« 比叡山から東山いろいろ | トップページ | いぶすき菜の花マラソンと開聞岳登山 »

2015-12-16

小辺路の果無峠

234_2

先月のことですが、小辺路最大の難所といわれる、果無峠(1114m)越えに行ってきました。

まずは、日本一長い路線バスに乗ります。八木駅発、新宮行き。私が降りる十津川まで4時間半、終点の新宮まで行ったら、なんと8時間!!! 路線バスなのにトイレ休憩付きです!

198

運転手さんもなんだかノンビリしていて、途中でお弁当取りに行ったり、後ろのグループは乗ったとたんに酒盛り(;^^)ヘ.. 途中、スポット観光案内もしてくれます。

途中の山肌には、数年前の大洪水の爪痕が(×_×;)道路が途中でなくなっています。
あのトンネルの上まで水が来ました、とか、水力発電所が流されました、とか、とっても生々しかったです。

200_2

途中、有名な谷瀬の吊り橋で休憩。。揺れる揺れる(;^^)ヘ..

206

20人までって書いてあるけど、団体客がやってきて、絶対20人以上載ってるし(;^^)ヘ..

203

高さ54mあるので、なかなかの迫力です。バスの時間があるので、向こうまで行かずに、川の真ん中で折り返してきました。

204

その晩は、十津川温泉に泊まりました。
そして、アーオーという青鳩の声に送られて、早朝に八木尾を出発。

小辺路のこの古道には、行く先々に三十三の観音さまが置いてある。いくつかパターンがあるようで、千手観音もあれば、小首をかしげた妖艶な観音さまもある。道行く人を見守っていてくれる。古道の雰囲気。

209

七色の集落への分岐を越えてさらに進む。
ハイゴケの上にウバメガシの黒い小さなドングリ。照葉樹のウバメガシがこんな高地にあるのは珍しい。ウバメガシのドングリは、ドングリの中でも一番小さい。常緑で、備長炭の材料になる。

213

ツガぼっくりと、ヒノキ玉と、しっぽごけ(?)

223

さすが難所と言われるだけあって、結構な急坂、細いトラバースがあって、なかなか歩きごたえのある道でした。そして所々に、石畳がキレイに残っていて、古道を歩いているという雰囲気。

225

町石も出てきました。

227

眼下の雲海に浮かぶ奥深い山々はこれぞ熊野という雰囲気。

229

ふわふわの苔。ビロードのような手触り。

230

どこまでも観音様が見守ってくれている。

231

ああ熊野。本宮はもうこの先。

234

近くには、タカノツメの黄色い三葉の葉っぱがいっぱい落ちていて、タカノツメの甘い香りが漂う。
カゴノキ、リョウブ、ナツツバキのまだら模様三兄弟(三姉妹?(;^^)ヘ..)がいました。

なんと、峠付近にはブナ林にヒメシャラが同居!わーーい!大好きなヒメシャラ、ここにいたのね!

241

果無峠付近はブナ林。いつかこの果無峠からブナ平を越えて、百前森山の方へ行ってみたい。

251

ロクショウグサレキンで青くなった木。

252

可愛い先割れスプーン状のシロモジの黄色い紅葉が美しく、

258

クロモジの紅葉も美しく、

294

もちろん、紅葉もまだまだ美しく。。。

264

峠を越えて下りていくと、観音堂。

262

261

その先を降りていくと、昭和まであったという茶屋の跡。
もうその敷地には、何もなくお茶碗のカケラが落ちてました。

270

272

そして雨水だけでお米を作っていたという天水田。

274

そして降りてきたところにある数軒しか住んでいない果無集落。
287

おうち敷地の中を、古道が通っています。

288

291

292

最後の仕上げは、谷瀬の吊り橋より細くて揺れる吊り橋(;^^)ヘ..

297

なかなか険しくて歩きごたえのある小辺路果無峠越えでしたが、秋の1日とても良い山歩きでした。

その日の宿泊は五條。奈良の五條。山田旅館は、古い旅館のたたずまいをそのまま残しています。五條って、京都から近いのに初めて行きましたが、こんなに素晴らしい町並みが残っているなんて。

323

古い今でもやっているお餅やさん。焼き餅が美味しかったです。

345

関ヶ原の頃に建ったという日本最古の民家を始め、江戸時代の家がごろごろ、当時の町並みが保全されていて、得も言われないものすごく良い雰囲気。。

358

五條は、今でも鉄道の乗換駅が示すように、昔の紀州街道、熊野街道、河内街道、下街道、伊勢街道の5つが交わる交通の要所。江戸の初めごろは、紀州のお殿様も参勤交代で通ったらしい。吉野川が流れ、材木切り出しで栄えた町だったのです。

351

夢幻に終わった、五新鉄道の跡もありました。

320

五條のお酒、風の森もめちゃ美味しく、お料理も美味しく、まさかの五條がこんな良いところだったとは知りませんでした。

348

|

« 比叡山から東山いろいろ | トップページ | いぶすき菜の花マラソンと開聞岳登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/62911592

この記事へのトラックバック一覧です: 小辺路の果無峠:

« 比叡山から東山いろいろ | トップページ | いぶすき菜の花マラソンと開聞岳登山 »