« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015-11-02

滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎

滋賀の山は美しい。何が美しいかというと、自然林がいっぱい残っているから。

だけど、滋賀の山は結構大変(;^^)ヘ.. 低山だからとうっかり油断すると大変なことに。携帯電波も届かないところがたくさん。比良山系は結構遭難があり、人が亡くなっている。

が、美しいものは美しい。。

ほんの数年前までは、ちゃんとした道、整備された登山道(いやハイキングコース(^^;)しか歩いたことなかった私なのに、今年に入ってからは、テープを頼りに山に分け入ることが多くて、いやー、地図、読めるって楽しいと、低山で遊ばせてもらっています。下見とお客さんを連れて二回、行かせてもらいました。

万路越は、昭和にトンネルが開通するまで使われていた古道ですが、今はすっかり廃れています。峠の東側(西浅井)の方の道は、よく残っているようですが、高島の追の坂道の駅から入る峠道は、谷筋だということもあり、道は荒れ荒れ、狭く切れ落ちていて、しかも傾斜しているところがある。

峠にはお地蔵さんがぽつり。高島側からここまでは、ほぼスギの二次林。苔が美しい。峠からは自然林のワンダーランド。ただし、うっすら踏み跡程度の道、時々テープ、地図読み必須の道です。

226

貴重なクマタカの死骸がありました。死んでとことこのクマタカ。立派でした。次にいったときには、もう無くなってました(写真の詳細データは消してあります)

223

峠を過ぎると、稜線を歩いていきます。美しい自然林。クロモジの木がいっぱいあって、人が歩くと擦れて、爽やかな香りがします。クロモジの葉をちぎってそのまま煮出すと、素敵なハーブのクロモジ茶になるそうです。

鉄塔のところで振り返ると、野坂山地の有名な赤坂山や乗鞍山、明王の禿が見えます。

春にはタムシバがいっぱいあるらしいです。今は秋なので、紅葉を愛でながら歩きます。

008_2

009

ウリハダカエデ、コシアブラ、トチノキ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ、そしてブナの森、、

写真撮るの忘れましたが、シロダモの木。シロダモは、この季節、花と実が同時に見られます。Mさんに教えてもらいました。。春に熊野古道に外国人連れて行ったとき、シロダモの新芽を花だと勘違いして、いっぱい写真撮ってはりました(葉だと言ってもなかなか信じてくれなかった)。花と実をようやく同定。

012

010

013

竹生島もみえます。

229

ヤマナシの実かと思ったら、Mさんによればオオウラジロの実(別名、ヤマズミ)。食べてみると、わずかに甘くてすっぱいけど、渋い渋い渋い!!果実酒にすると良いらしいです。家で、切ってみるとリンゴの香りがしました。切り口はリンゴみたいでした。

230

途中には、カエデがいっぱいで、みんなでカエデ平と命名した場所などいっぱいあって、ブナも現れます。

014_2

015

018

ようやくピークの東山

232

途中、のろし台みたいな遺構や、廃寺跡もあります。ほんの60年前まではお寺があって、年に一度のお祭りでは夜通し恋が芽生えたらしいです。

236

桟瓦なので、そんなに古いお寺ではありません。

238

が、基本、道のない薮山です。さてどっち行くのでしょう(テープ分かりますか?)

017

235

ここから東山を過ぎて、海津大阪突端の大崎寺までが、激下りのめちゃめちゃ大変な道です(×_×;)
当然写真撮る余裕なし(;^^)ヘ..
滑ること二度(;^^)ヘ.. 最近はもうお尻ついて派手に転けることはなく、滑ってもお尻つかなくていけるようになったので、もう開き直ることにしました(お客さんは、私が滑るとかえって安心するようです(;^^)ヘ..)

ご褒美はこの絶景

244

足が残っていれば、琵琶湖にタッチできます(^^v

246

249

人が踏み入れてない山はほんと素敵です。

019

お土産に、里芋の親玉を買いました。

007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »