2006-08-05

インドの時代ー豊かさと苦悩の幕開けー

Nakajima中島岳志さんの新しい本が出た。

 日本人の抱くインドのイメージというのは、どこか片寄っている。片方で、ガンジス川の夕日、悠久の時、ガンジーや仏陀に象徴される精神性の高さ、その片方で、旅行に行けば必ずお腹を壊す国、貧しさと衛生状態の悪さといったマイナスイメージがつきまとう。最近では、それに加えてIT大国というイメージが加わって、果たしてインドは先進国並の近代国家なのかあるいはまだ発展途上の国なのか、もう1つとらえどころがない。

 私自身、インドのイメージを捉えきれていない。いつも行くムンバイのスラムの子どもたちのギリギリの生活と、毎回いくたびに劇的に携帯の数が増えているIT社会、昔ながらの食堂の食べ物のおいしさと、マクドナルドの画一的だが非常にインド的なモダンな店、いったい今のインドってどんな国なんだろう…

 中島岳志さんは、文化人類学のセオリーで研究を進めて来た方で、フィールドリサーチに優れている。今回は、デリーの郊外に住む中間層に焦点を当てて、最近成長著しいインドの「中間層」が何を考え、何を悩んでいるかをリサーチした。

 とても読みやすくて、とても面白い。。デリーは都会だ。都会と農村との格差が著しいインドでは、これがそのままインド全体に当てはまるわけではないだろうが、実際にインドの国を動かしている「中間層」の人たちのことがよくわかる。

 そして、ある種の「爆弾」となりうる「ヒンドゥー・ナショナリズム」のこともきっちりと捉え、なぜ、ヒンドゥー・ナショナリズムが人々に受け入れられるのか、その素地はどこにあるのかについても分析している。この当たりは、中島さんの得意とする分野である。

 本の最後、私は非常に感動して涙が出た。宗教を全面に出すとどうしても排他的になりがちだが、他者を認めない世界に未来はない。
 「ばらばらでいっしょ、いっしょでばらばら」 
 多一論的な宗教観、非常に感銘を受けた。
 ぜひ読んでいただきたい一書である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-07-06

武士の家計簿

「武士の家計簿」(「加賀藩御算用者」の幕末維新 磯田道史著 新潮新書
 という本を読んだ。娘が買って来たのが机にあったので、ちょっと拝借。そのまま2日ほどで読み終えた…

 この加賀藩に勤めておった猪山さんというのは、今でいうところの財務部の「会計士」さんでおます。ソロバン勘定する人は、今でも相変わらず「汗水垂らして働くより」下に見られる傾向はあるようで、当時も、格は下でした。ただし、数学の才がいるため、「民間登用」の多い部署でございました。

 この猪山さん、数学の達人なのに、家計は火の車、借金が累積して、つまりは財政破綻寸前に至ったのです。そこで、持ち前の「会計の才」を自分の家にも応用することにし、ある日一大決心をして「家計簿」を作り、家計の不良債権一掃を目指したのです。

 見事、家計は持ち直し、その後の幕末から明治に至るまで、日記や書簡とともに家計簿が保存されることになったのでした。没落する士族、登用される士族、すさまじい社会経済変動を生き抜いた姿が封じ込められておりました。
 
 いやー、面白かったです。猪山さんが経験した社会経済変動、今にも通じるものがあります。時代を見る目、蒸気機関車の開通を見て、新政府がこんなことに大々的にお金かけるんだから、自分たちの年金(^^;旧藩からの家禄)なんかそのうち無くなるに違いないと喝破するのはさすがというかなんというか…

 それにしても、私は前々から子どもに言い聞かせている言葉「芸は身をたすく」はどの時代にも通じると改めて確信したのでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-23

インドのことが3時間で分かる

india_book今日は、さる団体に招かれて、インドの活動について話をしてきた。
何度が話をさせてもらっている内容で、ずいぶんと話慣れて来たとはいえ、内容をレジメにまとめると改めて気づかされることも多い。最近は、このくらいだったら何分ぐらいかなぁと分かるようになってきたので(といっても、長く話したことはないけど)、かなりの進歩だ。

 相手がいることなので、その方々に合うような話題で話すのもなかなか難しい。今日、話をした方々はどのようなところがつぼにはまるか分からなかったものの、時々うんうん、へーと興味を持って話を聞いてくださったので、私としては話しやすかった。もう少し、会場の様子を見ながら話せるようになったら、もっと良くなるのだろう。

 会場の様子がもう少し庶民的というか、フレンドリーな感じだったら、紹介してもいいかと思っていたのだが、ちと上品に傾きすぎていたので、紹介し損ねた本がある。

 中身は非常にしっかりとしていて、しかもツボにはまっているのだが、タイトルで損をしているかもしれない。ぱっとみー、トンでも本に見えるのかなぁ、だがとてもお勧めの本があります。それは「インドのことがマンガで3時間でわかる本」(^^;です。

 インドの入門本といっても、なかなか手頃なものはないし、「カースト」系に傾くかはたまた「ガンジス川の夕日」系に傾くものが多い中、「現代」のインドについて、解説されています。複雑でわかりにくいインドのことを、うまく説明していて、しかもざっと読んで、確かに3時間…。知識としていろいろな事が書かれているので、インドのことを話す機会の多い私にとって、便利な本かも…

 「中村屋のボース」の中島さんも執筆しておられます。
 まずは入門として、お勧めの一冊…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-02-06

英文履歴書(CV)の向こう側

bulge
 1月にひいた風邪で、ほぼ一月間低空飛行をしていた。熱が引いても、身体がだるく、ともかく元気がない。エネルギー不足。そのお陰か何か、テレビのお守りをすることが多く、世の中のことに詳しくなってしまった。

 エネルギー不足にもかかわらず、ちょうど仕事が暇だったこともあって、求職活動にいそしんでいた。といっても、今更、フルタイムでは働けへんわ(ってわがまま言っている場合でもないけど)ということで、現在の仕事の延長、つまりは、今あるエージェントに加えて、エージェントをいくつか増やして、バックアッププラン(セーフティネットプラン)にしようということである。あまり急激にエージェントを増やしても、結局仕事がこなせなくなって信用が落ちるだけなので、様子見ながらぼちぼちいきまひょかぁということになる。

 今回は、外資系中心に履歴書を送った。最近は、便利な世の中になって、オンラインで履歴書をストックしておける。

 英文の履歴書(CV)と日本語の履歴書、これには大きな違いがある。CVとはcurriculum vitaeの略で、resumeとも言う。日本の履歴書のような定式化された書式は特にない。といっても、大まかな形式はある。

 履歴書を見れば、文化が見えて来る!というのは、本当のこと。日本の履歴書は、まず最初に名前があって、性別と生年月日、既婚か未婚かの項目もあり、連絡先を書いて、学歴があって、職歴…と続いていく。

 英文の履歴書には、特に生年月日を書く必要はない。男か女かを書く必要もなければ、配偶者のありなしを書く必要もない。もちろん本籍を書く必要もない。

 名前と連絡先を書いたら、いきなり何をやって来たか何が出来るか、何が目標かを書く。つまりは、職歴と職務内容、経験がものを言うのである。次にどんな資格をもっているか、そして学歴は職歴の後…。だって、大学卒業したのは20年も前のこと、人によっては現在の仕事と関係ない学部を卒業した人もいるし、今の自分にはそれほど関係ない。

 もし個人的なことを書きたければ、最後に付け加える。特技も趣味も特に書く必要はない。アピールしたいことを書くだけである。もちろん写真を貼る必要などない!

 少なくとも、入口は機会均等に見える。募集項目に年齢制限なんてないし~!
 
 英文履歴書、履歴書と一緒にカバーレターというのを送るのだが、会社に合わせてカバーレターを書き直し、職務内容の強調点も少しづつ変えながら、つくづくいろんな仕事内容をやってきたもんだと思った…。

 なんか、人生の棚卸しって感じ…

 募集のストックの中にブルームバーグがあった。これは、金融関係の会社、時々経済ニュースなどでお目にかかる。ブルームバーグに食指が動いたからというわけではないが(;^_^A アセアセ…、この週末で、「巨大投資銀行」(黒木亮)を一気に読了した。あっという間の3日間だった。本当は一月ぐらいかかるかと思ったのだが、読み出すと面白くて止められず、一気に読んでしまった。

 バブルの時も全く縁のないところにいたし(バブル崩壊も関係なかったけど)、資産を持っているわけでもないので、関係ない話っちゃ関係ないが、それでも社会人になってから20年、傍目でバブルとバブル崩壊、デフレの時代をともかく同時代で生きて来た。

 外貨預金や外貨MMFには興味があったため、円安のときも円高の時も覚えているし、それに連動した市場の動きも横目では観察していた。種銭がないので行動には移せなかったが、私の好きなアップルの株が買えたら(あのとき買っていたら、その後のipodの成功で今頃は小金持ちになっていたかも)とか、当時非常に美しいプリンタを出していたアルプス電気(マイクロドライプリンタは、本当に綺麗な仕上がりでした)が、なぜか突然株価三分の一以下に急落して、その理由がなにやら「プリンストン債」というものだったとか、断片的には、いろいろな出来事を覚えている。

 この小説、ソロモンやモルガンなどの外資系投資銀行を舞台に、バブル期の少し前からエンロン事件まで(日本のITバブル崩壊まではカバーしていないが)を、外資で働く三人の日本人主人公を軸に描いている。

 もちろん100%は分からないが、それでも経済用語を易しく解説してくれるので、金融商品のこと、経済のしくみなどなーるほどと思うことが多かった。というか、少しだけ地球規模での経済の動きがかいま見れた。もちろん一市民に分かるものでもないだろうが、そうかぁ、世界経済はこういう風に動いているのね~、北京でチョウチョが羽ばたくと、地球の裏側にその振動が伝わるのねぇというのも分かって面白かったです。

 バブル崩壊後の不良債権の処理など、ライブドアなど顔負けの真っ青。株主に正直に情報開示ってったって、ほんま、あんさん、よう言うわ~の世界です。それだけ、会計というのは、見る人が見ればわかり、分からない人は簡単に騙されるということでしょうか…

 私の本棚に並んだ異色の本でしたが、非常に面白かったです。お勧めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-09

ボーパール(Bhopal)

bhopalこのところのもっぱらの話題は、インドで出会ったフライトトラブルのこと(「インドから無事帰国しました」の記事を参照)
会う人ごとに、いかに大変だったかを話し、最後は、アーメダバードからの飛行機に雷まで落ちて、赤い火花が散って、機内が一瞬真っ暗になった話をすると、みんな一様に怖がってくれる…
 
 ところで、大きな発見をしたのだが、この話を外国人にすると、ほとんどが「ボーパール」の地名に反応するのである。この同じ話を日本人にしても、「ボーパール」ってどこ?って顔をするのだから、この差は大きい。外国人が、「ボーパールって有名なところだよね。ほら、あの化学工場の事故のあった…」と言いだすと、私は「すごーい、よく知っているね」と、その度に関心していたのだが、どうやら、欧米人特にアメリカとカナダ人にとって、「ボーパール」という地名は、日本人のほとんどが「チェルノブイリ」と聞くと、あーと思うのと同じ比重で、大変有名かつ重要な地名らしい。

 そう、1984年、ボーパールでは、世界史上最悪の化学工場爆発事故が起こり、一瞬で数万人もの人が亡くなった。ユニオンカーバイド社(米国系外国資本)が起こした事故で、猛毒のイソシアン酸メチルが63トンも大気中に放出されたのである。このイソシアン酸メチルのもとは、第二次大戦でドイツ軍が開発し、使用禁止になっている毒ガスのホスゲン。シアン(青酸)系の薬物で、一瞬で、体内の酸素を運ぶ酵素を破壊して脳死にいたらさせる。しかも空気より2倍も重たいこの気体は地面をはい、その上に複数の毒ガスが重層的に重なって漂っていった。この事故、補償もまた刑事責任も曖昧なまま(責任者は逃亡)で、今なお多くの課題が残されているのだが、この事故をきっかけに「基金」が設立されて、ここボーパールに大きな病院(大学を併設)が建設された。

 ボーパールで行なったコンサートは、この病院の音楽堂を借りて行われた。コンサートといっても、どちらかというとインドムンバイで現在行っているスラムに学校を作っているNGO活動のPR。このボランティア団体がもともと音楽を主体とした活動をしていた関係で、音楽と、小学校の先生によるプレゼンテーション(姫路の小学校の先生が、学級活動でインドのスラムの子どもたちと交流した)、そして、自分たちがやっている活動の報告を行ったのである。

 コンサートでは、司会をやらせてもらったのだが、コンサート全体を英語で司会をやるのは初めて…。コンサートは生ものなので、突発的な出来事&事故が発生する。その度に、時間を埋めたり、間を持たせたりしなければならないのだが、最初は慣れないので、台本に頼ってしまった。台本に頼ると、どこまでしゃべったかが気になる。結局、途中から、(話す内容は頭に入っているのだし)台本を外してしゃべればいいんだ!ということを発見。会場の様子を見て、アドリブも入れられるようになって、少しは進歩したかと思ったが、自己採点としては60点かな。

 今回、会場には子どもたちが多く来ていた。子どもたちはあんまり英語が分からない。今回挑戦したヒンディ語による「野バラ」の歌詞の解説(絵本付き)と、ヒンディ語に翻訳した(^^;「ぞうさん」ヒンディー語版は、大いにうけて(日本人が下手なヒンディ語を駆使するのが、微笑ましかったらしい)、ちょっと、嬉しかった… ヒンディ語版「ぞうさん」では、とうとう、マイク持って歌うはめになり、下手な歌手デビューしてしまった(^^)。ご愛嬌。

 ボーパールの事故に関しては、「ボーパール午前零時五分」という本を読んだ。うーん、ともかく悲惨。村ごと全滅したところもあるのだが、そこでただ一人生き残った人は、ヨガの修験者。3分から4分に一回しか呼吸をしないという修行をしていたため助かったらしい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-07-02

王子(!)メディア( Medea)

やっとこさ、二つ目の仕事がなんとかできて、今日から、イギリス行きの準備に入ります…
間に合うんだろうか…?? でもまぁ、ジャングルの奥地に行くわけでもないので、なんとかなるでしょう…

 二つ目の仕事は、非常にユニークで、非常に楽しい仕事です。日本語・英語同時進行のbilingualな劇の脚本を翻訳することになりました。題材は、王子(!)メディア。そうそう、ギリシャ神話の王女メディア(裏切った男への復讐のため、自分の子どもを殺す)話なのですが、trans-gender、男女入れ替え版なのです。メディアのとりかえばや物語って感じでしょうか。設定が、男女入れ替えだけでなく、その社会的関係も逆さまなのです。つまり、メディアが男、ジェイソン(イアソン)は女、であり、この社会では、男が家を守り、女が社会を取り仕切っているという設定になっている。皇位継承権ももちろん、女にあって、男にはない…

 日本語には、男言葉と女言葉があって、しかも言葉の使い方で各人の関係性が如実に表れます。だから、最初は非常に頭が混乱して、???になりました。男のメディアが女言葉しゃべると、おかまっぽくになってしまうし、ということで、散々悩みましたが、そのうち、そのままでいいのではないか、メディアが男言葉(男なので当然)をしゃべっても、子育て家事をするということに何の矛盾もない…、母性愛は母親・女にだけあるのではなく、子どもを思う気持ちは父親だって同じ、人間として同じなんじゃないかと思い至るようになりました。

 私の知っている外国人で、子どもが非常に好きで、子どもと一時も離れたくない、という人がいます。もし万が一、離婚することになったら、日本では父親が面会権あるいは養育権をとるのが難しいため、そんなことは考えるだに恐ろしい、なぜ日本では父親の権利がこんなに軽いのかと憤慨している人がおりましたが、その人のことを思いながら、訳しておりました。結局、人間としての愛情、嫉妬も憎しみも、男女変わりないのです。

 メディアは、金の羊毛を盗み、弟(劇では妹)を殺し、祖国を裏切って、追放されます。ジェイソンへの愛のためにやったのです。いわば、居留民、外国人です。といことで、メディアの母国語は「日本語」、ジェイソンは「英語」、回りの人たちは「英語をしゃべる人たち」、国から付いて来た従僕だけは日本語で意思疎通できるという設定になっております。

 アカデミー賞監督賞(だったと思う)をとった「Lost in Translation」東京が舞台の、ちょっと辛めの「異国の外国人」の話。アメリカで公開されたときは、日本語に字幕がつかなくて、文字通り、観客は「さっぱりちんぷんかんぷんの不安」を主人公(ビル・マーレー)と一緒に味わうことになります。これと、同じく、このバイリンガル劇の観客、外国人は日本語が分からず、日本人は英語が分からず、それぞれがやきもきしながら、見ることになるのでしょうか…。帰国後、稽古について、台本の手直しなどある予定ですが、ちょっとわくわくどきどきです。

 訳していて一番楽しかったのは、実は、「お下品な言い回し」。普段は絶対に口に出せないようなことを、主人公に言わせる(台本にあるので仕方ありません(^^;) のは、ちょっとした(いえ、かなりの)快感でした…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-05-12

中村屋のボース

bose久々に、おもしろく本を読ませてもらった。

 「中村屋のボース」-インド独立運動と近代日本のアジア主義- 中島岳志著 白水社

 新宿中村屋は、日本で最初にインドカリーを売り出したところである。今、スーパーやコンビニに行けば、「中村屋のインドカリー」が売られている。この中村屋にインドカリーを伝えたのが、インド独立運動の志士ラース・ビハーリ・ボースである。のちに中村屋の娘と結婚をし、とうとう故国に帰ることなく日本で亡くなったボースの評伝を著したのがこの本である。
 
 実は私は、月餅が大好きである。月餅といえば、中村屋の月餅。特にくるみ入りが好きなのだが、この月餅の中村屋とインドカリーの中村屋、同じ中村屋だとは新宿中村屋のホームぺージを見るまで知らなかった。元々がパン屋だった中村屋にインドカリーを伝えたのがボースだったとしたら、同じ中村屋が月餅を売り出すきっかけを与えたのは、かの有名な「孫文」を始めとする中国革命家だ。戦前の日本、特に中村屋を中心とした「サロン」には、犬養毅を初めとした蒼々たる面々が名前を連ねていた…。

 非常に読みやすい本であり、ぐいぐいと引き込まれる。かつて、日本とインドはこんなに近しい関係であったのか、遠く日本から祖国インドの独立を願って奔走していたインド人がおり、それを支える人々がいたこと、その時代に翻弄されていく様子が豊富な資料をもとに生き生きと描かれている。インパール作戦がインドの独立をも目指したものであったこと、「怪傑ハリマオ」が実在の人物だったことなど、新たな発見がたくさんあった。インドの独立を願いつつ、大東亜共栄圏の美名をかりた日本の植民地主義の現実に、自己矛盾を引き起こして引き裂かれつつ、それでもインドの独立を願ったボースの心情に心うたれた。
 
 この本を読んで思ったのだが、イラク政策にしても国連の常任理事国入りにしても、日本のダブルスタンダード的な曖昧なスタンスって、結局、戦前から全然変わってないじゃない…。「大東亜共栄圏の夢」と「植民地主義の現実」というコインの裏表は、現在の「アジア論」の中に形を変えつつしっかりと根がつながっている。。

 大学で史学科に入ったとき、最初に読んだのは「歴史とは何か」E・H・カーの本だった。常に現在に、今の世界に戻ってこなければ、過去の歴史を学ぶ意味はない。その意味でも、この中島氏の著書は、ボースの評伝に心血を注ぎつつ、現在を見通し鋭い疑問を投げかけてくる。

新宿中村屋 - トップページ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004-08-26

正誤表(随時更新します)

みなさーん、誤植が発見されました(;^_^A アセアセ…
 軍曹さま、ありがとうございました。

 中国名の漢字が分からなかったので、カタカナにしていたのを、出版社が調べて変更してくれたのですが、コピペした時に変になった箇所もありそう(^^;;
 つうか、読んでて??の箇所を私は自分でみつけました。
 中国名「雲」という人がいるんですが、読んでて人だと分からないんですよね。やっぱカタカナでよかったかぁ??(誤植ではないので、随時判断して下さいませ(;^_^A アセアセ…)

 誤植は見つかり次第、随時更新します。

 21ページ後ろから2行目 一九七八→一八七八
 58ページ3行目 「私の」→「私に」
 73ページ後ろから4行目 「黒ユン」→「黒雲」
200ページ後ろから3〜4行目 「祈りのが先で、」→「祈るのが先で、」

----
 ちなみに、以前出た「召し出される女性たち」(マルコーシュ・パブリケーション)では、初版本は、貴重な貴重なことに、三十何ページが一ページ分、まるまる落丁でした(すべての本で、差し込み処理されました(;^_^A アセアセ…)
 その後にでた本では、「信仰」が「進行」に変わっていたけど(私の変換ミスがそのままだと思います)、文脈が船のたとえ話だったせいか、誰にも分からなかったです(;^_^A アセアセ… 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-08-23

天国の人

本当は、マイリストで本のリンクを入れようと考えているのですが、まだ出版されたばかり(か、まだ店頭に並んでない?)ので、リンクが張れません。
 なんか宣伝するようで、少し気恥ずかしいですが、「天国の人」(中国河南省・家の教会の「奇跡と感動の物語」)ブラザー・ユン著、マルコーシュ・パブリケーション出版(2100円)です。
 多分、一般の本屋さんには並んでいないと思います(爆)。キリスト教書店でどうぞ〜。
 あらすじ等は、下の記事にトラックパックをつけておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-05-18

ダビンチ・コード(The Da Vinci Code)

vitrv1.jpg

こんなことをしているばわいではない・・・。

 それは分かっている(^^;;
 娘にも、おかーさん、そんなことしてていいの〜?と聞かれるが、止まらなくなってしまったものは仕方がない。もう読み終わるしかないのだ〜!とまぁ三日三晩、異次元におりました・・・・。

 今、欧米でベストセラーになっているというThe Da Vinci Codeという推理小説を読んだ。
 はっきり言って止まらなくなってしまった。一章が短いので、ついつい次も次もと読めてしまうし、なんと言っても息つく間もない展開。

 話しは、殺人事件から始まる(推理小説だから当たり前)。なぜか被害者はダビンチの絵(上の絵)に似せて自分を形作り、謎の言葉を残して亡くなる。フランス警察の暗号解読部のソフィーがそれを解読しようとするのだが、その謎は、なんとレオナルド・ダビンチの有名な絵の中に隠されているのだった・・思わず、美術の本を出して来て、しげしげ眺めました。ついでにパリの地図帳も・・・。

 この話しには、二つの秘密結社が出てくる。一つは非常に保守的なカトリック系組織、そしてもう一つはそれと対極にあるようなザイオン(シオンかも)という秘密結社。この秘密結社は、キリスト教の父性原理によって抹殺されてしまった太古からの「母性原理」を秘密裏に守ってきた宗教秘密結社だったのだ。殺人事件はこの二つの組織のせめぎあいでもあった。先日書いた、「パッション」のキリストの話と全く違う話(「最後の誘惑」系統の(;^_^A アセアセ…)が繰り広げられる。

 いえ、面白かったです。キリストの話は、途中から、聖杯の話しへと発展するのですが、しみじみ思ったのは、魔法(ハリー・ポッター)が子供向けのファンタジーなら、聖杯は大人向けの永遠のファンタジーなんだなぁという点。聖杯は安心して楽しめる反面、キリストの話は、やはりというか、かなりの物議を醸したようで、あちこちで特集が組まれたようです。といっても、少しキリスト教のことを知っている人ならば、どこかで聞いた話がいっぱい出てきて、なーるほど(半分、眉にツバを付けながら)と読めるのですが・・・。

  5月末には邦訳がでるようです。お勧めです。
  ぜひ、ルーブル美物館の展示物を参照なさって下さい。
  ルーブル美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