« 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 | トップページ | 比叡山から東山いろいろ »

2015-12-12

葛城山から金剛山

167

今年ほど、秋の山を楽しんだことはありませんでした。
秋の山って、楽しいo(^o^)o

色とりどりの木、そして地面に落ちてる葉っぱ。。

そして登山道に降り積もった落ち葉。
もう冬枯れの時期、人があまり通らない登山道で、落ち葉をサクサク踏みながら歩くと、極上の幸せを感じます。

さて、まだ紅葉がきれいだった先月、ちょうど一月前、葛城山から金剛山まで一泊で行きました。普通は日帰りのコースなのですが、せっかくなので、葛城山の上のロッジに泊まろうということで、夕方から登山開始。

葛城山のメインルート(くじらの滝とかある方)は、急登の階段地獄な上に、昼でも暗い針葉樹林帯で面白くないので、そちらは避けて、北尾根から上ります。

いきなりの急登だけど、広葉樹林が広がっていてキレイ!歩いていてもホント楽しい!
少し上ると五條のあたりが見えます。

090

めちゃかっこいい甲虫

092

ダンコウバイです。シロモジによく似ていますが、シロモジは凹んだところがまぁるくなっています。今回、完璧に覚えました(^^v

099

いやーん。何これ!?ツチグリだそうです。

100

色とりどりのハウチワカエデ

101

106_2

カンアオイ、ここにはちょっと変わったカンアオイもあるし、それを食草とするギフチョウも棲息する。

110

落ち葉がキレイ。ウリハダカエデ、ヤマモミジ、ダンコウバイ、ホソカエデ、コナラ、そしてブナ!
山頂付近までくるとブナ林があるんですね。
いろんな葉っぱを集めて、葉っぱじゃんけんをしました。

111

112

葛城山山頂(959m)大阪府最高峰となる。

本当は隣の金剛山の方が高いが、山頂は奈良県に所属するため、山頂直下に大阪府最高峰の地点がある(;^^)ヘ.. 大阪の人に大阪で一番高い山は?って聞くと、みんな金剛山と言い、金剛山は大阪のものだと思っているが、厳密には奈良のものなのです(;^^)ヘ..

そして葛城山山頂の夜景。遠く明石海峡大橋から関空まで見えました。
葛城山ロッジでは、名物の鴨鍋を食べました。美味しかった~。

121

ご来光です。ちょっと雲がかかっていたけど。

128

葛城山名物(?)5月頃に一斉に真っ赤に山を染め上げるツツジ。季節を間違えて咲いていました。

132

金剛山に向けて出発!

133

クサギ

134

葛城山から水越峠まではかなり下る。こんなに下るとはおもわなんだ(;^^)ヘ..
遠くに金剛山。

140

そこからまた登り返すが、ここらあたりは杉の植林で、歩いていても面白くない(^^;
昨日が、自然林の中をあんな木、こんな木、赤い葉っぱ黄色い葉っぱと楽しく歩いていたので、杉林は退屈でブー垂れる(;^^)ヘ..

ようやく町石が出てきた。

143

おお、さっきまでいた葛城山が遠くに。

144

まだまだ美しい紅葉。。山頂ちかくからブナ林も出てきた。ニシキギもありました。

146

ハリギリ

147

金剛山は、信仰の山だけあってなかなかに見所たっぷり。

150

古い道標、みぎ よしのこうや(吉野高野) ひだり いせならごせ(伊勢奈良御所)

151

山頂には葛木神社がある。金剛山なのに葛木神社(;^^)ヘ.. 一番高いところは葛木岳(1125m)というが、葛木神社の本殿の裏に当たるため、一般には立ち寄れないらしい。
ということで、ここには山頂の標識がいくつかある(;^^)ヘ..

152

山頂=三角点ではないんやってー。一等三角点! 湧出岳(1112m)

157

そして一般に山頂とされる場所

161

下りは表参道を下る。ぶなの林がキレイ。
163

なごりの紅葉です。

165

古い町石と、バルタン星人もびっくりの現代の町石。

166

168

冬はアイゼンつけて登るらしいが、表参道は整備されているので全く危険箇所はない。
バスの時刻があって、千早城に寄れなかったのが残念。。また来よう。。

帰りは、河内長野の長野温泉に入る。めちゃ都会なのに、駅裏に行くって川を渡るといきなり昭和の温泉街にタイムスリップ。。とてもよいお湯でした。


|

« 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 | トップページ | 比叡山から東山いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/62892916

この記事へのトラックバック一覧です: 葛城山から金剛山:

« 滋賀の高島、万路越から東山、海津大崎 | トップページ | 比叡山から東山いろいろ »