« 芦生の森 | トップページ | 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 »

2015-10-31

比叡山(10月)

この季節、紅葉には少し早くて、夏の花も終わって、一番寂しい頃、一番、ネタに困る頃です(;^^)ヘ..
が、秋になると、道にいろんなモノが落ちている!落とし物を拾いながら歩くのも楽しいですo(^o^)o

もう名残のキンミズヒキ

002

モミはもみもみしても痛くないからモミだそうです(;^^)ヘ.. うっかりカヤとか触ると手に刺さって痛いです。

比叡山にはモミの天然林があります。モミは、加工しやすくて有用だけど、一つだけ欠点があります。それは、腐りやすいこと!!日本には腐りにくいヒノキやスギなどの良い材があります。なので、モミは良いのに使えないヤツ。。けど、このモミがよく使われるものがあります!それは何でしょう!って言って、答えを言うと、大体受けます(;^^)ヘ..(答えは棺桶と卒塔婆(;^^)ヘ..)

005

ナギナタコウジュ。。片側にだけ花が付く様子が薙刀みたいだかららしい。紫蘇科の匂いがする。

006

私を、苔の世界に導いてくれたコスギゴケ。ぴんぴん跳ねてるのは何?って思ったら、索という胞子の入った袋。苔って、胞子飛ばすんや~、しかも精子とかいて有性生殖するんや!って目から鱗が落ちました(;^^)ヘ..

008

ドウダンツツジの紅葉。

011_2

マムシグサの実。

014

そこらにあるイタドリだけど、よく見るとキレイな実。

020

比叡山の麓、登山道じゃないところ登っていくと、立派な山城があります。石垣2段重ねに土橋!

027

031

麓に苔いっぱいの参道もあります。苔の競演。(間違っていたら教えて下さい

ヒノキゴケ発見。
071

ウマスギゴケとシノブゴケ
073

ヒノキゴケとスギゴケ
076


077

シノブゴケ
069

野鳥も入れ替わり時期でしょうか。
人なつっこい、ヤマガラさんに出会いました。他には、シジュウカラにオナガ、あと、八瀬でカワセミも初めて見ました!

056

秋は、いろんなものが道に落ちていて楽しいです。
アケビが落ちていました。

040

ヤシャブシの実、カラマツの実、栗の実、サワグルミもありました。もちろんいろんな形のドングリ類、、クヌギは丸いので坂道では、ビー玉踏むようなものなので要注意。

ソヨゴの実はマレットみたい。

201

段々紅葉も進んできました。

022

落葉している葉っぱも楽しいです。
もみじだけでも、ヤマモミジ、ハウチワカエデ、ウリハダカエデ、イタヤカエデ。
カエデの種類をいっても、ふーんって感じですが、一番、受けるのが、コシアブラ。。私はまだその春の新芽を食べたことないですが(×_×;)

024

ずっとないと思っていたホウノキ(ホウノキの葉)を見つけて喜び、大きなユリノキも見つけて喜び。そして、カツラの木の、カラメルみたいな甘い香りをかぎながら、秋だなぁとしみじみ思いました。

|

« 芦生の森 | トップページ | 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/62598724

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山(10月):

« 芦生の森 | トップページ | 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 »