やっぱり頂上で記念写真はお約束(;^^)ヘ..

027

夏でお花は少なかったけど、ちらほらありました。

キンミズヒキ。。赤いミズヒキより遙かに豪華やわ~。

017

ホトトギス。。ゴメン、あんまり好きちゃうねん(;^^)ヘ..

019_2

大きく拡大するとわからへんやろ~。どこにでもいるゲンノ ショウコ。。

024

六甲のアジサイは、まだまだキレイ。

025

フジウツギ。これもウツギなんやって(;^^)ヘ.. ウツギって色んな種類ありすぎ(;^^)ヘ..八方美人すぎやろ。。てか、適当に名前付けすぎやろ(;^^)ヘ.. 園芸品目はブッドレアつうそうです。英名はButterfly bush 蝶がいっぱい寄ってくるからだそうで、納得。。秩父で野生種が見つかっていて、在来種という説もあるらしい。ほんま、あなたはどこから来たの?

034_2

さて、有馬温泉に向かって魚屋道(ととやみち)を急ぐ一行。

043_3

有馬温泉では、金の湯が混んでいるかもということで、簡保の湯の温泉へ。もちろん赤茶けた塩辛い有馬の湯。回りに火山とかないのに、なんで太古の昔から温泉が湧くんだろうね~。不思議や~。それも鉄分たっぷり、塩分たっぷりのお湯。。そして透明な炭酸泉。。二種類のお湯が湧く。

有馬温泉の温泉地らしい雰囲気も大好き。。路地のお好み焼きやさんで乾杯。。餃子がめちゃ美味しい~。
立ち飲み私も行きたかったなぁ。。けど、ここで飲んじゃうと、家まで遠いからなぁ~。
また、今度~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-08-19

幼虫の正体 閲覧注意(;^^)ヘ..

064
こいつには、今月、火打山、黒沢の橋のたもとで出会った。

ちょうど橋のたもとで小休憩しているときに、のそのそと私の方に歩いてきた。ザックを避けても避けても歩いて来るので、よっぽど幼虫に好かれたようだった。

キレイな黄色い幼虫。思わず触ってみたくなった。けど、ツンツンとかして、臭い物質とか出されたら困るからやめた。

帰ってから名前を調べたけど、分からず。

昨日、ひょんなことから正体が判明!(教えて下さった方々ありがとうございました!)

「ナシアシブトハバチ」の幼虫らしい。

ハチなんや!そら、蝶や蛾の幼虫で調べても分からないハズやわ。

ええ??って、成虫をググってみると、おどろおどろしい姿が(;^^)ヘ.. あのオオスズメバチみたいな、おどろおどろしい姿(;^^)ヘ.. (自己責任でググってね(;^^)ヘ..)

ええ?あの幼虫がスズメバチ?? そなんです、このハバチっていうのは、スズメバチの振りをしているだけで、針ももたないし、人も刺さないです(;^^)ヘ..

変装の天才!幼虫は、蝶や蛾に似てて、成虫になったらスズメバチに似てる。
ヘンな昆虫(;^^)ヘ.. 

食べものは、植物だそうです。ボケや、サクラ、ナシの葉っぱだそうです。

普通に公園とかにもいるそうです(;^^)ヘ.. そういえば、近くに桜の木らしきものがあったような?ダケカンバかもやけど(;^^)ヘ..??

067

世の中、知らないこといっぱいです。

ともかくも、昔、ベランダに オオスカシバが発生して、ハチと思って大騒ぎしたら、息子にハチじゃなくて蛾だと教えられて以来の感動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-08-12

上高地

恥ずかしながら、生まれて初めての上高地に行ってきました。
いやーーー、上高地は美しい。何物にも代え難い山の景色。。これを見るためにわざわざやって来るんだろうな。

094

夕方に着いたのだけど、晩ご飯までの30分で散歩に出かけます。宿の裏がすぐ梓川。焼岳が夕日に輝いています。

086

すぐ近くにお花も咲いています。キツリフネ。。葉っぱのしたから花がつり下がってほんとに繊細な花です。

059

ヨツバヒヨドリ。花の先っぽが細く分かれてて可愛い。ヒヨドリが鳴く頃に咲くからだそう。アサギマダラが大好きなお花らしい。秋の七草のフジバカマはこのお花の親戚。

060

クサボタン。はっぱがボタンの葉っぱに似てるからだそうだけど、花に目がいって葉っぱまでは(;^^)ヘ..

065

ホタルブクロ

066

オカトラノオ

070

キバナノオダマキ

082

10分ほど歩くと、憧れの(?)河童橋。よくテレビや写真で見るところや!と大はしゃぎ。

077

翌日は朝から上高地をハイキング。徳沢まで往復します。
朝から、そこらへんにお猿の軍団。

102

河童橋からは、穂高連峰の峰峰、明神岳までくっきり。あのギザギザが素晴らしい。

104

林の中のせせらぎには、岩魚もいました。背中の点々がくっきり。すぐそこに!けど、保護区なので、岩魚を捕って食べてはいけません(;^^)ヘ..

109

サワギク

111

水がほんと透明で透き通っていてキレイ。

113

サラシナショウマ。六甲植物園(^^;でみたサラシナショウマは背が低かったけど、本物(?)はでかいのだと改めて認識(;^^)ヘ.. 薬草で、生薬、解熱や解毒に効くらしい。ラテン語の学名は南京虫駆除っていう意味だそう。

114

というまに、嘉門次小屋。明治にウェストンが上高地に来て、山を登ったときに案内したのが嘉門次さん。近代登山の祖らしい。近代登山って何かと思ったら、山岳信仰とか修行ではなく、山に登りたいから登るっつうことらしい。

121

そして明神池。真っ正面に明神岳。。その前に穂高神社があるのだけど、そのご神体は明神岳ではなく、実は明神池だそうです。

126

穂高神社は、なんと、「九州の海人族である安曇族が信州に新天地を求め、かつて湖水であった安曇に居を構え、穂高見神を北アルプスの守護神とした」という言い伝えがある。安曇氏は、白村江の戦いを指揮したらしい。ってか、こんな山の中に、海運族が九州から来たって、面白すぎて、小説が書けそうです(;^^)ヘ..

127

橋を渡って対岸へ。

130

カニコウモリの花。はっぱがカニの甲羅に似るから。別にコウモリソウというのもあります。

134

この可愛い白いナデシコみたいなお花は、センジュガンピ。。めちゃ可愛い。。

136_2


メタラコウの群落には、ヒョウモンチョウがいっぱい!

140_2

ゲンノショウコ。。よくあるゲンノショウコ。。これも生薬、胃薬。すぐ効くから「現の証拠」という名前になったらしい。西日本が赤が多く、東日本は白が多いらしいけど、ここは両方ある。

146_2

ハクサンオミナエシ。

147_2

ハンゴンソウ(反魂草)。。アイヌの人はこの草を薬草として使って、魂が返ってくるから、反魂と名付けたらしい。

150

遠くに大天井岳

152

トモエシオガマ

154

ヤマハハコ

158

白いのにアカバナ(;^^)ヘ.. アカバナの白花。

159

ジャコウソウ。。こないだ伊吹で出会ったイブキジャコウソウとは大違い。全然違う花と葉っぱ。ジャコウソウというので、葉っぱを匂ってみたが特に良い匂いはしなかった(;^^)ヘ..

162

写真には撮らなかったけど、徳沢の徳沢園で自家製カレーを食べたら非常に美味しかった。ソフトクリームも美味であった。。明神に戻って来て、ここではリンゴジュースを飲んだら、これまた生ジュースで美味であった。。

157

上高地に来て、地図を眺めては膨らむ妄想(;^^)ヘ.. 穂高連峰、蝶が岳、常念岳、明神岳、焼岳、全てが美しくo(^▽^)o いつかあの頂きへo(^▽^)o

104_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-08-03

火打山(二日目)

火打山の二日目。黒沢池ヒュッテから火打山山頂を目指します。
黒沢池ヒュッテ(5:30)-茶臼山ー高谷池ー天狗の庭ー雷鳥平ー火打山(8:36)ー高谷池ヒュッテ(10:00)ー富士見平ー笹ヶ峰(13:30)。

起床4時半。今日も快晴。身体が動かないけど、朝食は5時です。

172

なんと山小屋の朝食はクレープでした。ご飯を食べて用意をして5時半出発。

171

オトギリソウ。傷に効くというこの薬草の門外不出の秘密をうっかり漏らした弟。その弟を兄が切ったという悲しいお話をもつお花です。

176

日本海側です。

186

ナナカマドの赤と、遠くに見えるのは高妻山。

190

黒沢池があっと言う間に眼下に。

191

ようやくガレ場の先の雷鳥平と火打山が見えました。

193

ズダヤクシュ。これも薬草。咳の薬だそうです。薬草というと、小さい頃、身体が弱かった私は、よくおばあちゃんが煎じたオオバコの煎じ薬を飲まされたことを思い出します(;^^)ヘ..

200

イチヤクソウ。これも薬草、それもめちゃ優れた薬草だそうで、 全草を乾燥させたものを生薬の鹿蹄草(ろくていそう)といい、強心、降圧、抗菌などの薬効があるそう。

202

ここで、じゃーーーん!珍しいお花、キヌガサソウの登場。この時期にしか見れない。

205

204

なんと春のお花のスミレまで。

207

いきなり現れる北アルプスの山々。

210

ウサギギク。

211

高谷池ヒュッテでお手洗いを借りて、そのまま高谷池です。

213

ツガザクラ

219_2

ここにもコイワカガミがありました。可愛い(*^^*)

220

いよいよ天狗の庭に入っていくところで、なんと!ハクサンコザクラが花盛り。遠くもピンクに彩られていました。雪解けと同時に咲くお花だそうで、雪渓の縁にいっぱい残っていました。

226

イワイチョウ。はっぱがイチョウみたいだからだそうだ。

232

天狗の庭は素晴らしい。日本とは思えない風景。。池に映る逆さ火打も見えました!

237

わたすげが、朝日に光って銀色です。

241

コバイケソウと火打山。

244

トモエシオガマ。。お花が巴になっているから。

245

ウメバチソウもありました!ヤマハハコとウメバチソウ。

246

247

秋のお花トリカブト。春のお花と夏、秋のお花が混在しています。

249


253

ヒメシャジン。

255

お花畑の中を行きます。遠くにアルプス。最高です。


258


261


262


264

雷鳥平で、雷鳥には会えなかったけど、アサギマダラがいっぱい飛んでいました。

267


286

天狗の庭があんなに下。真っ正面には妙高山。

268


やったー!頂上です。8時36分到着。目の前に焼岳、雨飾山、遠くに朝日岳から続く北アルプス。

275

279

隣に、お地蔵さまと三角点もありました。

272

白馬の大雪渓はすでに雲に隠れましたが、八方尾根は見えます。

283

槍も穂高も見えます。

284

360度の大パノラマです。

274_2

314

名残惜しいですが、9時に山頂を出発。下山します。

289_2

私は、登りには自信があって、結構速いです。体力にも自信がありますが、下りは下手です(;^^)ヘ..なんでか分からないけど、あっと言う間に置いていかれます。普通の木道でも置いてかれます。木道、小走りで走っても追いつきません。。何故なんでしょう?この登りと下りのギャップは(;^^)ヘ.. 当分、修行です(^^; けど、ランニングでは、ロードの下りは速いねんけどなぁ~。。不思議。

あっという間に、昨日の黒沢の沢。登山靴を脱いで足を浸す。。気持ち良いかと思ったら、大間違い(;^^)ヘ.. 雪解け水は冷たすぎて、30秒も足を漬けてられない(;^^)ヘ..けど、リフレッシュo(^o^)o

