« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016-08-20

立山信仰のこと

再度の立山詣で。

今回は、雷鳥莊に泊まって、ペルセウス大流星群を見た後に、雄山登山。行きと帰りに、立山の達人に色々案内してもらって、とても勉強になりました。

雷鳥莊って、山小屋というよりちょっとした旅館みたい~。たどり着くまでに地獄谷の咳き込むようなガスの中を、通っていかないといけないのが難点だけど、大きな温泉あるし、ドライヤー完備しているし、喫茶室あるし、WiFi飛んでるし~。

さて、日本の三霊山といえば、富士山、立山、白山。ここ立山は、立山信仰の場。。

立山三山とは浄土山、雄山、別山のこと、正面の立山の雄山、大汝山、富士の折立は、立山本峰として区別しています。

226

昔から立山には、地獄と極楽の両方があると言われてきました。明治時代の廃仏毀釈で分離されたけど、元来日本は、神仏習合。雄山は阿弥陀さまになぞらえられていました。

 雄山登山のふもとにある「一の越」。実は、二の越、三の越、四の越、五の越とあって、一合目二合目と同じ意味です。雄山に登る途中で、少し平らなところがあるのですが、そこがいわゆる三の越。本当は、二の越、三の越に小さいお堂があるようです。この~の越ですが、一の越が、阿弥陀さまの膝、二の越が腰、三の腰が肩、四の腰が首で、五の越が頭にあたるようです。

写真で見ると、左の尖ったところが雄山神社、右に一の越山荘、そこまでで少し平になったところが、それぞれ○の越にあたります。

347r

 立山曼荼羅には、雄山や浄土山(浄土山、雄山、別山が立山三山)に阿弥陀様がいっぱい来迎している様子が描かれています。

027

この立山曼荼羅、いくつか種類があるのですが、じっくり見るとめちゃ楽しいです!
起点になる岩峅寺や芦峅寺から、称名滝、弥陀ヶ原、室堂平、そして山頂の雄山神社に至る道が描かれています。山頂に至れば、雄山や浄土山の空には、阿弥陀さまご一行が迎えてくれます。おお、パラダイス。

が、その麓には地獄があります(;^^)ヘ..。地獄は、いわゆる地獄谷。地獄谷のみくりが池が寒地獄、閻魔さまの裁きをうけるえんま台に、血の池地獄。。火山ガスの硫化水素を吸い込むと一瞬で死んでしまう恐ろしい場所です。

 この2つを同時に体験できるのが、立山まいりです。

 立山まいりの起点となるのは、岩峅寺(いわくらでら)と芦峅寺(あしくらでら)。雄山神社は3つあって、麓の岩峅寺と芦峅寺、そして山頂の雄山神社から構成されています。昔は、この2つのお寺を中心に宿坊群が形成されており、道案内をするガイドは中語(ちゅうご)と言われていました。

 岩峅寺の鳥居。この岩峅寺から、山頂まで33の石碑が、禅定道(参詣道のこと)沿いに建てられています。

005

神紋の羽根は、立山開山に関わった白鷹の羽根だそうです。
伝えられている開山のお話は、701年に佐伯有頼という少年が、お父さんの白鷹の後を追いかけていくと、そこに熊が現れ、その熊を矢で射り、その手負いの熊を追っていくと、矢で射られた阿弥陀様が現れたというお話です。ちなみに鷹は不動明王になったそうな。かなり乱暴なお話です(;^^)ヘ..

室堂から下の谷に降りると、阿弥陀さまに出会った玉殿の岩屋というのがありますが、ここは行ったことがありません。映画の劔岳点の記で、行者さまが修行していた場面がここだそうです。

008

後ろに拝殿があります。なかなか立派な神社です。

010

この岩峅寺から少し離れたところに、もう一つの雄山神社、芦峅寺があります。
ここ芦峅寺もまた立山まいりの起点になったところで、昔は宿坊が立ち並んでいました。
今でも、その当時の宿坊が残っています。

103

とても美しいお庭です。

101

芦峅寺(雄山神社)の鳥居。

098

本殿は落石で潰れてしまったようですが、なかなか荘厳な雰囲気のある境内です。ここも劔岳点の記でロケに使われたそうな。

となりにある立山博物館の前に、「しでの旅」(三途の川)と記した石碑が残っているそうです。

095

この芦峅寺は、女人信仰の中心地でもあります。昔は立山も女人禁制で、登ることはできませんでした。唯一この芦峅寺までは来ることができたそうです。ここに布橋という橋がかかっています。

093

当時、極楽往生を願う女性達は、ここ芦峅寺に来て、閻魔堂で懺悔をし、白い布を引いたこの橋を目隠しをして渡ったそうです。そして、姥堂の前まで来たところで、目隠しを外すと、目の前に立山がどーんと見えて、有りがたや~と、伏し拝んだそうです。

橋を渡って、あの世に渡り、そしてまた橋を渡って、この世に戻るという意味合いがあるそうな。

さて、男性達の立山まいりもまたここから始まります。歩くと、二泊三日から三泊四日かかったそうです。
禅定道に沿っては、石仏が建てられています。

今の立山駅の前にも1つあります。33ある石仏は、西国三十三箇所の仏さまを表してもいます。

013

本当は、称名の滝を見て、獅子が鼻の鎖場を登り、弥陀ヶ原へ。弥陀ヶ原にある、湿地の池は、餓鬼の田と呼ばれていて、それは地獄に堕ちた餓鬼が、お腹減るのでお米をこさえようとするけど、秋になっても一粒も米が実らないということで、そう呼ばれているそうです。切ない~。

そしていよいよ室堂平へ。立山がとってもきれいに見えました。

030

少し時間があったので、立山自然観察センターで1時間のツアーを頼み、色々教えてもらいました。

ミソガワソウ。一瞬、ラショウモンカズラかなと思いましたが、花のインパクトがちょっと違います。

028

実になったチングルマ。

038

このチングルマは実は木だということを知りました。立山自然観察センターに展示してあった標本によると、5mmぐらいの茎でも年輪があって、20年ぐらいだったりするそうです。この写真の下には、木の茎が見えています。

053

ウメバチソウの拡大図。黄色いおしべがピンポン球みたいに可愛いです。

047

049

クロトウヒレン。トウヒレン属は、アザミににるけど棘がない。

067

タテヤマリンドウ。タテヤマリンドウとミヤマリンドウは、花の中の模様で分けるそうです。

075

一個だけキレイに残っていたイワイチョウの花。

077

立山は活火山です。今も地獄谷からは噴気が上がっていますが、大昔噴火した火山の跡、立山カルデラは、浄土山に登ると見れるそうです。弥陀ヶ原は、大昔の噴火の火砕流がなんと500mの厚さに堆積したものだそうです。称名の滝は、火砕流の堆積物の上から下へ落ちている滝ということになります。一の越に行く途中の斜面に落ちているゴロゴロした岩もまた、火山の噴火の時の岩だそうです。

遊歩道のあちらこちらに埋められているこの岩もまた、火山の時にできた岩で、溶結凝灰岩というそうでうす。中に入っているのは火山の噴出物、自身の熱でもう一度溶けて固まった岩です。

080

ちなみに、最初に書いていた禅定道沿いの33の石仏。32番目の石仏が、室堂(昔の山小屋)の近くにあります。写真は、16羅漢さんの石仏で32番目の石仏じゃないのですが、この近くにあります(S井さんありがとう!)

329

室堂には、みどりが池とみくりが池があります。2つは繋がっていて、水面はほぼ一定だそうです。
みくりが池のこの青い色、確かに寒そう。。寒地獄というのも分かる気がします。

351

閻魔台から見る地獄谷。閻魔台には閻魔さまが居て、裁きを下します。その眼下には地獄が(;^^)ヘ..

346

その先には、血の池があります。鉄分で赤くなった池ですが、血の池地獄と言われています。このあたり、火山ガスがひどくて、写真撮る余裕はありませんでした。

雷鳥莊からさらに下ったところに雷鳥沢のテント場があるのですが、その近くには賽の河原と呼ばれる場所があります。賽の河原には、先だった子供がいるところだそうで、母恋しと母恋しと父母の功徳を願って石を積むと、夕暮れには鬼がやってきて、その石を崩してしまうらしい。この雷鳥沢から一の越に抜けるみちを、「母恋坂」というのは、こういう意味だからだそうだ。

極めつけが、針の山の劔岳(;^^)ヘ..

写真の真っ正面に見えるのは、劔岳。室堂からはちらっと劔岳が見えます。ほんと岩岩しててとんがってて、地獄の針の山と言われたのも頷けます。なるほど~、ほんま針の山みたいや~。地獄の針の山なので、江戸時代あたりから、あの山は登ることが禁じられていて、それで、明治の測量隊が道案内を頼んだとき、芦峅寺など立山信仰の拠点の案内人は、案内を断ったそうです。有名な宇治長治郎さんたちは、少し離れた村出身で、そういう宗教的なしばりから少しゆるかったのか、案内を受けられたようです。

026r

まっ、地獄の全セットが勢揃いしているわけです(;^^)ヘ..

さて、本番の雄山登山。。
3時からペルセウス流星群をみて(天にあいた小窓から天の川と流星群が少し見えました)、朝5時歩き出し。
湧水のところで、朝ご飯を食べていると、現れたのが、オコジョ。。可愛いです~。

083r

一の越までのんびり歩いていくと、遠くの石の上に雷鳥もいました。

086

私のお客さまには、子供が2人(子供は高山病になりやすいので注意が必要)、登山が全く初めての人数人で、かなりのスローペース。それでも頑張って、登ることができました。

朝は快晴!360度のパノラマ!薬師岳、笠ヶ岳、穂高に槍ヶ岳、黒部五郎、鹿島槍など、富士山以外はしっかり見えました(^^v

090

みんな嬉しそうに記念の鈴をシャンシャンならしてました。

359

帰りに寄った立山博物館。。地獄の特別展がめちゃ面白かったです。来館記念にえんま帳もらいました(^^v

104


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-11

立山、これまたお花いっぱい花盛り

なんせ、みんなが行くところには行ったことのないひねくれ者なので(;^^)ヘ.. 立山が初めてでした(^^;

浅間山の後、佐久平から新幹線に乗って富山。。世の中便利になったもんだ~。
4時に起きて、始発の富山電鉄に乗って立山へ。アルペンルートは平日でも人気。ケーブル乗るのに40分待ち(^^;

205

おお、それでも8時過ぎには、着いたぞ、憧れの立山室堂!
目の前にわき出しているお水は、立山トンネルの真ん中へん2500mのところからわき出しているらしい。

のんびりとお花を見ながら、室堂平を散策して雄山の方に歩いて行く。

206

ヤマハハコにシナノオトギリに、高原の花がいっぱい。

243

214

おお、可愛いミヤマリンドウ。

220

こちらはヨツバシオガマ。

221

朝露に光るチングルマの実がとってもキレイ。

222

アキノキリンソウ。

229


226

こちらはイワギキョウ。毛が生えてない。毛が生えていたらチシマギキョウです。こないだ誰かに嘘教えました(;^^)ヘ..ごめんなさい(;^^)ヘ..

231

256

ミヤマキンポウゲが花盛り。シナノキンバイとまだうまく区別つかないが、茎に毛がなくて花が不揃いなのがシナノキンバイ。ミヤマキンポウゲは毛が生えていて花が揃っているらしい。

233

235

おお随分と上がってきた、雷鳥沢のテントが色とりどり。ほんとすっきりと晴れて登山日和。

236

ウサギギク。ウサギギクって花が兎に似ているのかと思ったら、葉っぱが兎の耳らしい。。未だに謎です。

237

雪渓の横を通ると涼しい~。

238

カラマツソウの一種で、葉っぱが紅葉みたいなので、モミジカラマツ。可憐です。

239

イワツメクサ。はこべ属でお仲間いっぱい。花弁が5つだけど深く切れているので10枚に見える。葉っぱは細長い。よく似るシコタンハコベとは葉の形が違い、シコタンハコベは1個だけお花がつく。

245

エゾシオガマ。花が巴に曲がっている。同じように巴になっているトモエソウは黄色(以前混同していた)

247

おおダイモンジソウがこんなところにいっぱい。

248

とってもお花畑。

249

ミヤマリンドウ。タテヤマリンドウは葉っぱが根元にちょこっと弱くついているらしい。立山のタテヤマリンドウは白花が多いそうです(後出)

250

252_2

というまに、一の越~。目の前の崖?を人が這い上がっていくのが見える~。後で、雄山の神主さんの祝詞に、「岩山を這い上がり来る老若男女~」云々の言葉があり、納得。。

258

途中、振り返ると、眼下に一の越山荘が見える。

259

岩場にふと目をやるとコケモモとイワギキョウ。

265

ようやく山頂にやってきました。眼下に見える雪渓は、なんと御前沢の氷河!一年に20cm動いていることが2011年に確認されました。

270

一応ここでぱしゃり。

271

すぐ先に見える神社が雄山で、そこが雄山の最高峰になります。500円払って、登拝します。

273

遠くに剣岳がちらっと見えました。やっぱり針の山だ(;^^)ヘ.. 日本三霊山は、富士山と立山と白山。。立山信仰は、立山に極楽と地獄(地獄谷)の2つが同時にあることから信仰を集めたらしいです。その中で剣岳は、針の山に見立てられたらしい。なんだか納得(;^^)ヘ..

