« 立山、これまたお花いっぱい花盛り | トップページ | 一合目からの富士山-精進口~奥庭~吉田口 »

2016-08-20

立山信仰のこと

再度の立山詣で。

今回は、雷鳥莊に泊まって、ペルセウス大流星群を見た後に、雄山登山。行きと帰りに、立山の達人に色々案内してもらって、とても勉強になりました。

雷鳥莊って、山小屋というよりちょっとした旅館みたい~。たどり着くまでに地獄谷の咳き込むようなガスの中を、通っていかないといけないのが難点だけど、大きな温泉あるし、ドライヤー完備しているし、喫茶室あるし、WiFi飛んでるし~。

さて、日本の三霊山といえば、富士山、立山、白山。ここ立山は、立山信仰の場。。

立山三山とは浄土山、雄山、別山のこと、正面の立山の雄山、大汝山、富士の折立は、立山本峰として区別しています。

226

昔から立山には、地獄と極楽の両方があると言われてきました。明治時代の廃仏毀釈で分離されたけど、元来日本は、神仏習合。雄山は阿弥陀さまになぞらえられていました。

 雄山登山のふもとにある「一の越」。実は、二の越、三の越、四の越、五の越とあって、一合目二合目と同じ意味です。雄山に登る途中で、少し平らなところがあるのですが、そこがいわゆる三の越。本当は、二の越、三の越に小さいお堂があるようです。この~の越ですが、一の越が、阿弥陀さまの膝、二の越が腰、三の腰が肩、四の腰が首で、五の越が頭にあたるようです。

写真で見ると、左の尖ったところが雄山神社、右に一の越山荘、そこまでで少し平になったところが、それぞれ○の越にあたります。

347r

 立山曼荼羅には、雄山や浄土山(浄土山、雄山、別山が立山三山)に阿弥陀様がいっぱい来迎している様子が描かれています。

027

この立山曼荼羅、いくつか種類があるのですが、じっくり見るとめちゃ楽しいです!
起点になる岩峅寺や芦峅寺から、称名滝、弥陀ヶ原、室堂平、そして山頂の雄山神社に至る道が描かれています。山頂に至れば、雄山や浄土山の空には、阿弥陀さまご一行が迎えてくれます。おお、パラダイス。

が、その麓には地獄があります(;^^)ヘ..。地獄は、いわゆる地獄谷。地獄谷のみくりが池が寒地獄、閻魔さまの裁きをうけるえんま台に、血の池地獄。。火山ガスの硫化水素を吸い込むと一瞬で死んでしまう恐ろしい場所です。

 この2つを同時に体験できるのが、立山まいりです。

 立山まいりの起点となるのは、岩峅寺(いわくらでら)と芦峅寺(あしくらでら)。雄山神社は3つあって、麓の岩峅寺と芦峅寺、そして山頂の雄山神社から構成されています。昔は、この2つのお寺を中心に宿坊群が形成されており、道案内をするガイドは中語(ちゅうご)と言われていました。

 岩峅寺の鳥居。この岩峅寺から、山頂まで33の石碑が、禅定道(参詣道のこと)沿いに建てられています。

005

神紋の羽根は、立山開山に関わった白鷹の羽根だそうです。
伝えられている開山のお話は、701年に佐伯有頼という少年が、お父さんの白鷹の後を追いかけていくと、そこに熊が現れ、その熊を矢で射り、その手負いの熊を追っていくと、矢で射られた阿弥陀様が現れたというお話です。ちなみに鷹は不動明王になったそうな。かなり乱暴なお話です(;^^)ヘ..

室堂から下の谷に降りると、阿弥陀さまに出会った玉殿の岩屋というのがありますが、ここは行ったことがありません。映画の劔岳点の記で、行者さまが修行していた場面がここだそうです。

008

後ろに拝殿があります。なかなか立派な神社です。

010

この岩峅寺から少し離れたところに、もう一つの雄山神社、芦峅寺があります。
ここ芦峅寺もまた立山まいりの起点になったところで、昔は宿坊が立ち並んでいました。
今でも、その当時の宿坊が残っています。

103

とても美しいお庭です。

101

芦峅寺(雄山神社)の鳥居。

098

本殿は落石で潰れてしまったようですが、なかなか荘厳な雰囲気のある境内です。ここも劔岳点の記でロケに使われたそうな。

となりにある立山博物館の前に、「しでの旅」(三途の川)と記した石碑が残っているそうです。

095

この芦峅寺は、女人信仰の中心地でもあります。昔は立山も女人禁制で、登ることはできませんでした。唯一この芦峅寺までは来ることができたそうです。ここに布橋という橋がかかっています。

093

当時、極楽往生を願う女性達は、ここ芦峅寺に来て、閻魔堂で懺悔をし、白い布を引いたこの橋を目隠しをして渡ったそうです。そして、姥堂の前まで来たところで、目隠しを外すと、目の前に立山がどーんと見えて、有りがたや~と、伏し拝んだそうです。

