« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016-04-30

山芍薬を見に雲ヶ畑へ

京都雲ヶ畑で、ヤマシャクヤクの観察会があったので行ってきました。
植物に詳しい人、コケに詳しい人、鳥に詳しい人、そして長いもの(ミミズから蛇まで(;^^)ヘ..)に詳しい先生など多彩な方々がいて、とても楽しかったです。あいにくの雨で、鳥は見れませんでしたが、オオルリの声を聞きました。

ヤマシャクヤクはあいにくの雨で、花は閉じていましたが、最盛期!ほんと素晴らしく気高いお花です。
山芍薬だけじゃなくて、苔もランも希少種がいっぱいです!

アケビの花です。普通のアケビとミツバアケビとあるらしい。

044

クジャクシダ。まだ開いたばかりだけど、美しいシダです。

046

ジュウモンジシダ。基部が横に張り出して、ジュウモンジみたいに見えるからです。

048

クロモジに似ていて違うこの木は、カナクギノキだそうです!クロモジ属です。
そう言えば葉っぱが違うかも。。同じように芳香があります。昔、タンスを作る時に、木釘としてこれを用いたから命名されたようです。

050

コケイランというキレイなランがあるそうですが、ごっそり盗られたそうな(×_×;)盗るのはドロボウです!
052

ヤマコウバシ これも同じくクロモジ属。。よく似たお花が咲きます。これはもう実になったもの。
055

コケの希少種(準絶滅危惧種)オオカサゴケ!

056

ネコノメソウにも色々種類があるけど、これはニッコウネコノメ
058

小さくて見にくいですが、ニョイスミレの群落がありました。白い小さな菫です。

060

タマゴケ!めちゃふわふわキレイ!

061

絶滅危惧種だそうですが名前わかりません(×_×;)

062

なんとカヤラン。着生ランです。

064

そしてヤマシャクヤクの群落いっぱい。雨で花が閉じているのが残念だけど、ふわふわした花弁が美しい。4日ほどで散ってしまうそう。儚いお花です。何カ所かで自然の群落を見ました。

092

068

081

見飽きないです。今回初めて知ったのは、ベニバナノヤマシャクヤクとヤマシャクヤクの花期が違うこと。ベニバナノヤマシャクヤクは花も小さくて、なんとここらのは紅ではなくて白いらしい(;^^)ヘ.. 6月に咲くので、まだまだ芽が小さかったです。

104

フデリンドウ
093

ヒトリシズカ
097

ラショウモンカズラ 渡辺の綱が羅生門で切り落とした鬼の腕らしい(;^^)ヘ..
100

イチリンソウ
103

エビネです
108

沢にはクリンソウの群落が。沢沿いがピンクです。行く道々にもクリンソウの株がいっぱい。

123

125

116

ここでマムシ登場。傘一本で捕まえた猛者が牙を抜きます(;^^)ヘ..
生まれて初めてマムシに触らせてもらいました!!柔らかくて、すべすべで気持ち良かったです(;^^)ヘ..

129

ヒルも出ていて、あちこちで犠牲者が出てました(なぜか私は犠牲にならずにすみました)

イカリソウももう終わりかけ。
134

逆光ですが、ザイフリボクの花。
137

イワナシの実ができてました。赤くなりかけが美味しいらしい。シャリシャリしててリンゴみたいらしい。

139

これはタチツボスミレの交雑種(日本海側のと太平洋側のの交雑種。これだけらしい)

141

山主が取っていいよというので頂いたサンショの芽で、筍の木の芽和えを作って食べました。
雲ヶ畑、とっても自然が豊かに残っていて素晴らしい森でした。

146


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-04-24

三重嶽(さんじょうがたけ)

滋賀高島の三重嶽に行ってきました。標高を上がるにつれて変わるお花。なんと山頂はマンサクとブナの冬芽で春が来たばかり、ところがシャクナゲが咲き、山桜が咲き、麓は春一色。

落合から尾根筋の登山道を上がります。

まだまだ山桜がきれい!

262

ヤマコウバシかな?クロモジに似ていて、同じように芳香があります。

264

こちらはクロモジ!

269

アケビの花を初めて見ました!キレイ!
267

ミヤマキケマン。ムラサキケマンの黄色バージョン。ムラサキケマンと同じくアルカロイドを含むので有毒。
270

イカリソウがあちこちに咲いていました。
275

菫もいっぱい咲いていました。これはマキノスミレ(?)
276

シハイスミレ(?)
294

こちらはスミレサイシン(?)菫は奥が深くてまだまだ分かりません。
277

これはタチツボスミレ
295


立派な熊はぎの跡。。木肌が美しい。。
281

ナナカマドの新芽
288

春の花。。オオカメノキのお花!
290

リョウブの新芽が可愛い。この新芽は食べられてリョウブ飯になるらしい。昔は飢饉対策の木で、領主が切ることを禁じたから「令法」と名付けられた。

297

300

305

ブナの芽吹きは美しい。
307

ツクバネソウの蕾。
306

ユキザサの蕾
310

ショウジョウバカマもまだこれから。

311

312

タムシバがあちこちにいっぱい咲いていました。

329

タムシバは香りこぶしという別名をもっていて良い匂いがします。嗅いでみると本当に良い匂い。花が落ちかけの方が熟して?良い匂いです。

378

イワウチワの群落のお目見えです!
339

343

なんと!早春のお花、マンサクが咲いていました。春に「まず咲く」からマンサク。繊細で大好きなお花。

344

イワナシも咲いていました。
351

カンスゲもまだ春の色。
357

一応山頂にてポーズ
358

キンキマメザクラが咲いていました。
360

ミヤマカタバミが可愛い
361

ニシキゴロモ
353

バイカオウレンの葉っぱ。
373

山頂のブナはまだ冬芽!
362

ヒガラがいっぱいお出迎え。なんと、途中でオオルリも見ました!
364

美しい野坂山地。
367

帰りは隣の尾根から下りますが、これがまた大変な道(;^^)ヘ.. 
まだまだ平和な頃にカタクリの群落が!
369

登りに使った尾根が見えます。本当に素晴らしい尾根歩きでした。
374

ここから急降下になります。まずはユズリハの薮を降ります。
376

美しいシャクナゲが満開。
386

ロープ付きのすごいシャクナゲの薮を滑り降ります(;^^)ヘ..
389

写真撮りたいけど、止まってられない急傾斜(;^^)ヘ..
390

さらに、滑り降りた方が早いんじゃないかと思うような、杉林のものすごい傾斜を滑り降りて安全地帯。振り返れば、やっぱり山笑う季節。

391

エンゴサク
392

ニリンソウの群落が!

402

417

イチリンソウもありました!

412

413

ハウチワカエデの花は舞妓さんの花飾りみたい。

419

キブシも咲いてます。
420

そしていっぱいのオオイワカガミの群落
423

425

とっても素晴らしい山行でした
429


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »