« グルメとお花の浅間山・黒斑山 | トップページ | 立山信仰のこと »

2016-08-11

立山、これまたお花いっぱい花盛り

なんせ、みんなが行くところには行ったことのないひねくれ者なので(;^^)ヘ.. 立山が初めてでした(^^;

浅間山の後、佐久平から新幹線に乗って富山。。世の中便利になったもんだ~。
4時に起きて、始発の富山電鉄に乗って立山へ。アルペンルートは平日でも人気。ケーブル乗るのに40分待ち(^^;

205

おお、それでも8時過ぎには、着いたぞ、憧れの立山室堂!
目の前にわき出しているお水は、立山トンネルの真ん中へん2500mのところからわき出しているらしい。

のんびりとお花を見ながら、室堂平を散策して雄山の方に歩いて行く。

206

ヤマハハコにシナノオトギリに、高原の花がいっぱい。

243

214

おお、可愛いミヤマリンドウ。

220

こちらはヨツバシオガマ。

221

朝露に光るチングルマの実がとってもキレイ。

222

アキノキリンソウ。

229


226

こちらはイワギキョウ。毛が生えてない。毛が生えていたらチシマギキョウです。こないだ誰かに嘘教えました(;^^)ヘ..ごめんなさい(;^^)ヘ..

231

256

ミヤマキンポウゲが花盛り。シナノキンバイとまだうまく区別つかないが、茎に毛がなくて花が不揃いなのがシナノキンバイ。ミヤマキンポウゲは毛が生えていて花が揃っているらしい。

233

235

おお随分と上がってきた、雷鳥沢のテントが色とりどり。ほんとすっきりと晴れて登山日和。

236

ウサギギク。ウサギギクって花が兎に似ているのかと思ったら、葉っぱが兎の耳らしい。。未だに謎です。

237

雪渓の横を通ると涼しい~。

238

カラマツソウの一種で、葉っぱが紅葉みたいなので、モミジカラマツ。可憐です。

239

イワツメクサ。はこべ属でお仲間いっぱい。花弁が5つだけど深く切れているので10枚に見える。葉っぱは細長い。よく似るシコタンハコベとは葉の形が違い、シコタンハコベは1個だけお花がつく。

245

エゾシオガマ。花が巴に曲がっている。同じように巴になっているトモエソウは黄色(以前混同していた)

247

おおダイモンジソウがこんなところにいっぱい。

248

とってもお花畑。

249

ミヤマリンドウ。タテヤマリンドウは葉っぱが根元にちょこっと弱くついているらしい。立山のタテヤマリンドウは白花が多いそうです(後出)

250

252_2

というまに、一の越~。目の前の崖?を人が這い上がっていくのが見える~。後で、雄山の神主さんの祝詞に、「岩山を這い上がり来る老若男女~」云々の言葉があり、納得。。

258

途中、振り返ると、眼下に一の越山荘が見える。

259

岩場にふと目をやるとコケモモとイワギキョウ。

265

ようやく山頂にやってきました。眼下に見える雪渓は、なんと御前沢の氷河!一年に20cm動いていることが2011年に確認されました。

270

一応ここでぱしゃり。

271

すぐ先に見える神社が雄山で、そこが雄山の最高峰になります。500円払って、登拝します。

273

遠くに剣岳がちらっと見えました。やっぱり針の山だ(;^^)ヘ.. 日本三霊山は、富士山と立山と白山。。立山信仰は、立山に極楽と地獄(地獄谷)の2つが同時にあることから信仰を集めたらしいです。その中で剣岳は、針の山に見立てられたらしい。なんだか納得(;^^)ヘ..

276

最高地点の標識ですが、もともとの3003mは社殿の右前にある大きな平らな石だそうです。

278

神主さんが祝詞をあげてくれ、御神酒もいただきました。美味しいお酒でした。お代わりしたかったです(;^^)ヘ..
山頂にて、立山護符を買いました。熊野の護符みたいでかっこいい~~。

285

戻って一等三角点にタッチ。山の名前が書いてありますが、この時にはあいにく雲がわき上がってきて、残念、遠くの展望は望めませんでした。

286

ここでふとみると、なんとトウヤクリンドウが!めちゃ嬉しい。帰りに見ると東斜面の崖下にいっぱい咲いていました。

288

遠目だけど、チシマギキョウぽい。

290

よく見るとほんと可愛い。ミヤマトウキと思うけど、難しくてよく分かりません。

296

304

306

イワイチョウの花が少し残っていました

310

315

ナナカマドの実はまだ青いです。

318

ミヤマキンポウゲの群落。

320


323

タカネニガナ。

326

随分、降りてきました。

327

これが有名な室堂。昔の山小屋の後が、富山県の有形文化財になっています。

328

オヤマリンドウ

331

ハクサントリカブト(ミヤマトリカブト)
333

334

ミヤマアカバナ

335

イワオウギ

338

340

地獄谷まで来ると、硫黄の匂いが結構きつい(;^^)ヘ..咳き込む感じで、先に進むのをやめました。
実は立山は今でも活火山なのです。

346

まあるい谷はカール。氷河がけずった景色だそうです。

347

白いタテヤマリンドウが咲いていました。

348

ミクリガ池の近くで、ミクリガ池温泉に入り汗を流しました。時間が早かったせいか、貸し切り温泉。
ミドリガ池もミクリガ池も、火山が作った火口湖だそうです。

351

ワレモコウ。

353

ウメバチソウにようやく会えました。

355

立山を開山したのは佐伯有頼。お父さんの白鷹に導かれ、その後クマに導かれて立山にやってきたそうです。ちょうど山の日が近いのかイベントをやっていて、立山曼荼羅の解説なども聞くことができました。

358

|

« グルメとお花の浅間山・黒斑山 | トップページ | 立山信仰のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21295/64043690

この記事へのトラックバック一覧です: 立山、これまたお花いっぱい花盛り:

« グルメとお花の浅間山・黒斑山 | トップページ | 立山信仰のこと »