« 山旅(3日目)-霧訪山 | トップページ | 湘南平から高麗山 »

2016-05-14

芦生の観察会

元京大の先生で、芦生演習林に助手として赴任して以来、芦生と共に生きてきた渡辺先生の観察会に行って来ました。

一日目は生憎の雨で縄文杉には会えず、トロッコ道を行きます。
オニグルミの雌花と雄花。
026

ホウチャクソウ 茎が分岐するのと、花が6枚。
028

遠くて見えにくいけど、ツリバナ。可愛いお花です。
029

なんとモリアオガエルの卵が田んぼのなか。ここらのモリアオガエルは田んぼの畦道に卵産むらしい( ̄◇ ̄;)
034

トチのお花
035

綺麗なコケ。オオカサゴケとその後ろにジャゴケかなぁ
045

クルマムグラ
046

シャク。私にはお初の花。しみじみ美しい。一緒に行ったガイド仲間の友達と同定。色々教えてもらいました。
049

夜は芦生山の家に泊まりましたが、わいわい歌声喫茶風で、ミニコンサートもあって、なかなか楽しくほのぼのとした雰囲気。なんか一昔前のユースホステルか山小屋を思い出しました。

二日目は三国峠を目指します。これがまた、何度も渡渉した末に、転げ落ちそうな細くて斜めのトラバースを登っていく渋い道( ̄◇ ̄;)

まずは、サロメチールの木!ミズメという木の樹皮を剥がすと、サロメチールの匂いがする。サリチル酸メチルが含まれていて、昔、山仕事してた人は樹皮を剥がして湿布薬代わりにしたらしい。匂いを嗅いだらホント湿布みたい!
056

トチノキ平のトチノキ^_^
064

頑張れトチの赤ちゃん!
067

フデリンドウ
070

これは陀羅尼助の木。キハダと言って黄色い部分が、大峰山で有名な胃腸薬、陀羅尼助になる!かじらせてもらったけど苦い( ̄◇ ̄;)
074

トンボ
075

ニリンソウかトリカブトかどっちかな?
076

カツラの大木!
078

あぁ、チャルメルソウ
面白い花です。
083

084

アズキナシの花。初めて見ました。
086

ウワミズザクラが満開!
花は甘い香りがします。信州ではこの花の蕾を天ぷらにしたり、シロップ漬けにするらしいです。
093

091

美しい新緑!
094

ここから何度も渡渉するが、足下にふとアシウテンナンショウ。マムシグサの変異形で茎が一本だけ!
今回マムシグサの雄花と雌花も教えてもらいました。緑が雌花、黒っぽいのが雄花。んで、途中で性転換するらしい(^_^;)

098

何度も渡渉してから、すごく狭いトラバースを辿る。崖下に落ちそう(^_^;)
参加者の一人が斜面をずり落ちてびっくりするが、先生は流石山歩きで鍛えているのか、どんな道もスタスタサクサク。岩場にオオイワカガミ。

108

ようやく三国峠!よう来た!
110

三国峠にアカモノが咲いていました。
115

無事に山越え谷越え、宿に戻ると、キンランが開花してました。可愛い(*^_^*)
121

びっくりしたのが、下草というかお花が全くなかったこと。2日目に歩いた谷は、昔はニリンソウやヤグルマソウ、ミズ(ウワバミソウ)などがいっぱいあったらしいけど、影も形もない。保護してある柵の中には色々草が生えているが、残っているのは毒のあるトリカブト、鹿の食べない姫ワラビ、オオバアサガラぐらい。鹿のバカめがぜーんぶ食っちまいましたー ( ̄◇ ̄;)
人間もシカ食べねばーー( ̄◇ ̄;)

|

« 山旅(3日目)-霧訪山 | トップページ | 湘南平から高麗山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/63627898

この記事へのトラックバック一覧です: 芦生の観察会:

« 山旅(3日目)-霧訪山 | トップページ | 湘南平から高麗山 »