« 2016年8月 | トップページ | 2017年3月 »

2016-09-08

季節外れの白山はとっても静か

霊峰白山(2702m)に行ってきました。
立山に続き、これにて日本三霊山コンプリートo(^▽^)o

白山も、昔からの信仰の山なのですが、意外に信仰くさくないのが不思議でした。何故かと思ったら、登山道に置かれていた仏像などは、なんと廃仏毀釈の際に一切が下界に下ろされたそうです。白山に登る参詣道も禅定道というのですが、こちらもとても一日ではたどり付けないので、現在使われている登山道は新しく整備された道です。なので、昔の道しるべ的なものがないのも仕方ないです。昔からの禅定道を歩くと古い石段などの雰囲気は味わえるようですが。

今の白山はお花の山で有名。花の見頃の時期に白山の山小屋(白山室堂など)に泊まろうと思うと、4月1日の予約開始から数時間で全て売り切れになるそうです(;^^)ヘ.. 

けど、花の季節は終わり、紅葉にはまだ早いこの季節。訪れる人も少なく、ほんと静かな山歩きでした。

別当出合の登山口。

020

今回は、一般に使われる砂防新道から登ります。前日に砂防資料館に行ったのですが、白山は常に崩れている山だそうです。砂防新道のこの吊り橋も2004年に土石流で流出、2006年には砂防新道も崩落して、現在は新しく付け替えられた道だそうです。

021

もう終わりかけのアキギリ。ミソガワソウに似ていて、これかと思いました。

024

このあたりはモミジがきれいです。標高が上がるとブナ、それからダケカンバ、そしてハイマツと、どんどん植生が変わっていきます。

025

この羽子板の羽根みたいな実はソバナ。

026

ヤマアジサイ。ガクアジサイとよく似ていますが、葉っぱの先が長く伸びるようです。

032

オオカメノキが真っ赤な実を付けていました。

052

ハクサンカメバヒキオコシ。ヒキオコシ(引き起こし)は別名、延命草。健胃、抗癌作用もあるようで、倒れた病人も引き起こすぐらいな効能があるからだそうです。

189

オトコエシとノコンギク

034

コゴメグサが突然群落で咲いていて、テンションあがりました!
ほんとよく見ると可愛い花です。

035

キツリフネ。。ツリフネソウの仲間です。

188

ハクサントリカブトも花盛り。マルハナバチが一生懸命、残り少ない蜜を集めていました。

070

センジュガンピがいっぱい咲いていました。

186

オトギリソウも咲いています。

187

ミズキも実をつけています。

041

ツルニンジン。地味だけどよく見ると可愛いんだそう。

043

シロチョウがやってきました。夏も終わり、もう鱗粉がハゲハゲなのかなぁ~。

045

向こうの山が大きく崩れて、柱状節理が見えています。

049

滝もすごいです。その沢をコントロールしようとする堰もすごいです。

050

突然大きなフジアザミ!

191


が、なかなかきついです。
別当出合から室堂まで6kmと書いてありますが、たった6kmで標高差1300m登るので(;^^)ヘ..、あと1kmとか甘く見ているとエライ目にあいます(;^^)ヘ..
この日も、中飯場から甚之助避難小屋までが結構長かったです。

これはクロクモソウ。

055

060

ゴゼンタチバナの赤い実。ゴゼンタチバナのゴゼンは、この白山の御前峰から来ているそうです。

065

これはなんじゃろ?

066

マイズルソウの実。。このあたりもお花の時期は綺麗なんだろうな~。

068

ヨツバヒヨドリが咲いていました。

069

ズダヤクシュの実。。ズダヤクシュも薬草で、喘息に効くそうです。この面白い実は、雨を散布する役目があるらしい。

071

ベニバナイチゴも美味しそう

113

ようやく甚之助避難小屋に着きました。稜線にある黒ぼこ岩まではまだまだです(;^^)ヘ..
ここでお昼にしました。
ここで一緒になった若者とおじさん2人のグループは、前日の台風の雨にやられ、向かいの尾根の殿が池避難小屋で泊まったそうです。

075

076

ニワトコの赤い実。

079

とっても綺麗なヤマハハコのドライフラワー。

080

コイワカガミが出てきました。途中の小さな池のあたりには、季節にはキヌガサソウが咲くらしいです。見たいなぁ~。

081

おもろいです。。大きな丸石のはまった礫岩です。大陸から運ばれてきた地層だそうで、別当出合あたりの地層からでも恐竜の骨が見つかったりするそうです。

084

ミヤマダイコンソウ。
このあたりからお花畑になるそうで、きっと綺麗だろうなって思いました。

089

まだ所々で頑張っていたハクサンフウロ

170

ダイモンジソウもいました。

091

ハクサンアザミも綺麗です。

176

オヤマリンドウは終わっていました。

174

カライトソウ

175


がここからがなかなかな胸突き八丁。途中の延命水で、文字通り息を吹き返して(;^^)ヘ..、ようやく黒ボコ岩の稜線にでました。
この黒ボコ岩は、なんと火砕流で山頂から運ばれてきたパン皮火山弾だそうです!


092

ようやく山頂の御前峰を拝むことができました。

094

ここからはほぼ平坦な道のはず。。室堂が見えるはず!
が行けども行けども山小屋が見えない(;^^)ヘ..
どうやら、目の前の一山越えないといけないようです。。心がポキッとおれました(;^^)ヘ..
ふと足元をみるとシラタマノキ

100

おお、イワギキョウが綺麗に咲いています。

104

ミヤマキンバイも頑張っています。

105

真っ赤な実を付けたナナカマド。ようやく山小屋到着です。750人収容のめちゃめちゃ立派な山小屋です。

106

146

荷物を置いて、外に出ると目の前に御前峰がどーーーん。真っ青な空!

108

天気予報では、翌日は雨模様だったので(実際は晴)、ともかく今日のうちに山頂へ行ってしまおうと、力を振り絞って登ります。

標高は2500mになるので高山植物のオンパレード。
ガンコウラン

112

シラタマノキ

119

コケモモ

121


116

イワギキョウ

117

イワツメクサ

118

目の前にホシガラスが止まりました!カメラを構えると飛んでいきました。

122_2

山頂の白山神社

123

御前峰、白山の山頂です!

127

さっきまで晴れていたのに、あっという間にガスがかかりました(;^^)ヘ..
ガスが少し晴れたときに覗いた白山の火口。御池がみえます。そのまま御池巡りもしたかったけど、さすがに麓から標高差1500mを登って、これから先2時間はちときつい(;^^)ヘ..

133

山小屋の泊まり客はなんと私たちだけ!!750人の山小屋に2人(;^^)ヘ.. まさかの貸し切り(;^^)ヘ..
晩ご飯では、だだっぴろい食堂に座る。おかわりまだかと、食堂のおねーさん4人に見つめられる中での食事でした(;^^)ヘ..

137

夕方には綺麗な夕日が見えました。

197

夜中にトイレに起きると、満点の星空。
朝起きたら、土砂降りの雨を覚悟していたのに、なぜか綺麗に晴れ渡っています!
御前峰をばっくに白山室堂。

139

朝焼けです。

140

遠くに見えるのは御嶽山。よく見ると噴煙がたなびいています。

140r

朝食前に少し散歩しました。

クロマメノキ

147

アオノツガザクラがまだ咲いていました。

148

なんとまぁ!クロユリの実。。クロユリがわさわさいる!あーーーー!やっぱりお花の季節に見たい!クロユリみたことないのです(×_×;)

149

アオノツガザクラが実になっています。

151

草紅葉

152

タケシマランの赤い実。

157

こちらは大きいのでオオバタケシマラン

160

マイズルソウの群落。。ドライフラワーになったエイレンソウもありました。

158


162

あの峰を越えるとお池があるのですが、朝ご飯の時間が迫ってきたので戻ります。

163

山で飲むコーヒーは美味しい。

164

新しい台風が生まれたそうなので、早めに小屋を後にします。

168

169

サラシナショウマにとまるアサギマダラ。ひらひらといっぱい飛んできます。けどもう夏も終わり、吸える花の蜜も少なくなってきましたよ。

184

この日は予想に反して晴れ。結構、登って来る人がいました。朝一番で来る人はみんな日帰りのようです。登るだけなら日帰りも可能なのでしょうが、ゆっくりお花見ながらだと日帰りは無理ぽいです(爆)

帰りに白峰温泉のお風呂に入って、帰途につきました~。白峰温泉は、ちょっとぬるっとするアルカリ性のお湯。とってもやさしくて良いお湯でした。

さよなら白山、またお花の時期に来るね~。

<おまけ>
前泊での宿で、飲み比べしました!私の好みは圧倒的に菊姫!その次が萬歳楽。まぁまぁなのが天狗舞、高砂は辛口、手取川はあまりに特徴がなくて、ランク外でした(;^^)ヘ..

016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-09-04

一合目からの富士山-精進口~奥庭~吉田口

ずっと行きたかった精進口から、これまたずっと行きたかった奥庭経由で、吉田口五合目まで、友達と歩いてきました。友人は次の日はそのままお仕事、私はそのまま富士山山頂に行こうかと思ったけど、まぁ、以前登っているので、これを良い機会に富士山の裾野を、色々歩いてみることにしました。

精進口は明るい樹林帯の中の素晴らしい苔パラダイス。。そして奥庭あたりはコケモモロード、お中道はこれぞ富士山!という景観で、なかなか変化に富んだ楽しい山歩きでした。

富士山は、静岡県側からは何度か行っていっているのですが、なんせ関西から吉田口は恐ろしくアクセスが悪く(;^^)ヘ..、結局、夜行バスしかありません。夜行バスだと富士山の裾野をぐるっと回るので、目が覚めると富士山の宝永火口が見え、次に剣が峰が真ん中に見え、そして山梨県側に来ると、富士山の火口が鬼さんのように尖ってみえます。雄大にすそ野を広げる富士山。

216

到着したのは河口湖駅。。なんか栄えてる~。

417

ここから友達とタクシーで精進口一合目へ。青木ヶ原の樹海の近くですが、明るい森でした。三合目までは林道を歩きます。ハナイカリがお出迎え。

217

ホップのようなクマシデの実。

221

苔もキラキラ光っています。

225_2

このピンピンしているのはイワセントウかなぁ。

226_2

235

もじゃもじゃのタマゴケ。

238_2

一向に前に進みません。

239

おお!フジノマンネングサの群落がありました!これも苔です。

242_2

264_2

20倍のレンズで拡大してみた苔の無性芽です。苔は有性生殖するのですが、このピンピンした無性芽でクローンを作ることもできるのです。

253_2

これは別の苔ですが、セイタカスギゴケの蒴。お帽子かぶっています。20倍レンズが良い仕事してくれました。

357

これがオスの苔です。。種類はわかりませんがチョウチンゴケ科?

265_2

途中からブナ林になります。

258_2

回りを見ると、カエデやモミジが多く、ナナカマドも。。秋の紅葉シーズンはきっととっても綺麗だと思います。

276_2

どこからかアサギマダラがいっぱいやってきて乱舞しています。6-7羽は飛んでいました。何を食べているんでしょう。ヒヨドリバナかなぁ。回りには見当たらなかったのになぁ。

259_2

もう秋の色です。

278_2

三合目で富士スバルラインと交差します。そこにあったのはバカでかいフジアザミ!

284_2

拳ほどの花です!

286_2

三合目から上は登山道になります。倒木が多くて道があっちこっちへ。

この葉っぱは、花の終わったベニバナイチヤクソウ。コバノイチヤクソウの葉っぱもありました。初夏来たら綺麗だろうなぁ~。

289_2

290_2

これ、何でしょう?調べたけどたどり付けず(×_×;) 知っている方、教えて下さいませ。

291_2

花を拡大してみると結構綺麗です。

296

素晴らしい苔パラダイス。

297

倒木多し!

298

ガンバレ木の赤ちゃん。

299

ふわふわのカモジゴケ。

300

道に赤いスコリアと黒いスコリアが混じりはじめます。

301

ミズゴケです。

302

ムチゴケです!

303

セイタカスギゴケ

304

イワダレゴケとセイタカスギゴケ

305

素晴らしいシッポゴケ。。かっこいい~。

306

マイズルソウが赤い実を付けていました。お花の頃は綺麗だろうなぁ~。

307

イワダレゴケとタチハイゴケ。

308

タチハイゴケ

309


310

シャクナゲが増えてきました!あたり一面ハクサンシャクナゲに!
空気も変わってきました。シラビソの良い香りが漂ってきます。

311

312

ミズゴケ。。黒い玉みたいな蒴がでています。

313

ここからはコケモモロード!一面に真っ赤なコケモモの実がなっています。

317

まるで雪の中にあるコケモモの実みたいですが、これは実は地衣類!柔らかいかと思ったら硬い!

319

という間に、天狗が遊んだという御庭に出ました。

322

どうもダチョウゴケのようですが…

325

秋ですのぉ~

330

と、突然、目の前にカメラの列が(;^^)ヘ.. それも立派なカメラ。。
奥庭莊の水場の近くに鳥たちがやってくるというので、みんなが集まってカメラを構えているのです。
まるで、スターのように、けどごめんなさーいいと言いながら(;^^)ヘ.. その前を通過しました(;^^)ヘ.. 

331

少し遅めのお昼。。奥庭莊のおばちゃんに強くお勧めされた富士山の松茸そば!?美味しかったです。

332

コケモモジュースも最高に美味しかったです!

333

奥庭もぐるっと一周回ってみました。もう終わりかけのヤナギランが赤い茎を見せていました。

342

曲がった枝が、強風と冬の厳しさを物語ります。

340

カラマツももう紅葉しかけ。

347

ここからは、お中道を通って、吉田口五合目まで行きます。

348

かろうじて残っていたヤマホタルブクロ

349

ダケカンバの紅葉しかけ。。ミヤマハンノキもいっぱいいました。

350

オオシラビソ。

360

お中道は、ちょうど森林限界ギリギリ。これぞ富士山という景観になります。
寄生火山の向こうに山頂がちらっと見えます。

366


369

溶岩が流れ下った跡。

376

精進口登山道で出会ったのは1人だけ、お中道でも数人と、とっても静かな山歩きだったのですが、突然、ここはどこ?ディズニーランド?的な吉田口五合目。。俗世です。

380

けど、すっと行きたかった小御岳神社。古い富士山のなごりの場所です。

381

おお素晴らしい!

382

と、この日はこのまま降りました。

翌日は1人で、北口浅間大社、富士山ビジターセンター、鳴沢の氷穴と風穴を回りました。
バスがないので歩くしかない(;^^)ヘ.. ホテルから北口本宮浅間大社、そして富士山ビジターセンターまでひたすら歩きました。。

北口本宮浅間大社は、参道も長く、本当に立派な浅間大社で感動~。参道の灯籠は御師が奉納したものですが寛永の年号がありました。

401

402

富士山ビジターセンター。。有料ゾーンは面白いけど、どう回ったらいいのか少し迷いました(;^^)ヘ..
インバウンドの行程に時々入っているので、とりあえず行っておけて良かったです。

413

それから2,3時間に1本の路線バスを駆使して、鳴沢の氷穴と風穴へ。途中東海自然歩道が通っている青木ヶ原の樹海を歩きました。こわ~~い。(笑)

風穴に氷はなかったけど、氷穴にはかろうじて。。どっちも凍えるほど寒かったです。。なんで氷があるんでしょうね(;^^)ヘ..説明を読んでも、なかなか実感がわきません。

427

精進口登山道は自然がいっぱい残っていて、ほんと素晴らしかったです!
いつか今度は、秋の紅葉に、そしてお花の咲いている初夏にも訪れたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2017年3月 »