« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016-02-20

福寿草を見にポンポン山に!

356
なんとポンポン山に福寿草が咲くと聞いて、出かけてきました。

今回は出灰から。ポンポン山への最短距離。
出灰バス停から出灰川沿いをあがって、しだ寺跡から登る。

後で聞くと、この出灰は、古くから朝廷に石灰を納めた石灰の産地。大阪では珍しい古生代の地層が残るらしい。
福寿草は石灰岩土質を好むから不思議に思っていたのです。しかも、ポンポン山の命名の由来、山頂で飛び跳ねるとポンポン音がするのは、石灰岩の空洞があるからという話もあながち嘘ではなさそうです。

地図を読みながら登っていく。途中、ブナの葉っぱをみつけてびっくり。イヌブナのようです。あれって思うと、後で、イヌブナの森の表記が。。ここらにもブナ林があるようです。ポンポン山奥が深い~~。

というまに山頂。山頂に行くと突然の人出。平日なのにいっぱいの人です。

346

そこから出灰への分岐をそのまま北へ通称西尾根に入る。
リョウブの丘を越えてしばらく行くと、福寿草の保護区が。名前を書いて入ります。

347

思ったよりも意外に広くて、そしていっぱい咲いていました。

352

福寿草は日がかげると花を閉じてしまうそうです。この日は晴天で、めいっぱい花を開いていました。

359

361

366

確かに石灰岩がいっぱい落ちていました。

368

福寿草いっぱい見れて幸せ~。帰りは、ポンポン山まで戻って、釈迦岳ピストンして、善峯寺の方へ。三鈷寺からの参詣道が笑うような急坂。地道なので善峯寺からのアスファルト歩きよりはるかにましだけど、バス停遠すぎ(>_<) てか、バス無いし(>_<) よう歩いたー。

あー、けど福寿草に会えて良かった!静かでのんびりした山行でしたo(^▽^)o


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-02-16

妙見山

大阪と兵庫の県境にある妙見山に行ってきました。

妙見山は面白い。。北極星をまつる北辰妙見大菩薩というのをまつっている。北極星は、針路の指針。転じて人生の指針、進むべき道筋を示してくれるらしい。。

今回は裏参道の新滝道から登って、下りは上杉尾根。

さすがは古い神社、裏参道でも町石がしっかり残っています。

282

冬枯れの里山は野鳥の宝庫!野鳥の写真は撮れなかったけど、まずはウソがお出迎え!ウソ初めて見ました。ひゅうーーという声もあちらこちらから。赤いのど元がめちゃ可愛いo(^o^)o そしてそこからすぐにキセキレイが!これまた黄色いお腹が可愛い!

しばらく行くといくつか滝があり、滝行の行者場がある。この矢筈十字の紋は能勢氏の紋。このあたり、キリシタン大名の高山右近を出したらしく、キリシタンが多くいたらしいので、何か関係があるのかもと言われている。

294

このあたりで出会ったのがリス!!可愛い!

鬼子母神の紋はやっぱりザクロなんやな(;^^)ヘ..

300

連れてもらった友人に教えてもらったジャケツイバラ。キレイな花が咲くらしいが、かえしのついた恐ろしい棘があって、ゴアのウェアとかをかぎ裂きにするらしい(×_×;)

301

苔!苔は美しい。。(同定できません(;^^)ヘ..)

287

さて、するすると登ると妙見山頂上にはブナ林があるのです!

304

なんと600mぐらいの山でブナ林が残っているのはここが南限!幹回り4mぐらいのもあり、100本近く残っているようです。

306

確かに、ブナの実が落ちています。

308

なかなかびっくらぽんなブナ林

310

尾根にはアカガシの大木。この後、尾根を詰めていって急斜面を這い上がるプチサバイバル(;^^)ヘ..

313

ガラス張りの信徒会館 星嶺

314

裏はお寺みたいですが、表は神社です(後の写真参照)

316

ちょうど大阪と兵庫の県境。
317

立派な本堂。

319

古い絵馬もかっこいい!

320

霊水も湧きます。昔の歌舞伎役者にちなんだ歌右衛門の泉。

322

ちっっちゃーーー。四等三角点です。

323

正面からみたらやっぱり神社。

325

駐車場のところに古いお堂があって、蛇がまつられていました。蛇もちゃんとアウンになっている。。これが亀と蛇の合体版「玄武」だったら、北極星と繋がって面白かったのに、そううまい話はなく(;^^)ヘ..

326

珍しいキツネとタヌキ。。仲良く並んでます。。

327

ブナの植林もありました。

329

山頂で小雪がちらついてきました。霜柱を久々に見ました。

330

炭を焼くのに木を切り続けてヒコバエがひょろひょろのこんな姿になった台場クヌギ。里山の象徴らしいです。

339

写真はありませんが、ヤマガラさんは山のようにいました。シジュウカラにコゲラ。
地面をぴょんぴょん歩くツグミ。
ジョウビタキとヤマガラを、初めて見分けることができました。
ホオジロもいたようです。
帰ってから色々辞典をみると、結構、冬鳥を見られたみたいo(^o^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-02-12

富士山三昧の竜ヶ岳

163
もう先月のことですが、富士山のふもと精進湖の近くの竜ヶ岳(1485m)に行ってきました。

竜ヶ岳は、ダイアモンド富士で有名なお山ですが、この日は日中登って、晴天の中、一日中いろんな表情の富士山を堪能しました。

駐車場に着くと、ふもとは雪o(^o^)o 奥に見えるのが竜ヶ岳です。

122

新雪のときに歩いたらしいウサギやそれを追ったキツネやネズミ。。

129

アイゼンなしでもいけそうでしたが、日陰はちょっと凍っていて、軽アイゼンを履きました。

131

少し登ると、下に精進湖。遠くに八ヶ岳、アルプスの山並み。

138

真っ青な空です。

145

もう富士山がどーーん。広い青木ヶ原樹海も一望、遠くに大室山、そして側火山も。

149

ひとひらの雲がかかってきました。

152

ちょうど中間地点になる平坦な尾根から山頂を見る。

153

目の前にはずっと富士山。

154

ずっと富士山。関西人にすると、一日富士山は極上の幸せ。

158

同じ様な写真でごめんなさい。でも、やっぱり一杯写真撮ってしまう。

163_2

天気は下り坂予報。山頂に現れた一ひらの雲は消えません。

165

竜ヶ岳名物?の笹原。

166

ようやく山頂です。この日は暖かかったですが、それでも山頂に着くと風があってすぐに冷えてきます。踏み固められてますが、少し外れると50cmぐらいずぼっ(;^^)ヘ..

176

お昼です。暖かい麺類が嬉しいo(^o^)o

178

179

もう富士山にかかった笠雲はどんどん発達して…。三段重ねの竜の巣みたいなのもありました。
写真撮ったけど、うまく映りませんでしたが、南アルプスの山々、北岳などの雄峰、北アルプスまで見えました。

188

ヒメシャラの冬芽。

192

ブナの冬芽。。もう春の準備です。

193

ヒメシャラもいっぱいありました。

195

帰りは精進湖に降りる登山道にしようかと思いましたが、やっぱり富士山見たいのでもと来た道を降りました。一日、富士山、刻々と変わる雲、幸せな一日でした。

おまけ。。
前日少し時間があったので、三島の楽寿園へ。アオジを見ました。うまく写真に撮れなかったけど、カワセミもいました。

105r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »