« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 立山、これまたお花いっぱい花盛り »

2016-08-10

グルメとお花の浅間山・黒斑山

浅間山は花の百名山だけあって、お花いっぱい、火山の雄大な景色をみる素晴らしい山行でした。
が、一日目は移動日なので、一転グルメの旅になりました(;^^)ヘ..

Soup八ヶ岳さんの桃の冷たいスープ。デザートじゃないですよ!おかずですよ!ほんのり甘い桃の香りがするけど、すっきり甘くないスープ。絶品の季節限定。もうこれは本当に美味しかったです。

005

ハクサンフウロはいつ見ても可愛い。

006

その後、中山道の間の宿にあたる茂田井宿へ。藤沢周平のたそがれ清兵衛のロケ地だけあって、風情満載。

009

ここにある武重酒造が美味しいと言うことで寄ったのですが、あいにくお休み。隣の酒蔵に行ったのですが、これは私の口には合わなくて(;^^)ヘ.. 結局、帰りに佐久平の駅でサミットのお土産に選ばれたというお酒を買っちゃいましした。

013

その後、おしゃれなカフェに寄って、ケーキとスコーン食べた後がこれ!つたやさんという昔小諸で旅籠をしていた方が経営するおそば屋さん。頼みもしないのに色んなものが出て来る。。それも美味しい美味しい。トマトのちょっと甘いお漬け物やら、煮物、ブルーベリーも絶品。さすがの私も食べきれずに残してしまいました(×_×;)

021

宿はこれまた中山道の望月宿。江戸時代から続く旅籠の山城屋さん。当代当主はなんと37代目!
江戸時代そのままの旅籠のお部屋も見せてもらいましたが、素敵でした。
035

026

朝早くに望月宿を歩いてみたのですが、風情がとても良く残っていて良い宿場町でした。

さて、浅間山、車坂峠。迎えてくれたのはヤナギラン。
ヤナギランって英名がFire weedというらしい。北米では山火事の後大群落を作ることが多いからだそうだ。
なかなか派手なお花です。

198

これはシャジクソウ。日本の在来種はこれだけだけど、シャジクソウ属の英名はなんとClover(;^^)ヘ..
マメ科の植物。そういえばマメ科だ~。シロツメクサもアカツメクサも、三つ葉のアイルランドの国花シャムロックも、四つ葉のクローバーもシャジクソウ属のお仲間。

047

ウスユキソウ。。ご存じエーデルワイスの仲間。って、本物のエーデルワイス見たこと無いけど(×_×;)

049

またまたハクサンフウロ。

050

シモツケソウとニッコウキスゲ。ニッコウキスゲは一日花。

057_2

ソバナかと思いきやヒメシャジンかも。萼が細いのです。(鋸歯は確認してません(×_×;))めしべも飛び出してるし。。ソバナもヒメシャジンもめちゃ似ていて、難しいです。黒斑山というか浅間山近辺にはヒメシャジンが多いそうです。今後の課題。

058_2

ソバナもヒメシャジンもツリガネニンジン属。そのツリガネニンジンがこれ。

082_2

こちらはヤマホタルブクロ。

063_2

この黄色い可愛らしいのはハクサンオミナエシ。

060_2

そして大好きなマツムシソウ。

061

コケモモも赤い実を付けていました。コケモモは食べると酸っぱいらしい。これに似た種は、北欧ではcowberryといってこのコケモモをとってジャムにする。新大陸は名前がちがってLingonberry。日本のに比べてでかい。ジャムにしがいありそう。今度、輸入食料品店で探してみよう。。

048

西洋のブルーベリーにあたるのが、クロマメノキ。写真の実はまだ青いけど、黒いのは、ほんのり甘みがあった。ツツジ科。。

099

こちらはシラタマノキ。実をとって潰すとサロメチールみたいな強烈な匂いがする。

064

ご存じ、ヤマハハコ。

067

これはキオン。葉っぱが切れ込まない。葉っぱが切れ込むとよく似たキオン属のハンゴンソウになる。ハンゴンソウは、魂を返す草と書く。深く切れた葉っぱが幽霊の手のように死者を呼び返すように見えるかららしい。

065

黄色いお花は紛らわしい。これは葉っぱが蕗みたいだから、マルバダケブキ。

092

マイズルソウもきれいな実になっていました。

068

これは触るとねばねばしているネバリノギラン。

071

イブキジャコウソウは触ると良い匂い。タイムの仲間でタイムみたいな匂いがする。

075

ハナイカリ。なかなか繊細なお花です。

088

ツバメオモトも実になっていました。

080

イチヤクソウ。

174

ご存じオトギリソウ。こんどじっくり見て、黒い血の跡を探してみよう。

084

ホツツジは終わりかけ。

090

もう秋のワレモコウも

095

これはガンコウラン。黒い実は食べることができます。食べて見たらそれなりに美味しかったです。

100

113

こちらはツガザクラぽい。

103

コメツガの実も可愛いです。

106

なんと登山道の南の裸地にコマクサの自生地がありました。花は終わっていたけど、確かにコマクサだ!

111

タケシマランの赤い実。

114

コゴメグサ。とっても小さな花だけどよく見ると非常に美しいです。

119

ミツバオウレンの葉っぱ。

124

苔も美しい。。クロゴケとコバノスナゴケかなぁ

122

これはウスノキ。クロマメノキのお仲間で実は赤く熟すと食べれるらしい。

128

ようやくちらっと浅間山が見えました。

130

こちらは火山シェルター。浅間山は活火山。いつ噴火してもおかしくありません。

131

稜線に出ました。雄大な浅間山とその外輪山です。

137

ウメバチソウ

141

イワインチン

142

とっても雄大な眺めです。

148

なんと、ハクサンイチゲが!

152

と、黒斑山山頂に着きました。

159

クレーターから噴煙が上がっています。

157

外輪山と浅間山の間の谷間といい、外輪山の崖といい、ほんと雄大な眺めです。

162r

ここでお昼にしました。

161

ふと見るとダイモンジソウが。

165

イワヒゲもいました。

166

アザミの花にやってきたのはゴマダラカミキリ。

178

179

帰りに通った登山道は、道がえぐれているので、お花は少ないけど苔がいっぱい。
ゆっくり観察できませんでしたが、八ヶ岳でみた苔が。。セイタカスギゴケ。

181

これは珍しいシャクジョウソウ。この仲間のギンリョウソウもいました。

188

写真にはうまく写りませんでしたがフタバランも。

186

なんと一株だけコイワカガミが残っていました。他は全て花柄だけ。

190

カモジゴケ

191

ミズゴケもいました。

193

ヤマオダマキ。

194

クルマユリ。

195

駐車場に戻ってきました。まだまだいっぱいお花がありました。
さすが花の百名山だけあって、お花がいっぱいでした。

帰りには、島崎藤村が来たという中棚莊の温泉へ。りんごが浮いたお風呂が有名ですが、季節外れなのでリンゴは浮かんでいませんでした(;^^)ヘ.. けど、ほんと疲れのとれる、いつまでも入っていられる素晴らしい温泉でした。

201


|

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 立山、これまたお花いっぱい花盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/64044476

この記事へのトラックバック一覧です: グルメとお花の浅間山・黒斑山:

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 立山、これまたお花いっぱい花盛り »