305_2

307

 温泉に入って2日間の汗を流した後、みんなと別れて、初めて北陸新幹線に乗って帰りました。

313

快晴の中、お花と絶景に癒された、思い出に残る素晴らしい山旅でした。

290

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火打山(一日目)

289

日本百名山、花の百名山でもある新潟県の火打山に行ってきました。2日間とも快晴!珍しいお花にいっぱい出会え、花が咲き乱れた登山道を歩き、北アルプスから南アルプスまで一望できた、素晴らしい山行でした。

一日目は、笹ヶ峰駐車場(11時)-十二曲り-富士見平-黒沢池-黒沢池ヒュッテ(泊)(15:00到着)

が、暑い(^^; 笹ヶ峰駐車場は標高1000mを越えているのに暑い。

054

登山口のこの門をくぐります。

055

しばらく、素晴らしいブナの森を歩きます。ずっと木道で緩やかな登り。

057

日本海側のもみじであるやまもみじ。

056

ツクバネソウ。面白いお花っつうか、花に見えないけど花らしい。

058

久々にみるミンミンゼミ。緑色の模様が綺麗。ミンミンゼミは、たいがい高いところにいるので、なかなか捕まらないのだけど、こんな下にいるなんて。。

060

それにしても暑い。。顔から滝のように汗が噴き出す。ちょっと頭も痛いかも(;^^)ヘ..熱中症気味のところで、黒沢の沢で一休み。頭から水を被り、手を浸し、タオルを浸す。ちょっとリフレッシュ。

065

水は透明でとてもキレイ。

066

ここからが十二曲がりその先の急登と一番大変なところ。

ソバナが咲いていました。

071

ギンリョウソウ。

073

ゴゼンタチバナ。

078

馬鹿でかい葉っぱのヤグルマソウ。そのお花を初めて見ました。

081

日本海側にしかないという黄色いお花はオオバミゾホウヅキ。高山植物。この花の名前がなかなか覚えられなくて、何度も何度もメモを見返した。

082

少しぼけぼけだけどミツバオウレン。なかなかに美しいお花です。

088

なんと、コイワカガミが咲いていました!

086

急登が終わって、ようやく富士見平の分岐。


090

可愛いツマトリソウ。

091

マイズルソウもいっぱい咲いていました。

093

空はどこまでも青く。

095

099

ヤマハハコ。。写真には写りませんでしたが、ヒカリゴケもいました。

102

ようやく黒沢池。。素晴らしい景色です。

108

クルマユリ。

109

ハクサンフウロ。。

110

大好きなカラマツソウハクサンフウロ。

115

ヨツバシオガマ。

122

黒沢池の木道の周辺はわたすげがいっぱい。風に揺れて、とってもキレイ。

139


144

綿毛が飛んだあとの、チングルマも。

147

野生のモウセンゴケを初めて見ました。

149

雄大な景色です。

150

セリ科の植物。

151


156


157

クルマユリの群落。

159

黒沢池の端まできました。

160

黒沢池ヒュッテは、プラネタリウムみたいな外観。中は放射状になっています。

163

放射状になっているので、放射状にお布団をひくと、微妙に足元が重なります(;^^)ヘ..
普段は涼しいのでしょうが、この日は暑くて暑くて、、外に出ると、涼しいのだけど、湿原の端なので蚊やら虫がいっぱいいて、それなりに不便でした(;^^)ヘ.. といいながら、一人、半袖半パンでいた大胆な私でした(昼間暑かったのか、身体の芯がほてって、手のひらと足の裏が暑くて仕方ありませんでした)。

164

8時消灯。。すぐに聞こえる大いびき。。寝言。。いろんな声が聞こえるなぁと、思わず笑ってしまいました。。というまに、寝てしまい。夜中に星を見に行く約束もどこへやら、あっという間に、4時半の起床です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »