2009-07-20

落選

う、、、、、落ちた…weep

 ちょっと予想していたこととはいえ、うちのコーラスは京都大会には出られませんでした(T^T)

 はぁ、それにしても今日一日の進行係、疲れた~。予想以上の大変さでした(--; 一応、時間は押さなかったので、責任は果たしました。

 しかし、私個人の一番の悔いは、進行の仕事やりながらだと集中できなくて、歌がちゃんと歌えなかったこと…。歌詞間違えるは、ど忘れするは…。ここ何年も歌詞間違えるなんてこと絶対になかったのにsad。やっぱり、気持ちの集中も切り替えも出来てなかったというこですかねぇ~。

 「おっちゃん」バンドの方々は面白かったです~。「井手町の歌」というのがあって、京都府の南部にある井手町に1964年に生まれた…とか、なんてことない歌詞なんだけど、ものすごい味がありました。そのまま、矢沢永吉のキャロルに突入したりして…。永ちゃんの曲も久々に聞きました~なっつかし~。(永ちゃんのアルバムも持っている、私)。あと、近鉄大久保駅ブルースバンドのおっちゃんの、上田正樹のカバーもよかった~。

 オリオンビールって、缶がめっちゃ薄いのですね。だから、音が他の空き缶とは違うんだ~と、納得しました。あと面白かったのが、「段ボールドラム」。段ボールを、ドラムの刷毛で叩いて音を出すのですが、意外とパワーのある音がするのです。段ボールにも、音の出る段ボールと出ない段ボールがあって、おっちゃんが持っていた段ボールは、DELLでした~。

 それにしても、この脱力感は、いかんともしがたい…。突然、目標喪失です。

 焼けビール、いやお疲れさまの打ち上げと思っても、うちのコーラスは品行方正な主婦たちばかりなので、誰も寄り道してビール飲もうなんて人はいない(爆)。というか、もう途中でほとんどが帰ってるし(爆)

 なんともやるせない思いを抱えて家に帰ったら、息子が友達2人とその彼女を連れて来ました。みんなで一年前にあった高校陸上部OB三学年合同旅行のビデオを一緒にみて、お腹減ったなぁとピザ頼んで、そのままパーティー(?)に…。。。教員採用試験の真っ最中らしい。みんな良い子たちばっかりです~。 

 ちょっと気が紛れました~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009-07-15

変わるものと変わらないもの

毎年恒例の南山城うたごえ祭典が近づいて来て、今日は、最後の会議だった…。うちの団体は伏見なんだけど、なぜかずっと南山城地区に出ているのだった…。

 出場者がほぼ全員集まる…。ほう、今年はこんな人たちが出るんだ~。
 
 うたごえの地域祭典で一番おもろいのが、実は、「ええ歳」のおっちゃんたち(^^; みんな、40も50もなっているんだろうに、なんなんあの髪型(^^;とか、どうしたんその服装とか(^^;、多分道ばたで会ったら普通のおっちゃんなのに、なぜか突然歌上手やんとか(^^;

 おそらく10代か20代の頃にギター持って、あるいはピアノ弾いて歌った頃の、そのまま時間が止まってしまったかのようなおっちゃんたち。多分心は10代のままなんやろなーということがよーーく分かる…。

 去年から、近鉄大久保駅やら城陽周辺を根城にしているおっちゃんバンドたちがやってきていて、それなりに音楽性が豊かでおもろい…。沖縄のオリオンビールの空き缶に(オリオンビールじゃないとだめらしい)砂を詰めて鳴らすと、「うちなんちゅーの音」がするそうな…。こないだの沖縄の劇とは対極の明るさ(^^; 

 最近某バンドのバンジョー弾きのおっちゃんを見ないが元気なんだろうか?もう何十年もバンドやっていて、メンバーの浮き沈みがあってメンバーが集まらなくても、ともかく毎週決められた曜日のその時間に、たった一人でもずっと行って待っていたという言葉が忘れられない。

 大昔、ナターシャセブンのバンジョー弾きが好きで(城陽に住んでいたし、ジョギングショップにも行って握手してもらったことがある(^^;)唯一リリースされたソロのレコードも持っているのだけど、奥さんを殺めて捕まっちゃったんだよね~。今日、宵宵山コンサートもとうとう終わったらしい。大昔よく、円山音楽堂に通いました…。時代が変わって、変わるものとそして変わらないもの。

 当日、なぜか全体進行やることになって、焦ってます。タイムキーパーなんだけど、なんだか出演団体多いし、どう考えても昼ご飯食べる暇なさそうで、テンションだだ下がり(^^; 久しぶりに時田さんに会えるから嬉しいのだけど。

 ということで、今年も恒例の夏がやってきたのでした。

変なおっちゃんたちを見たい方はどうぞ…(^^; 入場無料です。私のコーラスも出ます…。
南山城うたごえ祭典 7月20日 宇治生涯学習センター 12:30開演 
 前半はうたごえ祭典のコンクール発表、後半15:10分から16:20までおっちゃんたちのバンドのライブがあります。ちなみに、若いおねーちゃん、おにーちゃんたち、キッズも出ますのでご安心を(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009-05-21

RENT(レント)

 友達が貸してくれたミュージカル映画のRent(レント)を見た。もともとは舞台の作品を映画にしたものです。

 音楽が、曲がいいよ~って勧めてくれたのだけど、もうボロ泣きweep 良い曲が目白押しで、しみじみつくづく良かったです。またもや、思わずサウンドトラックを買ってしまいました…。って、サウンドトラックのCDの方が、DVDより高いってどういうこっちゃって感じなのですが…。

 レントは、オペラのラ・ボエームを下敷きにして、話を現代のNYに置き換えた作品です。夢だけはいっぱいあるけどお金は無い貧乏な芸術家たちという設定は同じだし、ヒロインと同じ名前のミミも登場するけど、雰囲気は全く違い、ゲイや麻薬やAIDSなど現代NYの事象が取り上げられています。

 最初のSeasons of Love からもうハートをがっちり掴まれてしまいました。Without youではもうボロボロ泣き。ほんと飽きさせない曲がいっぱいです。

 さて、2曲目の「Rent」 「家賃が払えないけど、どーしよー」って歌が始まったら、思わず苦笑。どこかで聞いたフレーズだ(^^; 3月にミュージカルが終わるまで、私は何度 rentって言葉を言い、何度「I can't pay rent 家賃が払えない」って言葉を聞いたか(^^;

 ごく最近も、電話でその言葉を聞いたかも…。

 というのも、ダメもとで求人に応募してみようかと思って、英文の履歴書(CVという)を書いていたのです。普通、英語の履歴書には写真は載せません(容姿で選んだって言われたら困るから)。ところが、その英文履歴書には写真が必須。もちろん外国にも写真が必要な職種というのがあるのか、時々は写真を載せるらしいのですが、その場合、結構自分の魅力をアピールしたような修正バシバシ入ったような写真を載せるのです。

 どうしよう…。この際、民族衣装着てにこにこ嬉しそうにしている写真載せるべかと、散々迷ったあげくに、ピーターに電話をしました。

 「なぁなぁあほな事聞くけど、(これこれしかじか) で、CV出そうと思うねんけど、写真載せないとあかんねん。ともかく写真が重要らしいし、私ももういい加減の歳やから、、アピールしなあかんねんけど…(かくかくしかじか)」
「ふむふむ」
 「で、Happy cheerful face with sari (サリー着て嬉しそうに笑っている写真) と、普通のしかめっつらの証明写真とどっちがいいと思う?」
 と、ピーターに尋ねると…

 「普通の証明写真の方がいいんちゃう?ここは日本やし…(Ordinary business- suit photo might be better)」 と、しごく「まっとうな」お答えが返って来たのでした(^^;

 その後の会話で、再び「家賃が…、でも時間はたっぷりあるんだ~」って、映画と同じような台詞が聞こえてきました。さすが、芸術家だね~(^^; 最後に、「Good Luck」と言われて、You tooと返しておきました。

 ということで、履歴書に載せる写真を、近くの写真館に撮りに行ってきました。息子なんか就活用に30枚セットと50枚セットとどっちにするべきかと迷っていたのですが、さすがに私はとりあえず4枚組でいいですって言いました(CDで焼き増ししてくれるらしい)

 しかも、職安デビュー(^^;までしてしまいました。インターネットでは検索していたのですが、まぁ、一度、覗いてみるべかと思って、ふらっとハローワークに行って、パソコンで検索していたのですが、私の職種は特殊項目になるので、検索したら出て来る職種がおもろい…。「演出家」って言うのまであった…。ハローワークで募集する演出家ってどんなんやねんと思いながら詳細を見てみる(以外とまともだった(^^;)。四十ン歳で、検索ヒットするかどうか不安だったけど、それなりにあるようで(採用してくれるかは別でしょうが)、世の中ほんまにいろんな職業があるんやなぁって、結構楽しんで帰って来ました。

 昨日からあちこちに応募し始めたのですが、なんせ求職したことがなかったもので、やり方も分からない…。で、友達のところに電話して「なぁなぁ、仕事探しって、同時進行でやってもいいもんなん?だってさぁ、この歳になったら、ともかく数打たんことには当たらへんやんか~。今返事待ちのところとか、既にメール送ったところとか、いろいろあるねん…。で、もし、非常にラッキーな超嬉しい状況で、複数重なったらどうしたらいいの?」って聞いたら、「そんなん、他、決まったんで、すいませんって断ったらいいやん」ってあっさり言われて、さすが仕事探しの猛者は違うと感心したのでありました。

 なんつうか、こうなって来ると、宝くじ買って当選日まで待っているような気分がします…。あーしようか、こーしようかと、つくづく自分はおめでたい性格だと思います…。

 まぁ、あのガネーシャ(「夢をかなえるゾウ」)にも、可能性を探して求人情報を見る、夢を語る、そして絶対にあきらめないって書いてあったし、ずっと昔にAdamも、母親の求職の話をしながら「必ずいつかは自分を必要としてくれるところが見つかるもんだ。」と言っておりました。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009-03-16

ありがとうございました

 ミュージカル「時間旅行はいかが!?」は、毎回立ち見が出て、最終日は会場のキャパを超える500人近くの人々が見に来て下さり、のべ1900人以上の人々に見ていただいて盛況のうちに終演を迎えました。

 ほんとうに、みなさま、あなたも、あなたも、あなたも、あなたも、みーんなありがとうございました。
 一人一人に対して、言い尽くせない思いがあります。本当にたくさんの人たちが支えて下さり、またお互いがお互いを支え合って、無事に最終日を迎えることができました。

 特に千秋楽、最後の公演は素晴らしかったです。全ての歌が一段、階段を飛び越えて、一気に完成したという感じです。

 とりあえず私のテリトリー範囲で、歌詞、そして歌関係について、最終日の最後の公演について、覚えているうちに、サンクスメールを書いておきます~~。

 イントロダクション
 -学生チームの「800円」は最後まで力強く安定していて、いつもいつもとても嬉しかった。サラリーマンチーム、「嫁」もしっかり聞こえ、しかも最終日には「ゲイ」がしっかり聞こえたのには感動。主婦チーム「可哀想に」がしっかり歌えてました。ナンパ男、最後に男パワー炸裂、「愚痴」もしっかり歌えてました。由衣と穂乃佳のリフトをしない二人が歌わなくっちゃって思って前向いて足踏ん張って歌っていた(特にみやさん)が涙ぐましかったです。
 来来軒、もう安心して聞いてられました。ホステス、やくざも良かった~。そうそう、先生父親母親チーム、800円は高すぎる~がきれいに揃ってたよ~。 光太郎くん、一発目の「僕は光太郎」から最高、孝志は言葉1つ1つ丁寧に丁寧に歌ってくれてました、ありがとう。そして、由衣と穂乃佳の二重唱(ばらばらの歌詞で歌うところ)は、今まで聞いた中で、ハーモニーもテンポも最高!最高の出来でした。

 どこへ行くのチーム ほんと声も出てるし、身体も前に出てこれてた上に、「どーこーへ」が綺麗にそろって一発目で入ったときは、おおっと感動しました。年金、レイオフからは安心して聞いてられました~。光太郎くん、どこへいくのチームに負けずに歌ってくれてありがとう。「違う時と場所につれてって」両手を広げて力強くて、おおおおって思いました~。音響の小森さん、バランスの良いミキシングほんとうにありがとうございました~~~。

 タイムマシン、まこっちゃん、ピンマイク直して声がちゃんと入るようになってほんと良かったよ~。「マシン」も「一年」も涙ぐましい努力が分かりました~。ダンサーたち、あの狭い空間で踊りながら、ほんとよく声出てたよ~。陰コーラスもしっかり綺麗にハモってて、コーラスで支えてくれてありがとう~。

 たんぽぽ、こどもたち可愛かった~。大人たんぽぽ、最後に4人が綺麗にバランス良く聞こえました。ぺがさんの主メロの安定感はさることながら、最後の最後にガキさんの言葉がしっかりメロディーに乗って聞こえてきたのにはほんとうに感動~。「いのちを喰らう」を活かす方向にしとけばよかったかと、少し反省してます。

 村の三人娘、最後はほんとうに「娘に出会った」1も2も、コーラスが綺麗にハモってました。初めて、こばごんの和音がおしゃれだと実感できました~。「あー、若い頃~」がきれい聞こえ、しかもその後の言葉「空はどこまでも青く」と「土地がやせて米ができない」がハモりながらしっかり聞こえたのには感動。

 光太郎くん、娘に出会った1も2もしっかり言葉が届いてました~。くるっと一回転して「ずっとこのままでいたい」が最高! カリガリの飛び込みスポット、ここはほんと安心して聞いてられるんだよ~。良かったよ~。

 女衒、なんとなんと最後の最後で、見事に綺麗にハモりました。途中ユニゾンにしようかと思った時があったけど、しなくて良かった~。青ちゃん、最初の一小節、「来るんだ~」完全に綺麗に歌えるようになったね~。せいさんがんばりました。せいさんと青ちゃん、2コーラス目からは、ほんと安定感がでて楽しかった~。ふかふか布団も、ようやくいやらしさが出るようになったかな~。これからも時々歌って、いやらしさを追求しつづけて下さい(笑)

 志保ちゃんの歌、ブラボー!最高!志保ちゃんの声、大好きです!

 増造さんの歌。私、最後の最後で、初めて増造さんの歌を聴いて自然に涙が出ました。切々と歌い上げてくれて、素晴らしかったです。本当にありがとう。新境地って感じがしました。
 
 ビューティフル・カントリーの孝志。言葉1つ1つ、ほんと大事に丁寧にほんと心を込めて、歌ってくれてありがとう~。うちの家では、孝志のキャラと歌の上手さのギャップ(?)で、一番人気でした~。

 つるかめ、キーきれいに揃ってたよ~。マッシーさんの太鼓との息もぴったり、ここは、数ヶ月越しの難題、難問だったので、本当に最後に綺麗に踊れて歌えて太鼓がはまって、嬉しかったです~。

 サークルダンス、最後の最後まで最高に声が出ててよかったです。もっくんしっかり歌ってくれて、ほんとありがとう~。他もマイク通して声が聞き分けられるくらい(あー、おかもっちゃんの声だ、あっちゃんの声だ、まほんぬちゃんの声だって)一人一人がしっかり歌ってくれていて、あのパワーが出るんだね。最後、「眠ってないのに」の「ね」の音が飛び込んで来た(しっかり聞こえた)のには、身体が震えるぐらい感動しました。男衆三人「男も女も」の「男」歌いにくい音程なのに、しっかり声が出ててたね~。静止後のドン「わになってー」のところ、音と照明と歌、びしっと決まってて、ものすごく気持ちよかくかっこよかったです~~。

 プリンセスソング もう何も言うことがないくらいの出来でした。由衣ちゃん、ほんと上手に丁寧に歌ってくれてありがとう~~~。腰元たちのソロ、みんな綺麗に歌えてました。コーラスもバランスよく、きれいに入ってました。腰元ほとんどにピンマイクが付いているのだけど、芸館に入った最初の頃はゆきみさんとアンドさんの声ぐらいしか聞こえなかったのが、まるでつくしが土からにょきにょきと頭を出すように、おや、この声は、ろこさん?おや?この声はもしかしておいねさんって、どんどんマイクから声が入ってくるのを、しかも前のPCCからさわじりちゃんの声まで聞こえてきたのは感動しました~。

 軍議チーム、軍議チームは、歌がほんと綺麗に安定してました。それまでは台詞が飛ぶは、飛んで間が10秒ぐらい開くわ、あるいはフォローしようとして迷走するわ~、その度に隣に座っている小森さんたち音響さんの息がうって詰まるのが聞こえてくる(私の心臓は2回は止まりました)が、万が一音キッカケの台詞が飛んでも、ともかく歌さえ始まってしまえば、どーーにかなる、万一どーにもならなくなったら、音楽を流してしまえ~って思えるぐらい歌が安定していて良かったです。それでも台詞戻って、音キッカケ台詞だけは外さないので(一度、ええ、もう来るんかいっていうのはあったけど)良かったです~。最終日の最終公演、台詞も飛ばずに落ち着いて歌に入れて、本当に最高でした。ガキさん、歌いにくい歌詞なのにほんとうにありがとう~。PCCからのマッシーさんとももちゃんのテノールのハモりが聞こえてきたときは感動、そしてガキさんのハモりめっちゃ効いてましたよ~。

 腰元の歌、アンドさん、マイクの使い方が最高に上手。さすがです~。言葉1つ1つが綺麗に立ってましたよ~。ありがとう~。

 死に神ソング、もう、なんも言うことがないかな~~~。ライブって、客席のパフォーマンスってほんと楽しいよね~~~。ピーターに合わせてくれた、ファニーちゃんとのんち、そして楽団のみなさま、本当に大変でした。ありがとう~~。

 戦争、なんという安定感!最後の最後までレベルアップし続けて行くのにはびっくり~。まずは孝志と光太郎くん、ありがとう~。特に孝志くん、歌の入りが完璧で、初期の頃にコーラスを先導してくれてありがとう~。そして何よりも、やっさん、最後の最後の最後で、歌のテンポがばっちしはまったのには身体が震えるぐらい感動しました。もう最高でした。中ばあさん、「殺せと命令を出す」と歌うのを聞くたびに、毎回、身体に鳥肌が立ってました。コーラス、本当に本当に最高のボリュームで、絵も綺麗で、しっかりハーモニーが聞こえてました。ダンサーチーム、あの激しい踊りの5カウントで踊りながら歌ってくれてありがとう。初期の頃、消えていたソプラノが、綺麗に聞こえてきていたのはほんとに嬉しかった。「だが来てしまった」のところのソプラノのハモりは、ピーターすごいって思うぐらい完璧な和音でした。かなみちゃんもありがとう~。「止めなくちゃ」も「「平和を築くより、平和より戦争」も、綺麗に聞こえてました~~。そして、実は地味に、通奏低音を歌ってくれていたガキさんたちバスの人たち、ありがとう~~~。そして去年のうちから、私も歌いたい私も歌いたい、楽譜ちょうだいって食らいついてきてくれた、かおりちゃんやまろんちゃん、さくっちゃ、ほんとに嬉しかったよ~。

 アフターマス、こどもたちの声と大人たちの声、対照的でほんと良かったです。

 ビューティフル・カントリー(2) 穂乃佳ちゃん、しみじみ綺麗な声だよね~。丁寧に歌ってくれていたね。光太郎のハモり、しっかり穂乃佳を支えるように歌えていて、ものすごく安定感がありました。孝志も由衣ちゃんも、きれいに言葉が入っていたよ~~。最後の由衣の高音、すっごく素敵。そして音響の小森さんもありがとう~~~。

 未来世界チーム 最後の最後でやってくれました!命かけて歌ってって言ったところ、全部に命がかかっていて、初めて歌になったって感じです。言葉を聞かせてくれてありがとう~~。「教科書になければ、すべて嘘、知るべきことを知らされるだけ」ちゃんと聞こえました。前に出て来てくれたから、みんなの声が入って来たのです。けいこさんとちえちゃん、声がきれいに聞こえてたよ~~。そして、真ん中で歌いながらおどってくれていたいずみさん、いつもしっかりと「政治家を信じろ~」って歌ってくれていて、すごい安定感でした。

 警官チーム しっかり声が出てて、後ろのデモ隊にも負けてなくて、ほんとに良かった~~~。

 デモ隊チーム、がんばりました~。これまで何度も迷走しましたが、ともかく本番では一人一人言葉が言えて、まずは大収穫~~。

 ビューティフル・カントリー軍隊調 まずは音響の小森さん、ありがとうございました~~。特に3番の卓の操作には、ものすごく感動しました。そして、しっかり歌ってくれた陰コーラスの人たち、本当によかったよ。一番からしっかりと歌詞が聞こえてました、しかも、ソプラノの「戦争」が綺麗に入ってハモるは、アルトのタイムマシンが綺麗に入るは、ほんとうにほんとうにほんとうに素晴らしいコーラスになってました!!!

 レッドルーム ごめん、ぺがさん、私カーテンコール移動中でちゃんと聞いてなかったのだけど(^^;、綺麗に聞こえてました。踊った後で息が上がっていたのにありがとう~。


 みなさま本当に本当にありがとうございました。
 よかったら、時々、いやずっと好きな歌を自由に家で歌い続けてね~~。


 さて、私としては、これからどーーーしようかと…。まずは確定申告(遅い(^^;)しないと(^^;
 それから、連日のビール漬けで、ビール腹になったこの腹をどうにかしないと(^^;
 それよか、荒野となりはてている日常生活をどうにかしないと~。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009-03-09

Show must go on

 ミュージカルは、14日、15日の昼夜ともに売り切れで、嬉しい悲鳴のようです。立ち見が出る予定です。すごーーーい。

 とうとうこの週末、本番を迎えることになりました。明後日から、照明やら音響などの最後の仕込み&調整で、衣装をつけたゲネプロ、そして本番を迎えます。

 本当に、出演者の方々は頑張りましたし、今も頑張っています。あちこちで、ビリビリと殻が破れて、さらに一皮むける音が聞こえています。いやー、こんなに成長するもんなんやーと、きつい事を言いつつも、毎回、毎回、感動して見ています~。本番まで、まだまだ成長し続けていくところが素晴らしいです。

 歌は、歌ってくれる人がいて初めて、歌になります。
 こんな素晴らしい人たちに、私が訳した歌を歌ってもらって、本当に幸せです。素晴らしい音楽を書いてくれたピーター、素晴らしいミュージカルに仕上げてくれた演出の方々、素敵なアレンジに仕上げてくれた音楽チーム、舞台技術や衣装の方々、そして一年間ずっと陰で支えて下さった方々、ほんといろんな人に支えられて出来上がりました。

 舞台は始まったら止まりません。何が起ころうと、ハプニングが起ころうと、止まりません…。
 Show must go on... です。 なにがあってもめげずに、自力で立ち上がるように…(^^;
 
 今まで費やした半年以上の時間と労力を思って、一人一人悔いのないように演じて欲しいです。

Queen の The show must go on を貼り付けときます。

 ...
Inside my heart is breaking 心がうちひしがれ
My make up may be flaking  メイキャップがはげ落ちても
But my smile still stays on  笑顔ははりついたまま
 My soul is painted like the wings of butterflies  僕の魂は蝶の羽根のように色どられ
Fairy tales of yesterday will grow but never die  昨日のおとぎ話は先へ続き、消えることはない
I can fly , my friend   僕は、空を飛べる
The show must go on....  ショーは続けなければならない

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008-11-12

オープニング

 昨日は、なんか感動して胸がじーーーんとしました。

 出演者の人たちは、ほんとにほんとにエライ。もう本当に感動でした。だってだって、先週までのあの混沌とした状況…、一体何がどうなっているの的な(^^; 私はどこで踊ったらいいの?(^^;的な、わらわらした状況から一転して、最後に、ピーターが「はーい、通し行きます」と言った瞬間、ピッと空気が張り詰めて、途中一度も止まることなく最後まで通せたんですもん。

 みんな一人一人が次の動きを必死に考えて、自覚をもって動いている姿に感動。ビデオを撮りながら、ちょっとうるうるしてしまいました。

 みんなの目の色が変わったのが分かった。あー、こういう風なのを作っているんやっていうのが、多分分かったんだと思う…。すごく空気が引き締まりました~。

 ちょっと控えめで言葉数も少なくうつむき加減な子、いつの間にか顔が上がって正面向いてました… うーーん、良い感じ。。

 もちろん課題は山積み、もう少しスムーズに動かないといけないし、あと、コーラスの歌覚えてもらわないといけないし…。ともかくダンスの振りが入らないと歌えないので、ある程度振りが入ったところあたりから、歌の練習して歌ってもらえると嬉しいけど…。まぁ、デモテープ待ちかな…。

 あとは、どこまで覚えていられるか…(^^;
 フラメンコの振りを、3日たったらきれいに忘れてしまうような私としては(^^;、定期的な自主練をお勧めしたい…

 それにしても、出演者の人たちは、ほんとにほんとにエライです。歌詞覚えて、台詞覚えて、ダンス覚えて…でも、とってもとっても楽しそう…。

 といっても、まだ一曲目なんだよね(^^; ビューティフル・カントリーはできているとしても、タイムマシンは仮の完成で、まだ道具や台詞との関係ですりあわせが終わっていないから、まだまだ、まだまだ、先は長い…。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008-10-21

お勧めミュージカル

 せっかくなので、お勧めのミュージカルを紹介しておきます~

 といっても、なかなか舞台を見に足繁く通うわけにもいかず、せいぜいたまに劇団四季の公演を見に行くぐらいなので、安くて借りられるミュージカル映画の紹介です… 
 
 最近のミュージカル映画で、私の中のヒット作品は「ヘアスプレー」。
 これは映画館で、音楽に合わせて足がむずむずぴくぴくして、誰かこの足を止めて~状態になった、久々のヒットでした(2007年公開)。 ノリノリになれる映画です~。
 ちょっとおデブな女の子がヒロイン、時代設定はちょっと古い60年代。さらっと公民権運動にも絡めてあります。あの時代のバービー人形みたいな髪型がおもろい…。 ジョン・トラボルタの女装でも、話題を取りました。おとーさん役のクリストファー・ウォーケン、歌いそうもないようなキャラなのに歌、上手やんってところも新鮮でした。

 ちょっとヘビーな本格ミュージカル映画なら、「ドリームガールズ」 ビヨンセが歌う歌は迫力があります。構成も、ものすごくよく出来ていて、これぞ正統ミュージカル映画って感じ。1960年代、デトロイトが舞台、ウィスコンシン州出身のピーターもよくデトロイトに遊びに行ったといっていたので、多分、ピーターもこんな音楽に刺激を受けながら大きくなったんだろうな~ということが妙に納得できる映画です(^^;(歌のアドリブの入り方が絶妙)
 哀愁漂うエディー・マーフィーの歌と踊り、楽しませてくれます。 ただし、あまりの「濃さ」に、途中息切れしました(^^;

 少し前で、お勧めなのが「シカゴ」
 こーーれは、楽しいです~。囚人という設定もおもろいし、露出度大のダンスも面白い。やっぱり見終わって元気になれるかな~。ヒロイン2人(レニー・ゼルフィガー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)もかなりがんばってますが、リチャード・ギアが歌って踊ったのにはほんまにびっくり(^^; でした。

 同じく少し前でお勧めなのが「ムーラン・ルージュ」こちらは、Your songなど70年代80年代のヒット曲がちりばめられています。有名なパリのナイトクラブが舞台。踊り子ニコール・キッドマンが妖艶。ユアン・マクレガー、飛び抜けて上手な歌ではないのですが、がんばっているのを思わず応援したくなる映画(^^;

 さらに少し前になると、マドンナ主演の「エビータ」。これはマドンナの歌もさることながら、キャラがものすごくぴったりです。アルゼンチンの実在の大統領夫人エバ・ペロンの実話のミュージカル映画化。民衆のために力を尽くしたエバ・ペロンは、死後も今でもアルゼンチンの母として慕われている存在です。内容的にも非常によく、一押しのおすすめです。

 まだいろいろあるのですが、まずはこのあたりでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープニング

今日は、京龍館で、初のミュージカルの本格的な稽古が始まった。

 まずはオープニング、大体のダンスの骨組み、構成の説明&歌の練習があった。来週から、踊りながら歌いながら、演技しながらで具体的になっていくのだろう。

 なーーんか、とっても楽しそう。ミュージカルの醍醐味は歌と踊り。もし仮に私が出演者の一員になっていたのだったら、わたくしてきには、一言二言下手に台詞を与えられてプレッシャーかかるよりも、その他大勢であちらこちらの出番で歌って踊っている方が楽しい気がする(^^;

 今日はCircl Danceという曲の楽譜が終わった。なんか、Circle Danceと聞くと、ついマイムマイムみたいなフォークソングを思ってしまうのだけど、芝居の中では村祭りの盆踊りみたいなもの。つまりは洋の東西を超えて、民俗音楽は、輪になって踊るというのは同じらしいのが面白い… 私の大好きなさびの部分をピーターはハーモニーで構成したのだけど、それが今日、問題点として発覚した…。一転、要手直しに格下げされた。

 今日はまずぞーさんの歌(光太郎の「娘に出会った」という曲の変異バージョン)も、カウント間違いで歌詞が短くなるというハプニングがあった…。えらい冗長だから、こんなんやったっけ?と確かめたら、二倍でカウントしていたという、大問題発覚だった。

 女衒、志保の歌、その変異版の軍議の歌、腰元の歌は、問題なく終了…。これらの難曲を歌う歌い手さん、頑張れ~。ヾ))..(シ^^)ツ_フレーフレー

 さてさて、今日の一番の大問題は…、「War 戦争」という曲の楽譜作りができないかも(^^; ということだ。今、Finale Note Padというフリーの楽譜作成ソフトを使っているのだけど、曲の中での転調、拍子変更ができない…。今までは、最後に転調だったので、二つのファイルを別々に作って切り貼りすればよかったのだけど、今回は、4/4、6/4、8/4,5/4と次々と拍子が変わっていくから、さてさてどうしようかね~、やっぱファイル4つ作って、最後切り貼りか~?という話をしたところで、時間切れ…

 楽譜ソフトがフリーなので、あまり凝ったことができず、何よりもまず、音符の棒線が下にひっぱれないので、ものすごく見にくい楽譜で、出演者の方々には迷惑をかけている…。どこかメロディーか、さっぱりわからんわね(^^;ってほんと申し訳ないけど、どうしてあげようもないのでした…。いっそ製品版(3万~5万)買おうかとも思ったけど、ピーターはMac、私はWinでソフトが二種類いるから、無駄になってしまう…。

 このMacとWin、しかもピーターは英語のプラットフォーム、私は日本語プラットフォームというのは大きな問題で、つまりは、歌詞挿入機能が使えないのでした…。私が日本語で歌詞を挿入したら、なぜかピーターの楽譜は文字化けだらけ、題名も全部文字化け、ただしテキストを貼り付けたらピーターのでも見えるということで、歌詞の日本語の位置が、微妙にずれているは、フォントの大きさを微妙に調節しないと入らないはで、ものすごく苦労しているのでした(^^; 

  まぁでも、もう「死に神」のメロディーラインはできているから、「戦争」がおわったら、あとは「美しいくに」の変異バージョンを除けば、「未来世界」だけ…。先が見えたぞ~。

 あとは編曲&カラオケ担当のKくんに任せて、私はのんびり見物(^^;させてもらうんだ~~。 Kくんは、めっちゃかっこよく編曲してくれるはずなので、今からわくわくです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-15

フラメンコの発表会

 日曜日に、フラメンコの発表会が終わった~。ちと燃え尽き中…。

 一年半かけて練習してきたのに、終わってしまえばあっという間。
 一年半に一度、生ギターと生カンテ(歌)で踊れる、ほんと至福の時間です。あー、ほんとにしあわせだった~。ギターも歌も、ほんとしみじみいいんだわ、これが…。

 ティエントスは、さすがに踊りこんで来ただけあって、本当に気持ちよく踊れました。初めて、踊りに入り込んでしまい、多分、かなりの気迫(?)を醸し出したはず…ものすごい気が自分から出ていくのを感じました。観客の目がこっちに向いているのがほんとに、気持ちよかった…。完全に燃え尽きました…。
 問題のワンショルダーの衣装も、なぜか非常に評判が良く、見に来てくれた友達に非常にセクシーだと言われて照れました(^^; もちろん、透明ストラップが切れるというハプニングはありませんでした(^^;

 タンゴはオープニングだったので、楽しく踊れたけど、出来としてはイマイチかな(^^; 時間も4分と短いし。ティエントスは8分あるので、踊りがいがあるのです。

 最後のセビジャーナスを踊りながら、あーもう終わってしまう、って悲しかったです。カスタネットもよく鳴ったし、もっともっとずっと踊っていたいと真剣に思ったー。セビを一緒に組んだFさんは、発表会で初めて組んだ人で、踊りが全く違うのです(セビは教室によって振り付けが異なる)。リハのときは戸惑ったけど、本番ではシージョ(ショール)のアレンジを揃えて、踊りの違いを楽しみながら踊れたかな~。セビジャーナスは、初心者が最初に習う踊り。今回、カスタネットを叩きながらのバージョンアップした踊りをしながら、先生がぽつっと「やっぱりセビジャーナスは奥が深いね~」という言葉をかみしめてました。ほんま、奥が深かった~。

 そうそう、今年は初めてメイクが美しくできました(!)去年までは、必ず失敗して全部落として一から全部やりなおし、アイラインもつけまつげもヘンな完全お化け顔でしたが、今回は友達に「美人さんにできてたで~」と言われ、ほくほくでした。さすがに、4回目になると上手になるもんです。

 それでも、一年ごとに目の周りのしわが深くなり、アイラインが描きにくい(^^; かなり引っ張らないとまっすぐ描けない(^^; 私は一重まぶたなので、舞台メイクのときのアイラインは幅が5ミリ以上になるのです(^^; 去年はもう少し張りがあったのにと思うと、寄る年波には勝てないのでした(^^;

 来週から、新しい曲が始まります。おーー、楽しみ、楽しみ。 いくつになっても踊っていたいです。
 40の手習いは、若い頃とちがってヘンな欲がない分、ほんと純粋に楽しめます…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-10-11

がーん

 Office 2007って、pdf変換機能が標準で付いているんですね((;^_^A アセアセ…
 いちいち隣のデスクトップ(XP)に飛ばして変換、再度vistaに戻すのがじゃまくさくなってきたので、Acrobat 9.0を買ったその日に衝撃の事実を知りました… がっくり

 今日は朝も早うからクライアントのお見送り… 

 朝一番の話題は、NY暴落の話でした。円高について日本のテレビにインタビューされたらしいけど、来日前(2週間前)に日本円に替えておいたので、「何も問題ない」って答えたら、テレビの人にとっては期待はずれの答えだったらしい。それでも、家に帰ったらビジネスにどんな影響があるか…って心配しておりました。97円にタッチしたから、今度は私がアメリカ行くわって言っておきました(というか、これだけ円が強くなると、イギリス行きたい病再発です)

 息子さんの卒業プレゼントで日本旅行をしたみたいで、日本の印象を尋ねたら、「電車にいっぱい乗った、6回も乗った。箱根ロマンスカーにも乗った。目の前でのぞみが通過したけど、めっちゃ速かった」と50歳のおとーさんは何度も言及するので、シアトルには電車がないのか?、そんなに電車が珍しいのか?と、非常に不思議な感じ…  思わずフィードバック報告で『電車に乗れたのが嬉しかったみたいですよ~』と、お馬鹿な報告をしてしまった(^^;
 ( 確か、以前に行ったときは、高架鉄道があったが?と聞くと、おとーさん曰く、あれは電車のうちに入らないらしい)。

 息子さん、なかなかの好青年です。腕にはTatooがあるのだけど、なぜか十字架とその横に「精神」と彫ってありました。ヘンっちゅうたらヘンですが、まぁ、私がこれまでに見た日本語Tatooの中では、まだ許せる範囲でした(漢字もちゃんと漢字だったし)。

 午後からは、ミュージカルの配役発表…。みなさん、悲喜こもごもなんでしょうね~。 今日は寝られる人、寝られない人いろいろなのかな~。それにしても、練習計画表を見てびっくり…。仕事しながらだと、殺人的スケジュールです…。ほんま、ご苦労さま~~。体調管理が一番ですね。

 決まった配役で読み合わせもして、なかなかに面白かったのですが、終わってみると、どっと疲れが…。正直、疲れました…。

 明日はフラメンコの発表会だ…。ともかく、毎日が盛りだくさんで頭がついていかない…。 仕事の締め切りもかなりやばいことになってきている気がする…。どうしよう…来週考えよう(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)