276

最高地点の標識ですが、もともとの3003mは社殿の右前にある大きな平らな石だそうです。

278

神主さんが祝詞をあげてくれ、御神酒もいただきました。美味しいお酒でした。お代わりしたかったです(;^^)ヘ..
山頂にて、立山護符を買いました。熊野の護符みたいでかっこいい~~。

285

戻って一等三角点にタッチ。山の名前が書いてありますが、この時にはあいにく雲がわき上がってきて、残念、遠くの展望は望めませんでした。

286

ここでふとみると、なんとトウヤクリンドウが!めちゃ嬉しい。帰りに見ると東斜面の崖下にいっぱい咲いていました。

288

遠目だけど、チシマギキョウぽい。

290

よく見るとほんと可愛い。ミヤマトウキと思うけど、難しくてよく分かりません。

296

304

306

イワイチョウの花が少し残っていました

310

315

ナナカマドの実はまだ青いです。

318

ミヤマキンポウゲの群落。

320


323

タカネニガナ。

326

随分、降りてきました。

327

これが有名な室堂。昔の山小屋の後が、富山県の有形文化財になっています。

328

オヤマリンドウ

331

ハクサントリカブト(ミヤマトリカブト)
333

334

ミヤマアカバナ

335

イワオウギ

338

340

地獄谷まで来ると、硫黄の匂いが結構きつい(;^^)ヘ..咳き込む感じで、先に進むのをやめました。
実は立山は今でも活火山なのです。

346

まあるい谷はカール。氷河がけずった景色だそうです。

347

白いタテヤマリンドウが咲いていました。

348

ミクリガ池の近くで、ミクリガ池温泉に入り汗を流しました。時間が早かったせいか、貸し切り温泉。
ミドリガ池もミクリガ池も、火山が作った火口湖だそうです。

351

ワレモコウ。

353

ウメバチソウにようやく会えました。

355

立山を開山したのは佐伯有頼。お父さんの白鷹に導かれ、その後クマに導かれて立山にやってきたそうです。ちょうど山の日が近いのかイベントをやっていて、立山曼荼羅の解説なども聞くことができました。

358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-10

グルメとお花の浅間山・黒斑山

浅間山は花の百名山だけあって、お花いっぱい、火山の雄大な景色をみる素晴らしい山行でした。
が、一日目は移動日なので、一転グルメの旅になりました(;^^)ヘ..

Soup八ヶ岳さんの桃の冷たいスープ。デザートじゃないですよ!おかずですよ!ほんのり甘い桃の香りがするけど、すっきり甘くないスープ。絶品の季節限定。もうこれは本当に美味しかったです。

005

ハクサンフウロはいつ見ても可愛い。

006

その後、中山道の間の宿にあたる茂田井宿へ。藤沢周平のたそがれ清兵衛のロケ地だけあって、風情満載。

009

ここにある武重酒造が美味しいと言うことで寄ったのですが、あいにくお休み。隣の酒蔵に行ったのですが、これは私の口には合わなくて(;^^)ヘ.. 結局、帰りに佐久平の駅でサミットのお土産に選ばれたというお酒を買っちゃいましした。

013

その後、おしゃれなカフェに寄って、ケーキとスコーン食べた後がこれ!つたやさんという昔小諸で旅籠をしていた方が経営するおそば屋さん。頼みもしないのに色んなものが出て来る。。それも美味しい美味しい。トマトのちょっと甘いお漬け物やら、煮物、ブルーベリーも絶品。さすがの私も食べきれずに残してしまいました(×_×;)

021

宿はこれまた中山道の望月宿。江戸時代から続く旅籠の山城屋さん。当代当主はなんと37代目!
江戸時代そのままの旅籠のお部屋も見せてもらいましたが、素敵でした。
035

026

朝早くに望月宿を歩いてみたのですが、風情がとても良く残っていて良い宿場町でした。

さて、浅間山、車坂峠。迎えてくれたのはヤナギラン。
ヤナギランって英名がFire weedというらしい。北米では山火事の後大群落を作ることが多いからだそうだ。
なかなか派手なお花です。

198

これはシャジクソウ。日本の在来種はこれだけだけど、シャジクソウ属の英名はなんとClover(;^^)ヘ..
マメ科の植物。そういえばマメ科だ~。シロツメクサもアカツメクサも、三つ葉のアイルランドの国花シャムロックも、四つ葉のクローバーもシャジクソウ属のお仲間。

047

ウスユキソウ。。ご存じエーデルワイスの仲間。って、本物のエーデルワイス見たこと無いけど(×_×;)

049

またまたハクサンフウロ。

050

シモツケソウとニッコウキスゲ。ニッコウキスゲは一日花。

057_2

ソバナかと思いきやヒメシャジンかも。萼が細いのです。(鋸歯は確認してません(×_×;))めしべも飛び出してるし。。ソバナもヒメシャジンもめちゃ似ていて、難しいです。黒斑山というか浅間山近辺にはヒメシャジンが多いそうです。今後の課題。

058_2

ソバナもヒメシャジンもツリガネニンジン属。そのツリガネニンジンがこれ。

082_2

こちらはヤマホタルブクロ。

063_2

この黄色い可愛らしいのはハクサンオミナエシ。

060_2

そして大好きなマツムシソウ。

061

コケモモも赤い実を付けていました。コケモモは食べると酸っぱいらしい。これに似た種は、北欧ではcowberryといってこのコケモモをとってジャムにする。新大陸は名前がちがってLingonberry。日本のに比べてでかい。ジャムにしがいありそう。今度、輸入食料品店で探してみよう。。

048

西洋のブルーベリーにあたるのが、クロマメノキ。写真の実はまだ青いけど、黒いのは、ほんのり甘みがあった。ツツジ科。。

099

こちらはシラタマノキ。実をとって潰すとサロメチールみたいな強烈な匂いがする。

064

ご存じ、ヤマハハコ。

067

これはキオン。葉っぱが切れ込まない。葉っぱが切れ込むとよく似たキオン属のハンゴンソウになる。ハンゴンソウは、魂を返す草と書く。深く切れた葉っぱが幽霊の手のように死者を呼び返すように見えるかららしい。

065

黄色いお花は紛らわしい。これは葉っぱが蕗みたいだから、マルバダケブキ。

092

マイズルソウもきれいな実になっていました。

068

これは触るとねばねばしているネバリノギラン。

071

イブキジャコウソウは触ると良い匂い。タイムの仲間でタイムみたいな匂いがする。

075

ハナイカリ。なかなか繊細なお花です。

088

ツバメオモトも実になっていました。

080

イチヤクソウ。

174

ご存じオトギリソウ。こんどじっくり見て、黒い血の跡を探してみよう。

084

ホツツジは終わりかけ。

090

もう秋のワレモコウも

095

これはガンコウラン。黒い実は食べることができます。食べて見たらそれなりに美味しかったです。

100

113

こちらはツガザクラぽい。

103

コメツガの実も可愛いです。

106

なんと登山道の南の裸地にコマクサの自生地がありました。花は終わっていたけど、確かにコマクサだ!

111

タケシマランの赤い実。

114

コゴメグサ。とっても小さな花だけどよく見ると非常に美しいです。

119

ミツバオウレンの葉っぱ。

124

苔も美しい。。クロゴケとコバノスナゴケかなぁ

122

これはウスノキ。クロマメノキのお仲間で実は赤く熟すと食べれるらしい。

128

ようやくちらっと浅間山が見えました。

130

こちらは火山シェルター。浅間山は活火山。いつ噴火してもおかしくありません。

131

稜線に出ました。雄大な浅間山とその外輪山です。

137

ウメバチソウ

141

イワインチン

142

とっても雄大な眺めです。

148

なんと、ハクサンイチゲが!

152

と、黒斑山山頂に着きました。

159

クレーターから噴煙が上がっています。

157

外輪山と浅間山の間の谷間といい、外輪山の崖といい、ほんと雄大な眺めです。

162r

ここでお昼にしました。

161

ふと見るとダイモンジソウが。

165

イワヒゲもいました。

166

アザミの花にやってきたのはゴマダラカミキリ。

178

179

帰りに通った登山道は、道がえぐれているので、お花は少ないけど苔がいっぱい。
ゆっくり観察できませんでしたが、八ヶ岳でみた苔が。。セイタカスギゴケ。

181

これは珍しいシャクジョウソウ。この仲間のギンリョウソウもいました。

188

写真にはうまく写りませんでしたがフタバランも。

186

なんと一株だけコイワカガミが残っていました。他は全て花柄だけ。

190

カモジゴケ

191

ミズゴケもいました。

193

ヤマオダマキ。

194

クルマユリ。

195

駐車場に戻ってきました。まだまだいっぱいお花がありました。
さすが花の百名山だけあって、お花がいっぱいでした。

帰りには、島崎藤村が来たという中棚莊の温泉へ。りんごが浮いたお風呂が有名ですが、季節外れなのでリンゴは浮かんでいませんでした(;^^)ヘ.. けど、ほんと疲れのとれる、いつまでも入っていられる素晴らしい温泉でした。

201


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »