« 山芍薬を見に雲ヶ畑へ | トップページ | 金剛山カトラ谷 »

2016-05-01

4月に見たもの食べたもの

4月は仕事の繁忙期で、なかなか出歩くこともできなかったけど、ちょこちょこ見つけたお花や山菜を書き留めておきます。ニリンソウやオオイワカガミ、イワウチワやヤマシャクヤクなど有名どころのお花は別コラムの三重嶽や雲ヶ畑に載せているので、こちらはそこらによくある花シリーズです。

実は、今年の目標は、コシアブラの天ぷらを食べること!ということで、目標達成しました。
京都東山はコシアブラの宝庫だった(;^^)ヘ.. タカノツメのつやつやした葉っぱもいっぱい。知らなかったのですが、タカノツメの新芽も食べられるらしい。ちなみにコシアブラは葉っぱが5枚、タカノツメは3枚です。
コシアブラは、山菜の女王(?) タラの芽より苦くなくて、同じような爽やかな芳香がありました!

238

湖東でタラの芽も見つけました(;^^)ヘ.. これは可哀想なので取りませんでした。

012

同じくハリギリ。。この新芽も山菜で人気らしい(食べたことありません)
021

東山にはもうギンリョウソウが出ていました。幽霊花というとなんだかイヤな気持ちがしますが、銀の龍の草、銀竜草というとカッコイイです。こちらを採用決定。。実がなると目玉のおやじみたいになります。

236

どこにでもあるムラサキケマン。全草にアルカロイドを含み有毒。漢方に使われるそうです。
215

こちらもどこにでもあるキランソウ。別名地獄の釜の蓋。。おどろおどろしい名前だが、実は薬草で万能薬。あまりに効くので、地獄の釜の蓋も閉じてしまうらしい。野山で虫に刺されたときに葉をもんで貼ると治るらしい。
228

東山のお寺にカラタチが咲いていました。

186

コバノガマズミもあちこちで見ました。
214

アオダモも花盛り。雄花と雌花があるそうで、華やかさが違うようです(納得)
031

もうツクバネウツギが咲いていました。
022

チゴユリ。。花言葉は恥ずかしがり屋。。二上山と箕作山で見ました。
032

ガンバレ!ホウノキの赤ちゃん。比叡山の麓ではもう花が咲いているのか、黄色い花弁が落ちていました。
013

比叡山マイナールートで、あら、あなたはダンコウバイ。。
148

比叡山の山頂はクロモジの花盛り!
154

春と言えば黄色いお花。
4月初めの箱根ではアブラチャンが花盛りでした。
109

比叡山でみつけたミヤコアオイ。。
157

杉の下が一面ミヤマカタバミだったので、もう少ししたら真っ白のお花に覆われるでしょう。

二上山で見たハナイカダ。。葉の真ん中にお花がある変わった木です。別名嫁の涙。秋に、葉の上にできる実が嫁の涙のようだから(?) 悲しい名前なので、華やかな花筏にしましょう。

256

二上山で見た私はお初のホウチャクソウ。宝鐸草。。枝の先に2つの花を付けます。ナルコユリに似てるけど違う。枝が分かれるし、なんと花弁が六枚!

257

最後に二上山で見たルリタテハ。。逃げない。。この冬を越したのです。頑張ったなぁ~。

072


|

« 山芍薬を見に雲ヶ畑へ | トップページ | 金剛山カトラ谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/63558394

この記事へのトラックバック一覧です: 4月に見たもの食べたもの:

« 山芍薬を見に雲ヶ畑へ | トップページ | 金剛山カトラ谷 »