橋を渡って、あの世に渡り、そしてまた橋を渡って、この世に戻るという意味合いがあるそうな。

さて、男性達の立山まいりもまたここから始まります。歩くと、二泊三日から三泊四日かかったそうです。
禅定道に沿っては、石仏が建てられています。

今の立山駅の前にも1つあります。33ある石仏は、西国三十三箇所の仏さまを表してもいます。

013

本当は、称名の滝を見て、獅子が鼻の鎖場を登り、弥陀ヶ原へ。弥陀ヶ原にある、湿地の池は、餓鬼の田と呼ばれていて、それは地獄に堕ちた餓鬼が、お腹減るのでお米をこさえようとするけど、秋になっても一粒も米が実らないということで、そう呼ばれているそうです。切ない~。

そしていよいよ室堂平へ。立山がとってもきれいに見えました。

030

少し時間があったので、立山自然観察センターで1時間のツアーを頼み、色々教えてもらいました。

ミソガワソウ。一瞬、ラショウモンカズラかなと思いましたが、花のインパクトがちょっと違います。

028

実になったチングルマ。

038

このチングルマは実は木だということを知りました。立山自然観察センターに展示してあった標本によると、5mmぐらいの茎でも年輪があって、20年ぐらいだったりするそうです。この写真の下には、木の茎が見えています。

053

ウメバチソウの拡大図。黄色いおしべがピンポン球みたいに可愛いです。

047

049

クロトウヒレン。トウヒレン属は、アザミににるけど棘がない。

067

タテヤマリンドウ。タテヤマリンドウとミヤマリンドウは、花の中の模様で分けるそうです。

075

一個だけキレイに残っていたイワイチョウの花。

077

立山は活火山です。今も地獄谷からは噴気が上がっていますが、大昔噴火した火山の跡、立山カルデラは、浄土山に登ると見れるそうです。弥陀ヶ原は、大昔の噴火の火砕流がなんと500mの厚さに堆積したものだそうです。称名の滝は、火砕流の堆積物の上から下へ落ちている滝ということになります。一の越に行く途中の斜面に落ちているゴロゴロした岩もまた、火山の噴火の時の岩だそうです。

遊歩道のあちらこちらに埋められているこの岩もまた、火山の時にできた岩で、溶結凝灰岩というそうでうす。中に入っているのは火山の噴出物、自身の熱でもう一度溶けて固まった岩です。

080

ちなみに、最初に書いていた禅定道沿いの33の石仏。32番目の石仏が、室堂(昔の山小屋)の近くにあります。写真は、16羅漢さんの石仏で32番目の石仏じゃないのですが、この近くにあります(S井さんありがとう!)

329

室堂には、みどりが池とみくりが池があります。2つは繋がっていて、水面はほぼ一定だそうです。
みくりが池のこの青い色、確かに寒そう。。寒地獄というのも分かる気がします。

351

閻魔台から見る地獄谷。閻魔台には閻魔さまが居て、裁きを下します。その眼下には地獄が(;^^)ヘ..

346

その先には、血の池があります。鉄分で赤くなった池ですが、血の池地獄と言われています。このあたり、火山ガスがひどくて、写真撮る余裕はありませんでした。

雷鳥莊からさらに下ったところに雷鳥沢のテント場があるのですが、その近くには賽の河原と呼ばれる場所があります。賽の河原には、先だった子供がいるところだそうで、母恋しと母恋しと父母の功徳を願って石を積むと、夕暮れには鬼がやってきて、その石を崩してしまうらしい。この雷鳥沢から一の越に抜けるみちを、「母恋坂」というのは、こういう意味だからだそうだ。

極めつけが、針の山の劔岳(;^^)ヘ..

写真の真っ正面に見えるのは、劔岳。室堂からはちらっと劔岳が見えます。ほんと岩岩しててとんがってて、地獄の針の山と言われたのも頷けます。なるほど~、ほんま針の山みたいや~。地獄の針の山なので、江戸時代あたりから、あの山は登ることが禁じられていて、それで、明治の測量隊が道案内を頼んだとき、芦峅寺など立山信仰の拠点の案内人は、案内を断ったそうです。有名な宇治長治郎さんたちは、少し離れた村出身で、そういう宗教的なしばりから少しゆるかったのか、案内を受けられたようです。

026r

まっ、地獄の全セットが勢揃いしているわけです(;^^)ヘ..

さて、本番の雄山登山。。
3時からペルセウス流星群をみて(天にあいた小窓から天の川と流星群が少し見えました)、朝5時歩き出し。
湧水のところで、朝ご飯を食べていると、現れたのが、オコジョ。。可愛いです~。

083r

一の越までのんびり歩いていくと、遠くの石の上に雷鳥もいました。

086

私のお客さまには、子供が2人(子供は高山病になりやすいので注意が必要)、登山が全く初めての人数人で、かなりのスローペース。それでも頑張って、登ることができました。

朝は快晴!360度のパノラマ!薬師岳、笠ヶ岳、穂高に槍ヶ岳、黒部五郎、鹿島槍など、富士山以外はしっかり見えました(^^v

090

みんな嬉しそうに記念の鈴をシャンシャンならしてました。

359

帰りに寄った立山博物館。。地獄の特別展がめちゃ面白かったです。来館記念にえんま帳もらいました(^^v

104


|

« 立山、これまたお花いっぱい花盛り | トップページ | 一合目からの富士山-精進口~奥庭~吉田口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/64084782

この記事へのトラックバック一覧です: 立山信仰のこと:

« 立山、これまたお花いっぱい花盛り | トップページ | 一合目からの富士山-精進口~奥庭~吉田口 »